« パブリックビューイングも盛り上がる!千葉ジェッツ、レバンガに競り勝つ。 | トップページ | サッカーを応援することの”業”。ヴォルティス、まだ闇の中。 »

2014年4月 6日 (日)

シュート1本の誇り。ヴォルティスどんぞこ。

2014 J1 第6節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

 
徳島ヴォルティス 1 - 13 川崎フロンターレ

(シュート)徳島:93,ドウグラス

 
 
酷い....としか表現できない。
それ以外の表現が現実逃避のように思えます。
それでもこうして冷静に記事が書けるのは...なぜなんでしょう?
他が勝ったか...いや違う。
違いますよぉ。断じて違います。

 
大久保嘉人選手のコメントが真実を全て語っていると思います。清々しいまでの本音。
※大久保選手のコメント
でもね、選手たちもかわいそうだと思う。
甘やかすわけではないけど、こんな試合になってしまう力の差って残酷だよね。

 
ただね、ヴォルティスのフロント、特に強化とそれ以上のクラブのトップはク●だと思うわ。
運営とか、イベント企画の人たちは指示を貰って仕事を忠実にしようとしているわけだから非難はしない。
仕事でチアに加わらされたアイドルの娘にもね。
でも強化部とクラブのトップはホントどうしようもない。
コラボグッズなんか試合ごとに作ってる場合じゃない。
せめて必勝祈願グッズ作るくらいの情けなさを狙えよ。
遠足に来てるんじゃねえぞ、J1に。
それとも後任が決まったから居る間は成績より稼ぎなのかい?ニッタさん。
切り替えないでほしいね。引き摺れ!
もう忘れたかもしれないけど。
誰か叱ってくれよ。出禁にされないスポンサー筋の人とかさ。
いや、出禁になってもいいよ。俺は。
こんな試合してサポーターから逃げるんなら辞めちゃえよ。

 
さあ、俺たちは選手たちだけ助けよう。次だ次。

|

« パブリックビューイングも盛り上がる!千葉ジェッツ、レバンガに競り勝つ。 | トップページ | サッカーを応援することの”業”。ヴォルティス、まだ闇の中。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パブリックビューイングも盛り上がる!千葉ジェッツ、レバンガに競り勝つ。 | トップページ | サッカーを応援することの”業”。ヴォルティス、まだ闇の中。 »