« 長谷川が救ったヴォルティス。4位浮上果たす。 | トップページ | 千葉ジェッツの新しい旅の準備はススム。 »

2013年8月22日 (木)

3位と同勝点に浮上。いよいよ本当の正念場へ。ヴォルティス、耐えて耐えて勝ち取る。

2013 J2 第30節 ロアッソ熊本 0 - 1 徳島ヴォルティス
(得点)徳島 : 後半41分 大崎 淳矢

チャンスらしいチャンスは得点シーンくらいだったでしょう。
とにかく長谷川がまたも救ってくれたし、それに牽引されるように守備陣もギリギリで人が寄って救ったシーンもあった。
長谷川に救われたのも事実だが、それがチーム全体に粘り効果を与えてくれた試合だったと思います。
得点シーンもよく粘って運んでシュート打って、それがポストに当たり、はっきりしないけど南にも当たり、そして大崎の目の前にこぼれてくる。
いい流れが来てるチームにはこういうことが起きるんですな。
さっきツイッターでブラジルのサッカーにまつわる諺で、A bola procura o artilheiro(ボールはストライカーに引きつけられる)とかあるんだそう。
まさに今のヴォルティスはこんな感じなのかも。

こういう試合って、相手側、つまりロアッソ側からの視点で見直してみると、ヴォルティスってチームがより見えてきたりする。
見えるものは人それぞれなんだろうけど、誰がやってもきっと興味深いものが見えてくる気がするし、きっと笑えるよ。

同じことを勝ち点で追いつかれたジェフ千葉の視点からヴォルティスを見てみるときっと面白いと思うよ。

こういう流れもいつかは止まる。
だから、止まっても仕切りなおせる力を今ここで身につけておきたい。
力というか自信かな。
そう思うと、松本での試合を引き分けで終えたことは一つのギアアップのきっかけになったと思えてくる。
今になって、こういう状況になっているからではあるけど。

ヒーローインタビューの大崎や長谷川の表情もすごく引き締まってた。
そりゃ耐えつづけた試合だったから内容に不満もあるだろうけど、選手全体にいい緊張感があるのだろう。

次は同じプレーオフ圏内の京都。
向こうは間違いなく生き残り賭けて挑んでくる。
呑まれることなく勝ち切ろう。

ここからの3試合で2位との勝ち点差を詰められれば、4試合先の神戸戦で追い抜ける可能性も出てくる。
さあ、ここからが本当の正念場だ。

|

« 長谷川が救ったヴォルティス。4位浮上果たす。 | トップページ | 千葉ジェッツの新しい旅の準備はススム。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長谷川が救ったヴォルティス。4位浮上果たす。 | トップページ | 千葉ジェッツの新しい旅の準備はススム。 »