« 迫力の差。ヴォルティス、ガンバにはね返される。 | トップページ | イメージは見えてきた。ヴォルティス、北九州で快勝。 »

2013年7月 4日 (木)

勝つには勝ったが...。ヴォルティス、札幌に辛勝。

2013 J2 第22節 徳島ヴォルティス 1 - 0 コンサドーレ札幌
(得点)47分 ドウグラス

 
強豪との2連戦に連敗し、嫌なムードでのホームでの平日のナイトゲームとなりました。
天候も不安定だったこともあり、今季ホーム最少の1,875人という観客数。
さらに津田が怪我なのか、ベンチすらも外れる状況となりました。

 
それでも、何連敗も繰り返すことは今季していないので何となくですが勝てる予感は感じました。

 
その何となくというところは、実際のところやっているサッカーに掴みどころが感じられないからであり、それはそれで困ったことです。
試合中あんなに叫び続けて、そんなに怒るポイントが多いなら普段の練習で何を叩き込んでいるんだろうとも思います。
 

前半いい感じで攻めていたのは札幌で、そこで失点することなく耐えきった。
すると後半は徳島のペースに。
札幌は逆にシュートに行けなくなる。
似たような状況にあるチーム同士
すると、ドウグラス、鈴木がチャンスを作り、最後はドウグラス。
札幌のDF陣の動きが悪くて、ドウグラスがフリーになった。
ただ、ここの場面の流れはすごくよかった。
問題はこういうシーンをもっと定着した形にできるかなんだが。
 

勝ててよかったと思う。
まずプレーオフ圏内へと思えば、まだ顔を上げてられる状況にはある。
しかし、選手自身から自分たちを何か変えないと、プレーオフに行けたで終わると思う。
あれだけ毎試合コバさんが叫び続けてる。ほとんどシーンシーンでの選手の個々のプレーにだ。
おかしいよ。
何かずれてるよ、大きく。
監督と選手の間でね。仲が悪いとかじゃなく、サッカーのイメージとかベクトルがね。
選手同士でもそうなんだろう。
それに経験のある選手が多すぎて逆に支柱が誰なのかわからない。
これも問題だと思う。
それが波に乗れない理由の一つなんじゃないかなあ。

|

« 迫力の差。ヴォルティス、ガンバにはね返される。 | トップページ | イメージは見えてきた。ヴォルティス、北九州で快勝。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迫力の差。ヴォルティス、ガンバにはね返される。 | トップページ | イメージは見えてきた。ヴォルティス、北九州で快勝。 »