« いろいろあって訳わかんないのでまとめて。 | トップページ | 千葉ジェッツ、北海道での連敗阻止ならず。 »

2013年12月 1日 (日)

舞台は国立へ。約束を果たすまであと一つ。ヴォルティス、プレーオフ準決勝突破!

2013 J1昇格プレーオフ 準決勝
2013年12月1日(日)鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 1 ジェフユナイテッド千葉
(得点)(徳島)前半37分 ドウグラス(PK)
    (千葉)前半40分 山口 智

 
私は一度ヴォルティスサポーターを辞めた身だ。
それなにのに戻ってきたのは、あの人のことがあったからだ。
そして戻った年の夏、徳島に行き、あの人の前に行き、約束をした。
その約束を果たすまでは自分のための戦いではなく、あの人との約束のための戦いなのだ。
それは生きている理由に匹敵する。
大げさかもしれないし、理解できない人もいるだろう。
殆どの人が理解できないと思う。
だが、あの人と出会い、失いながらも今に至るまでの20年は積み重なりつづけながら自分の背中で背負われ続けている。
人に説明するのは難しい。自分に説明するのにさえ簡単ではない。
考えるだけで感傷的になってしまうからだ。

 
約束は果たさないといけない。
その前に死ねないからだ。
約束を果たすまであと一つ
舞台は国立。
これ以上の舞台はない。
その演者になれる幸せ。
その舞台へ登らなければならなかった力不足への悔い。
その舞台で待っている90分の地獄。
その先に待っている天国。
その天国の先にあるJ1という修羅場。

 
何がジェフ千葉を上回っていたのか。
執念なのか?そうかもしれない。
スコアから言えばレギュレーションに救われただけなのかもしれない。
だとしたら味スタで悔しさにまみれながら掴んだ勝ち点1が生きたのかもしれない。
どうであれ、我々は国立の舞台へ立つ資格をつかんだ。
相手は京都サンガ。
倉貫とスンフンが立ちはだかる。
約束を果たすために立ちはだかる最後の壁がスンフンだという事実。
ドウグラスに頼れないかもしれない。
もしかしたら他にもいるかも。
そして、今度はドローではダメだ。
状況は厳しい。
でも約束を果たさないといけない。
何よりもあの人が目指したかつてのJであるJ1へ上がらないといけない。
来週のこの時間にはすべてが決まっている。
この一週間で何をサッカーの神に差し出すことになろうとも、約束は必ず果たす。

|

« いろいろあって訳わかんないのでまとめて。 | トップページ | 千葉ジェッツ、北海道での連敗阻止ならず。 »

コメント

決勝進出、良かったですね!。

私はどうしても行く事が出来きません…。
この気持ちは渦帝さんに託します。

渦帝さんの気持ちは理解出来ます。

『あの方』は確か私と同じ歳で、
もの凄く共感出来るものがありました。
彼はいつも自分の心の中にいます。

私が徳島にいなければお会いする事もなかったはず…。

あの方がいたからこそ、その志を受け継いだ方々との交流も続いています。

別の道を歩き、遠く離れようともそれは変わりません。

勝つしかありませんが、
全ての人達の気持ちがひとつになっていますから、
きっと良い結果が出ます!!。

どうか、徳島ヴォルティスをよろしくお願いいたします。

投稿: おー | 2013年12月 1日 (日) 19時11分

必ずや。

投稿: アワン渦帝 | 2013年12月 1日 (日) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろあって訳わかんないのでまとめて。 | トップページ | 千葉ジェッツ、北海道での連敗阻止ならず。 »