« 必ず糧にしてみせる。この悔しさと実感。徳島ヴォルティス、神戸に屈す。 | トップページ | 千葉ジェッツ、新たなる旅の始まりを勝利で飾る。今から遙かなる高みへ。 »

2013年9月26日 (木)

千葉ジェッツ、いよいよ新たな空へ。NBL開幕を前に。

いよいよ明後日、9月28日よりバスケットボールの新リーグNBLが開幕します。
千葉ジェッツも新しい空への旅をスタートさせます。
選手も、STARJETSも大きく変わり、BEATBOOSTERSは同じメンバーだけど、ブースターは少し去年より変わったかな。
とにかくいろんなことがあったこのオフがようやく終わり、新しいジェッツライフの頁が開いて、新しいことを書き込んでいく日々が始まるわけです。

それでも新シーズンへのモチベーションの礎になるのは昨シーズンの充実した日々であることは疑いの余地はありません。
昨シーズンの日々、一緒に過ごした仲間たちは私の中で一生の宝物であり続けます。

昨シーズンのジェッツについてはいろいろな面で賛否あったことは事実です。
上手くいっている部分、うまくいっていなかった部分。
冷静に振り返ってみて、正当な賛否が当てられていなかった部分はかなりあったと感じています。
それはいろんな人がそれぞれ違う方向を向いていて、それが嫌な形で表面化していたからです。
残念な結末になってしまったことも幾例かありました。
ただ、それも新しい日々に向けて、必要なことでもあったと思えてもきています。
いつか、それをもっとハッキリと証明させて、みんな笑顔になれればいいと思います。

思うに、自分は正解者だと思いながら実は誰も正解者ではなかったのだろうということです。
自分は日本のサッカーの世界にずっといて、それから日本のバスケットボールの世界に入ってきた身です。
その自分が感じたのは、まだバスケットボールはスポーツとして隆盛を果たすための答えを見つけられていないということ。
でも、なんか疲れていて、なんか冷めていて、なんかシニカルだなあという感じでした。
そして、チームが愛されていないな、と感じることが結構ありました。
バスケットボールが好きな人は多いのに残念だなあと思うことが何度かありました。

応援しているチームを本当に好きな人をどれだけたくさん増やせるか。
それが千葉ジェッツの花を咲かせられるかのカギになるのは間違いありません。
千葉ジェッツのあるところには千葉ジェッツの花しか咲きません。
海の向こうで咲いている花と同じ花は育たないし、咲きません。絶対に。
これは断言できます。ここにしか咲かない花を咲かせないと意味ないのです。
昨日のツライ現実の中の日立台にも柏レイソルの花が咲いていたし、松本山雅のアルウィンには松本山雅の花が咲いています。
それはなぜなのかは上に書いてある通りの条件が揃っているからです。
それを千葉ジェッツの回りに作らないといけない。

そのために少しでもチーム、選手、フライトクルーのために力になるのが自分とスタンディングエリアの使命だと思っています。
応援というのは滅私奉公だというのが自分が教わり着いた境地。
それを常に心掛けて、新リーグ、新シーズンに挑もうと思います。

シーズンが終わったとき、少しでも花を育てていられれば、いや育てないといけない。
いろんな苦労、いままでの悩み、全部ひっくるめてこの日のためだったとみんなに思ってもらえるように。

頑張ろう。
花はきっと咲く。

|

« 必ず糧にしてみせる。この悔しさと実感。徳島ヴォルティス、神戸に屈す。 | トップページ | 千葉ジェッツ、新たなる旅の始まりを勝利で飾る。今から遙かなる高みへ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。