« ヴォルティス、交代策がヒーローを生んで逆転勝利! | トップページ | 今こそ辛抱どころ。ヴォルティス、苦しみの勝ち点1 »

2013年10月 5日 (土)

千葉ジェッツ、アウェイ栃木にも勝利。開幕3連勝して上昇中。

10月05日(土) ブレックスアリーナ宇都宮

 

リンク栃木ブレックス 72 - 80 千葉ジェッツ
                     15 1Q 16
                     18 2Q 21
                     20 3Q 25
                     19 4Q 18
 
 

NBLは2節目に入り、各チームのホーム開幕が揃いました。
千葉ジェッツの相手は、田臥勇太擁するリンク栃木ブレックス。
開幕2連敗した栃木ですが、ジェッツにとって最初のアウェイ。
力の証明を求められる相手でした。
その大事なアウェイ の第1戦目は見事に勝利し開幕3連勝を飾りました。

 

 
 
詳細がわからないので何とも言えませんが、接戦の中でもしっかり勝ち切れているところが根付けばリーグの中でもセンセーションを起こせるかもしれません。
なんにせよ、まだ始まったばかり。
一試合一試合大事に、明日も明日の試合に勝つことに集中してほしいです。
 
 
 
 

今日、私は代々木第二体育館に行って、日立サンロッカーズ東京対レバンガ北海道のNBLの試合を観てきました。
栃木には行けないですが、同じリーグ、同じカンファレンスのチームの試合に行って会場の雰囲気を感じてこようと思ったのでした。
昨日も試合があったこのカードはレバンガの勝利。
日立東京は開幕三連敗中でした。
しかし、今日の日立東京は開始からレバンガと激しく競り合いました。
前半は42-37でリードして折り返し。
その後も一歩も引かないレバンガに一時逆転される時間もありながら、重要な局面で3Pを決めるなど勝負強さを発揮。
レバンガは前半活躍した外国人選手が後半ミスを連発し、自分たちで勢いを削いでしまいました。
試合は81-73で日立サンロッカーズ東京が今季初勝利を飾りました。
日立東京の西村選手が個で牽引している姿が目立ちました。
絶対勝つんだという姿勢が一番現れてました。
全体的に後半はスコアが4Q途中までは両チームとも伸び悩みましたが、集中力が日立の方が上でした。

 

 
 
観客数はちょっと確認できませんでしたが、最終的には1000人以上はいたと思います。
体育館は1階は狭いので両ゴール裏はチアが使っていて、ほとんどのお客さんは2階席。
スティックバルーンを叩いて盛り上がっていました。
ちょっと声は出てなかったかな。
でも接戦だったのでかなり盛り上がってました。
自分たちみたいな人はいなかったなあ。
あとタイムアウトを試合終盤までほとんど取らないから試合がススムススム。
チアは衣装が黒ベースでハーフタイムのパフォーマンスはハットとステッキを持ってモダン風なダンスをしていました。
他のチームの試合はこんな感じなんだとわかり、いい経験になりました。

Ca3f2077


Ca3f2081


Dsc_0131_2


Dscn0005_2

 
 
 

さて、ジェッツも大事だけど、明日は水戸でヴォルティスの久々の参戦。
ヴォルティスも正念場なので絶対に勝ってジェッツとダブル、いや川崎で戦う地元とトリプルで。
あ、インテルが今夜ローマ戦なんだった。
じゃあ、カルテットで。

|

« ヴォルティス、交代策がヒーローを生んで逆転勝利! | トップページ | 今こそ辛抱どころ。ヴォルティス、苦しみの勝ち点1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。