« 国立競技場の思い出 | トップページ | 千葉ジェッツ、立ち位置知る連敗。悲観することは何もない。 »

2013年10月12日 (土)

千葉ジェッツ、東芝に完敗。だが大事なのは価値ある戦いぶりかどうか。

10月12日(土)市川市塩浜市民体育館

 

千葉ジェッツ 64 - 79 東芝ブレイブサンダース神奈川
                  9 1Q 18
         14 2Q 23
         17 3Q 25
         24 4Q 13

 

気持ちいいくらい完敗だった。
なるほど、これが強いチームのレベルなんだなとよくわかった。
ジェッツも決して力がないわけじゃないこともわかった。
が、現時点ではどのシーンでも100%か、それに近い気持ちと精度を発揮しないと勝てない。
それは4Qでヒロキとショータが証明してくれた。
東芝のディフェンスがハードで隙が無かったから、常にプレッシャーを感じながらプレーしていたんだろう。
だからショットは誰が撃ってもリングに嫌われてた。
今までの相手とは違ったのだ。

 

ただ、それは想定内のことだ。
どこかでそういう負け方をすることはだ。
それは肌で感じて学んでいかないといけない。
それを今日どこまで選手たちが学べたかだ。
時間が掛かったっていいさ。
ジェッツはHCも新しい。選手もほとんど新しい選手で、まだまだチームを組み立てている段階だ。
完成度がある程度まで達している今日の相手には勝てないことも当然ちゃあ当然だ。
ただ、バスケ素人の私から見ても、そんなに強いとは思わなかった。
衝撃を受けるようなバスケじゃなかった。
サッカーでだが、強いときのアントラーズやジュビロから感じた衝撃度とは比べようがないくらい意外なことは何もなかった。
あれならそう高い山でもない。
高い山ならもっと国際舞台で成果が上がっているだろう。
伸びしろはジェッツの方が断然あると思う。
追い越せるよ。
少し時間と授業料は掛かるだろうが。

 

それとコミュニティとしての可能性はもっと圧倒的に可能性を持ってる。
企業チームじゃ、スポーツコミュニティを大きくすることは無理だ。
今のままじゃ、社員の福利厚生から抜け出せないだろう。
そこの可能性はスタンディングエリアからも広げていける。
広げていかないといけない。
明日はもうちょっと遊ぼうかな。

 

今日は試合以外ではいろいろあった。
行きの南行徳駅からはJCNさんに車に乗せてもらって体育館まで行きました。隣はのーでぃさんだった。
JCNさんありがとう。

 

体育館ではスタンディングエリアにステージができていた。
これにはビックリだった。
とてもありがたくて恐縮してしまうほどだった。
頑張らなきゃなあ。

 

新シーズンになってから試合会場では音響チームがちょっとミスが多い。
STARJETSのパフォーマンスにも影響が出ていてちょっと混乱してしまい可哀想だった。
開幕戦も正直グダグダだった。
毎回ノーミスであれとまでは思わないが、今日のはちょっとダメ。
あれじゃ会場の空気壊す。
もうちょっと意識高く仕事してくれ。

 

BEATBOOSTERSはカズヒロさんが初だった。
試合前の選手コールでも太鼓のリズムを話し合った。
まだちょっと合わせ切れていないが、段々よくなってきているとツヨシさんからも言われた。
もっと上手く連携が取れるようになっていけると思う。

 

さて切り替えて明日だ。
今のチームの力関係ではまだまだ厳しい試合になるとと思う。
が、ファイトする気持ちと、相手より先に動くんだという姿勢が試合を通じて表現できれば相手に強烈なパンチを与えられると思う。
今日くらいのバスケで金を貰える価値がある、と相手が思っているとしたら大間違いだとわからせてやれる。
今日のヒロキやショータの4Qでのプレーと自分たちのプレーをどう思っただろうね。
4Qは勝ちが見えてたから余裕かまし過ぎただけと思ってるかい。
だから今のバスケ界が今の位置なんだぜ。
何のためにNBLにしたのかの意味がわかってないと思ったね、相手の選手たちは。
もっと自分たちに危機感背負わせて、勝ち負けを超えるような価値ある戦いぶりをお客さんに常に見せないとダメだよ。
あと7年しかないんだぜ。
自分たちは力があると思ってるんだったら、もっと強さを身につけて示さないと。
何にも今までと変わらなかったら、正直終わるよ。
あと7年しかないんぜ。

 

それはヒロキとショータ以外のジェッツの選手にも言える。
もっと価値のある戦いぶりを試合通じて見せないと。
今日ショットが決まらなかったのは気持ちが弱かったからだ。
決めるんだという気持ちがもっと乗ってりゃ半分くらいは入ってるよ。
決めろよ!
今言いたいことはそれだけ。
一つ一つのゴールがジェッツコミュニティの可能性を広げていくんだから。
それは相手みたいな企業チームにはできないことなんだよ。
だから俺は君たちを応援しているんだよ。
明日は頑張ろうね。

|

« 国立競技場の思い出 | トップページ | 千葉ジェッツ、立ち位置知る連敗。悲観することは何もない。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。