« 渦帝一家バリ島へ行く(ウブド編(1)) | トップページ | 長谷川が救ったヴォルティス。4位浮上果たす。 »

2013年8月14日 (水)

渦帝一家バリ島へ行く(ウブド編(2)~絶景と珍鳥と買い物と帰国編)

フォーシーズンズサヤンのヴィラの庭はそのまんまジャングルと接しています。
庭を眺めているとホントにいろんな生き物が現れて驚きの連続でした。
トンボ、キバラタイヨウチョウ(メス)、シマキンバラ、サギ、写真はありませんが足とクチバシの長い黒い鳥、オオトカゲなど。
とても日本では見られないような生き物のオンパレード。
いやあ、それだけでもここに泊まった意味ありました。

Dscn9378_3

_2

_2_2

Dscn9380_3


ウブドでの生活も最後。いよいよ帰国です。
ですが、飛行機は深夜12時発。
たっぷり時間があります。
そこでいろんな観光名所を巡って帰ることにしました。
時間だけはタップリあります。

まず向かったのはキンタマーニ高原。
車で1時間。ずーーーと上り坂を上り続けて上り続けて、いったいどこに着くんだよ(ちょっと怒)と思い続けていてついに到着したそこには物凄い絶景がありました。
そこは、バリ島の北部、バトゥール山と、バトゥール山火口湖のバトゥール湖の眺めが本当に素晴らしい場所でした。
ものすごい人と車で大混雑していましたが、ここは来ないとダメだろうと来て思いましたね。
パラグライダーとかでここから飛んで行ったらナント気持ちいいだろうなあ、と飛んだこともないのに考えてました。

Dscn9597_2


そこから今度はひたすら下って下って、車のドライバーさんは下りながら前の車を抜き続け、デガラランの棚田へ到着。
絵葉書のまんまじゃん。
イヤほんと絵葉書のまんま。ビックリするくらい絵葉書のまんまの美しさ。
何一つぼやけたとこのないこの風景は、バリ恐るべし、としかありませんでした。
あまり時間がなくてちょっとしかいませんでした。
ちなみに棚田は個人の所有なんだそうです。
それからちょっと申し訳なかったと思ったのが、棚田を見ているとき署名みたいな紙持って近づいてきた若者が3人いて、てっきりモノ売りだと思って無視したのですが、実はバリで日本語を勉強している高校生だったらしく、名前(漢字)を教えてほしかったらしいのです。
それは申し訳ないことしたなあと思いました。

Dscn9599_2



その次行ったのが、私のリクエストでバリバードパーク。
野鳥撮影好きの私としては、当初バリ島に行くことが決まったとき、バリ島で男が何すればいいんだと考えたのです。
そこで、自然が多いんだから鳥が見れればいいとリクエストし、自分でここを見つけてきたのです。
ここは、意外に穴場ですよ。
お馴染みのオウム類や、クジャクもいれば、珍しい鳥もたくさんいます。半分くらいが園内とか、専用ハウス内に放し飼いになっているのです。
クジャクの雄が雌を口説こうとして羽根を広げブルブル震わせるシーンとか見られました。
私が見たかった鳥はジャワックバリ(白ムクドリ)。
バリのシンボルでキレイな白い鳥。でも現在は絶滅寸前みたいなんだそうです。
ジャワックバリは園の一番奥にいました。なかなか見えるところに出てきてくれなかったのですが、どうにか何枚か撮れました。
嬉しかった。

_2_3

_2_4

_2_5

_2_6

Photo



この次に行ったのはアシタバファクトリー。
バリの人気土産アタ雑貨の人気店アシタバ。その本店です。
ウブドでも奥さんはバッグを買ったのですが、本店はその種類や量がダントツに多いのだそうです。
ここでお土産用にバッグをたくさん購入。
私もメガネケースに使えるなと、写真のケースを買いました。
布の部分もオシャレですが、アタのいい匂いが癒されます。
で、安いんだなこれが。

Dscn9681_2

Ca3f0490

Ca3f0491


いろんなところ回り過ぎてちょっと疲れてきました。

やっとジンバランの街へ戻ってきました。
島でも珍しい信号にも再び会えました。
”GO!!”とか、日本でこんな信号あったら、ロケットダッシュしちゃうよね。

Dscn9682_2


その次は免税店。ガレーリアバリです。
ここは只で最後の食事をしただけ。
団体の中国人ツアー客が大勢でやってきて、すごい勢いで食べ終わって、すぐに去って行ったのが一番の風景。

で、まだ終わらない。
最後は激安お土産店「クリシュナ」(ここ参照)。奥さんのリクエスト。
GOHの現地ガイドさんが、「それどこ?」と聞き返したお店。
運転手さんが知ってて行くことができました。
まあ、安いんだけど、奥さんが買う買う。
25×35×40くらいのダンボールに満杯になるくらい買って、ガイドさんも運転手さんも苦笑い。
あんまり日本人はこないお店らしい。
日本で買ったガイド本には載ってたんですけどね。

やっと空港へ。
追加でお菓子とか買いました。
バロンクッキーというクッキーが私のおすすめ。
ウブドで売ってるお店が見つからず、あきらめかけてたらスーパーで3個だけ買えました。
デンパサール空港でも1店だけ売ってて、そこで買い足し。スーパーで買ったときより200円高かった。

12時まで待つのは非常に長い。
やっと12時になると思っても何のアナウンスもない。
すると12時過ぎ、飛行機の到着が遅れており、新しい搭乗案内は1時半になりますとやっとアナウンス。
えーーーーーーーーっ orz
仕方ないので、そこで待つしかない。
セキュリティゲートのこっちには水は持ち込めない。しかも売ってない。
何も飲めないまま1時間半待ってやっと飛行機に搭乗。
何かスゴイ疲れた帰り旅でした。

日本に着くとスンゴイ猛暑。
南の島から北に戻ってきたら、もっと暑いって何なんだ(怒)
ホント、今年の日本の夏は異常です。

以上、やっと終わった。

|

« 渦帝一家バリ島へ行く(ウブド編(1)) | トップページ | 長谷川が救ったヴォルティス。4位浮上果たす。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渦帝一家バリ島へ行く(ウブド編(1)) | トップページ | 長谷川が救ったヴォルティス。4位浮上果たす。 »