« 千葉ジェッツ、サンロッカーズに雪辱。 | トップページ | シュート1本の誇り。ヴォルティスどんぞこ。 »

2014年4月 5日 (土)

パブリックビューイングも盛り上がる!千葉ジェッツ、レバンガに競り勝つ。

4月5日(土)道立野幌総合運動公園総合体育館
レバンガ北海道 72 - 74 千葉ジェッツ
                           18 1Q   9
                             9 2Q 23
                           17 3Q 20
                           28 4Q 22

 
残り8試合となった今季のNBL。
日本バスケットボール協会が2月に2016~2017年に新たな男子プロリーグを設立すると発表しました。
シーズン当初のNBLの構想が早くも大きく変わってしまいホント男子のバスケットボールって大変だなあと空を見上げながら思うところです。
2020年のオリンピックを見据えて(それだけではないとも思いますが)当初のNBL構想では甘いと思ったのかもしれませんね。
下手したら今季のNBLって何だったのとなりかねない状況です。
それでも私としては千葉ジェッツをどう盛り上げていくかが今取り組むべきがもっとも大事なテーマです。
今日行われた幕張イオンでのパブリックビューイングはそんなテーマを適えてくれるモノだと思います。

 
1Qこそリードされて始まった試合ですが、2Qで逆転して折り返し、後半も追い上げてくるレバンガに苦しみましたが要所要所で3Pショットが決まるなどして逃げ切りました。
最後の最後でレバンガの3Pショットのトライアルでファウルを与えてあわや同点の4Pプレイを与えかけるという笑えないシーンもありましたがね。

 
この日の牽引車は上江田勇樹で3Pが7-5(71.4%)、ポイントも21とハイスコアをマーク。
石井講祐の活躍もありました。
若い選手の成長が目に見えてきて、そして安定してきたことが前節の日立戦と今日のレバンガ戦でかなり証明されてきたと思います。
こうなると来季が楽しみになりますが、まだ明日も試合がありますし、その次の最後のホーム4戦はトヨタと東芝が相手。
ここでもっと証明してほしいです。

 
パブリックビューイングのイベントはいつも試合に来ている人たち中心に盛り上がりましたが、イオンに来ていてたまたま通りかかった人も興味深くみてくれる方がかなりいました。
千葉ロッテマリーンズのおひざ元でのイベントですから、もっともっとジェッツを知ってもらえるエリアです。
そこでの新しくて大きなショッピングモールでのイベントは効果も大きいと思います。
勝てたこともすごく意味を持つんじゃないかなと思います。
4月10日、17日にはそれぞれ津田沼、千葉の駅前でプロモーションを選手たちが行うので、それも併せていい効果が残りのホーム4試合で出てくれることを望みます。

Dsc_1368

Dsc_1369

Dsc_1375

Dsc_1376

 

|

« 千葉ジェッツ、サンロッカーズに雪辱。 | トップページ | シュート1本の誇り。ヴォルティスどんぞこ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、サンロッカーズに雪辱。 | トップページ | シュート1本の誇り。ヴォルティスどんぞこ。 »