« いよいよ未知の渦巻く海へ。ヴォルティスJ1へ出航。 | トップページ | 千葉ジェッツ、示すべきモノを問われた敗戦と勝利。 »

2014年3月 2日 (日)

いつか笑える船出の日になる。ヴォルティス、J1初戦は大敗。

3月1日(土) 2014 J1リーグ戦 第1節
鳥栖 5 - 0 徳島 (14:05/ベアスタ/14,296人)
得点者:(鳥栖)35' 金民友、45' 谷口博之、46' 池田圭、60' 豊田陽平、86' 豊田陽平

 
J1という新世界での最初のチャプターはちょっと手酷くやられてしまいました。
ちょっと予想を超えた結果になって、直後冷静でいられなかった人もいると思います。
ただ、最初の試合でどういうことをすると失点するのかという経験が5回もできたということをプラスに考えてほしいなと、選手に言いたいです。
我々のようなサポーター側はちょっと納得できないこともあるかもしれません。
いくらなんでもやられ過ぎだろ!とかね。
でも、やられ過ぎちゃうことも起きるのが、今のヴォルティスとJ1チームの力関係なんだと。
相手のサガン鳥栖も2年間J1で生き延びたから今日みたいなサッカーができるようになったんだと思います。
ということはね。
ヴォルティスだって生き延びれば格段に成長できるってことですよ。
たぶんこれは本当です。
だから生き延びましょう。はいつくばってでも。
今日5失点したことがキーになったねと思える日を作りましょう。

 
大小を問わずネガティブになる必要はありません。
今はまだ。

 
生き延びましょう。

|

« いよいよ未知の渦巻く海へ。ヴォルティスJ1へ出航。 | トップページ | 千葉ジェッツ、示すべきモノを問われた敗戦と勝利。 »

コメント

遅くなりましたが、今年もよろしくお願い申し上げます。


昨日、行ってきました!。

記念すべき日ですから、いい席で観ました。ベンチ横最前列にて。
コバさん、指示が細かくしかも声がデカい(笑)!。
コアサポーターよりも声がデカいんじゃないのかな!?。


大差がついてしまったけど、徳島の勇姿を目の前で観れて楽しかったです。


コバさんの指標、やるべきことは出来ていたと思います。
でも、歯車が狂ってしまった感じです。


1点目、金民友選手の得点は彼の技術とフィジカルによるもの。これはもう仕方がない。
ただ、2点目、谷口選手の得点シーンでマークが外れてしまったこと。
ここから、歯車が狂い始め、後半直後の池田選手の3点目で全て終わった感じです。
4点目のPKはちょっと気の毒だったかな?と。
5点目は長谷川選手と豊田選手が対面した時点で「もうダメだ」という感じで・・・。
ここ5年、鳥栖の試合は観ているので納得です。

豊田選手はストロングでしたね。
自分の仕事以外に本当に背中でチームを引っ張っていました。


クレイトン選手には光るものがありました。
柔と剛でいえば、柔です。
かつて大塚FCで活躍したジュニーニュ選手をもっと柔らかくした様な。
これに「恐怖感」があればなお良いですが。冷静沈着で信頼出来そうです。

今後のクレイトン選手の生かし方に注目しています。
あと、大﨑選手。相変わらず、献身的なプレーで感動しました。
その彼も本職はFWなので生かしてあげたいのですが・・・。
母校が一緒である橋内選手。僕は贔屓しますよ(笑)。
豊田選手のマークについていましたがかなり良かった。
前半終了して引き揚げる彼に「出来ているぞ!」と叫んだら応えてくれたのですが・・・。


また、試合から消えてしまっていた選手もいたので、それぞれ立て直して欲しいです。


キレイ・キレイしたサッカーになってたような気がしました。
過激な言い方は避けたいのですが、もっとガツガツ行け!!と。

良くない言い方かも知れませんが、試合(リーグ戦)で訓練していくのもありかと思います。


あと、やはり鳥栖のお客さんが醸し出すスタジアムの雰囲気。
こうゆうのはやはり選手に勇気を与えます。
それを徳島のお客さんにもやってもらいたいですね。
来週は柿谷、フォルラン選手なので、柏戦からお願いします。

投稿: おー | 2014年3月 2日 (日) 14時14分

記念すべき試合の観戦ができてよかったですね。
確かに開始5分で歴然とした差がわかる力関係でしたが、全ては今から積み上げていくものだと思います。
まだまだスタート地点です。

投稿: アワン渦帝 | 2014年3月 2日 (日) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ未知の渦巻く海へ。ヴォルティスJ1へ出航。 | トップページ | 千葉ジェッツ、示すべきモノを問われた敗戦と勝利。 »