« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 夢と目標 »

2014年1月 5日 (日)

蹴球初めは駒沢から。

今年は元旦の天皇杯サッカーに行かなかったので、まだサッカー観戦をしていませんでした。
明日から仕事ということもあり、ちょっと観にいってみようかなと。
まあ、ジェッツも敗退してしまいましたしね。
それに市立船橋-京都橘という好カードであることも後押ししました。

 
駒沢陸上競技場へ行くのはずいぶんと久しぶりです。
JFL時代はよく試合で行ったものです。
関東隊がスタンスを変えて初陣を果たしたのもここです。
かの名曲、サンダーランドもここで初めて歌われました。
私の旗もここがデビューでした。
ただ、ここでは太鼓が使えなかったので応援は制限がありました。
もっともそれならそうでやれるという自信は関東隊にはあったので、警備や相手スタッフにいちゃもんつけるなんてことはしません。
そこが関東隊のプライドでした。

 
そんな駒沢陸上は地元の修徳高校が第1試合で相手も強豪星稜高校でもあり、かなりの観客が詰めかけていました。
高校サッカーに人気がある理由はよくはわかりませんが、近年は高校・ユース年代から即、世界へ出ていく逸材も近年増えていることも理由の一つかなと思います。
日本人サッカー選手で海外で活躍する選手がかなり増えた現状(代表はいまや海外クラブ籍選手でレギュラーは占められている)が支えているのは事実で、日本のサッカーの成果だろうと思います。
ただ、国内のJリーグも十分魅力はあると私は思っています。
Jリーグの魅力を云々いう人もいますが、私にはJリーグを否定することで自身をプロパガンダすることに走っているように見えます。
小さいことを穿ることに必死になって何が生まれるんだと思います。
前へ進んでないですよね、そういう人は。

 
第1試合の星稜-修徳の後半開始から観戦しました。
地力に勝るのは星稜でしたが修徳も粘り強く対応して試合はPK戦で決着へ。
星稜GK近藤くんが3本連続で止めて星稜が勝利しました。
近藤くんは後半なんてことないロングボールをファンブル。
あわや失点というシーンはゴールポストに救われました。
美味しいところ全部持っていった近藤くんでした。

Dscn6109_2

Dscn6112_2

 
市立船橋-京都橘は共に卒業後にJリーグ入りする選手を複数抱えているチーム同士。
ということで注目している人もかなりいました。
市立船橋はDFの磐瀬くん#5、FWの石田くん#10、共に京都サンガ内定。
京都橘はGK永井くん(ロアッソ熊本内定)#1、FW小屋松くん(名古屋グランパス内定)#10。
この中から世界へ出ていく選手も出るかもしれません。
そうなったら高校時代を見たことがあるっていうのもちょっと自慢できちゃいますね。

Dscn6117_2

Dscn6119_2

Dscn6122_2

 
試合は市立船橋が高度なチームサッカーでボールを支配しつつも、京都橘も小屋松くんのパワフルな突進力をうまく活用してチャンスをつくるスリリングな試合になりました。
特に小屋松くんの強烈な印象を与えました。
市立船橋が誰を取っても、止める、見る、蹴る、走るが高いレベルで出来ているのに対し、小屋松くんの個は試合に出ている両軍の中でも群を抜いていて市立船橋もかなり苦戦していました。
決定機は互いにありましたが、後半小屋松くんの先制ゴールが決まると、しっかり守って小屋松くん中心のカウンターで追加点を狙う京都橘が試合運びを支配。
市立船橋も幾度となくチャンスを作りますが中央を厚くした京都橘ディフェンスを崩しきれませんでした。
小屋松くんは見事は2点目も決めて存在を強烈に印象付けました。
地元の市立船橋が勝てなかったことは残念でしたが試合内容はすごくスリルがあっていい試合でした。

Dscn6128_2

 
市立船橋と京都橘というと応援もレベルが高く、特に吹奏楽部は両校とも関東、関西では金賞常連のハイレベル校。全国でも有名です。
市立船橋はマーチングバンド・バトントワリングでもレベルは高く、チアは曲によってポンポンを変えたりしていました。
観客席でやるから動き回れないので、席の一角をチア専用にして上手くアピールしていました。
京都橘も日本テレビの「笑ってコラえて!」で紹介されたりする吹奏楽、マーチングの名門。
こういう対決も見ていて興味深かったです。

Dscn6125_2

Dscn6127_2

 
さて、明日から仕事だ。
また頑張ろう。

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 夢と目標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 夢と目標 »