« 千葉ジェッツ、NBL2013-2014の全日程を終了。 | トップページ | ホーム初勝利はならず。ヴォルティス、この負けを糧に次のホームこそ! »

2014年4月29日 (火)

この日を待っていた人たちに捧ぐ初勝利。ヴォルティス、ついにJ1で勝利!

2014 J1 第10節 2014年4月29日(火) 山梨中銀スタジアム

ヴァンフォーレ甲府 0 - 1 徳島ヴォルティス
得点 (徳島)後半28分 橋内 優也

 
甲府の城福監督にとっては本当に受け入れがたい結果だったと思う。
サッカーとはこういうものであったとしても、それでも受け入れがたかっただろうことは反対側の人間である自分でも思う。
いつ打ったのか記憶にない1本目のシュート以外打たれていない状況で、いかにシュート外し続けても相手に流れがいくとは思いにくい。
相手が、あのヴォ...だしなぁ、なんて思ってはいなかっただろうけどね。
いや、自分たちですら甲府がシュートを外し続けてても流れがこっちにくる時間帯が来るとは思いにくかった。
事実、1回しかチャンスは来なかったんだから。

 
そういうことを差し引いて考えたい。
こっちは城福さんがどう思おうが関係ない。
ウチほど勝ち点3が欲しくて仕方ないチームはなかった。
その難しさを幾度も痛感していたのもウチだった。
連敗記録の更新まではさせなかったというサッカーの神様のきまぐれだったのかもしれないね。
そういう声も聴こえたから。

 
初勝利の瞬間というものは1回しか来ない。
そこに居あわせることができたことを感謝したい。
さすがに自分はそれなりに経験もあるし、Jリーグ昇格後の初勝利は違うチームでも経験があるので、他の皆ほどには興奮はしなかった。
事実、初勝利決定の瞬間を動画で撮影する余裕もあったわけで。
※動画はFB(左にリンクあり)でご覧ください。
もちろん、今日小瀬にいられたこと、初勝利の試合で応援ができたことの幸せはサッカーの神様に感謝しています。
そして、屈辱に耐えながら、この日を待ちに待っていた仲間たちの歓喜と感涙には最高のリスペクトを持っています。

 
確かにやっとスタートに立てただけという言葉も正しい。
それでもいいじゃない。
大事なのは自分たちがどれだけこの日を待っていたかってこと。
そして、ハマグチさんも待っていただろうこと。
それが叶ったことが全て。

あ、あといい出版記念の祝いにもなったかな。

 
次はホームでの初勝利を。絶対に!

Dsc_1513

Dsc_1522

Dsc_1524

|

« 千葉ジェッツ、NBL2013-2014の全日程を終了。 | トップページ | ホーム初勝利はならず。ヴォルティス、この負けを糧に次のホームこそ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、NBL2013-2014の全日程を終了。 | トップページ | ホーム初勝利はならず。ヴォルティス、この負けを糧に次のホームこそ! »