« ヴォルティス、ホーム最終戦を勝利で飾り連敗脱出。さあ、あと4つ。 | トップページ | 明日こそ全て。 »

2013年11月17日 (日)

千葉ジェッツ、連敗は続くも最早恐れることなし。

2013年11月16日(土) とどろきアリーナ
東芝ブレイブサンダーズ神奈川 75 - 68 千葉ジェッツ
                20 1Q 20
                13 2Q 10
                26 3Q 18
                16 4Q 20

首位の東芝とのアウェイ2連戦。厳しい試合になるだろうとは戦前から想定はされていた。
後半突き放されるのはやはりスタミナと、疲れてきたときに支えになる組織力の差だろうと思う。
少しづつだが戦いぶりに変化が見えるものの現状はまだ勝ち切れる力はあまりない。

ただ、前節の10連敗目である程度割り切りは出来たのでイライラしてはいない。
負けたら次の試合に勝つまでである。
もちろん選手は勝てないことへの苛立ちはあるだろう。
だが手ごたえも少しづつ掴んできていると思うので雲を抜ける日も遠くはないだろう。
ただし、選手以外ももっと力を出さないといけない。
補強が必要な状況は変わっていないし、そのために入れ替えが必要なら速やかに断行してほしいとフロントには願う。
我々はプロチームを見ているのであって、もっとも大事にされるべきは観に来ているお客さんに価値(勝ちではない)を提供できることだと思う。
そのために必要なことをしてほしい。
選手もそれを理解してほしい。
ジェッツはプロチームなのだ。
当たり前のことなのだ。

15連敗となったが、先程も書いたようにもう悲観はしていない。
スタンディングエリアや、それ以外でも戦う覚悟ができている人や、スタンディングエリアの頑張りが通じてきているのが感じられていて、このままでいけると確信できつつあるからだ。
このままで進み雲を抜けられれば、きっと素晴らしい成長が待っていると思う。

|

« ヴォルティス、ホーム最終戦を勝利で飾り連敗脱出。さあ、あと4つ。 | トップページ | 明日こそ全て。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、ホーム最終戦を勝利で飾り連敗脱出。さあ、あと4つ。 | トップページ | 明日こそ全て。 »