« 9月11日とか、2020年の話とか。 | トップページ | 千葉ジェッツ、プレシーズンマッチに勝利!開幕戦に弾み。 »

2013年9月16日 (月)

悔しさ押し殺す。絶対昇格することで悔しさ晴らす。ヴォルティス、山形とドロー。

2013 J2 第33節 徳島ヴォルティス 2 - 2 モンテディオ山形
(得点)(徳島)前半23分 津田 知宏、後半35分 アレックス
    (山形)前半40分 萬代 宏樹(PK)、後半45分+2 中島 裕希

福元、柴崎、濱田が出場停止。
さらに小林監督も出場停止。
そういう状況でも勝って次の神戸戦に繋ぐというミッションが課された一戦であった。
相手はモンテディオ山形。
すごく難しい試合になることは簡単に想像できた。
その中で、選手たち、長島コーチは頑張ってくれた。
結果は残念だったが、今の徳島ヴォルティスの良さは十分に発揮されたと思う。
欠場していた3人をこの試合で感じることはなかった。

山形はやはり強かった。
中島は危険な匂いを試合中ずっと放っていたし、外したが決定的なチャンスをゴール以外で3度作られた。
こちらに長谷川がいなかったら負けていただろう。
だから、この結果を不当だとは必ずしも思えない。

ただそれでも悔しさが募るのは、徳島ヴォルティスの今の強さがこういう(ハッキリ言って)劣勢だった試合でも表現されていたことと、ロスタイムで追いつかれるのがこの終盤2度目(前回は京都戦)だからで。
しぶとさは身に着いた。
アレックスのゴールは厳しい試合展開の中で鳴門を沸かせるゴールだった。いい時間帯だった。
魅せる試合ができている。
だからこそ悔しいのだ。今こうやって原稿を書いている2時間後であっても。
それを良いことと捉えよう。

悔しい。本当に悔しい。
3位に浮上したが嬉しくない。
今は4位、5位でもこの試合はあと勝ち点2が欲しかった。

過ぎてしまったものはしょうがない。
次の神戸戦の重要度は何も変わらない。
次戦で勝って悔しさを晴らそう。
絶対昇格して悔しさを晴らそう。
そう思う。絶対できる。
今の徳島ヴォルティスは強い。
だから今日は悔しい。そしてその悔しさは晴らせる確信も感じられる。

|

« 9月11日とか、2020年の話とか。 | トップページ | 千葉ジェッツ、プレシーズンマッチに勝利!開幕戦に弾み。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。