« 打つべきときにシュートを!ヴォルティス、ガンバにもったいない敗戦。 | トップページ | ブラジルに挑む代表が発表になりました。 »

2014年5月11日 (日)

経験の蓄積が見えたドロー。今こそ!!ヴォルティス、たぬきダービーはドロー。

2014 J1 第13節 2014年5月10日(土) 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

徳島ヴォルティス 0 - 0 FC東京

 
22本もシュートを打たれはしたが、危険な時間帯はかなり少なかったと思う。少なくなったと思う。
FC東京の問題点が露骨に出ていた気もするが、こちらもタフだったと思う。タフになったと思う。
決して喜べる結果でも内容でもないが、やれるはずのことがやれていた結果が零で抑えられたんだと思う。
無駄に負け続けていたわけではない。
やはりJ1にいる意味はあるんだと思う。
厳しい結果を突き付けられてはいるが、それだけの価値ある経験はしているんだと思う。
問題はそれを早く自分たちの武器に転化して結果にすることなんだが、武器になりそうな見込みは感じられ始めた。

 
こういう試合をしたからこそ厳しく捉えないといけない。
今こそ一段レベルアップするチャンスであり、いづれレベルアップはするだろうが、ここでレベルアップすることに大きな意味がある。
だからホームでの初勝ち点でも喜び過ぎないようにしないと。
何も知らないカメラマン崩れに「喜んでるようじゃダメ」なんて言われない限りはね。
今こそ、中断まであと1試合、相手がアントラーズでカシマでやるという状況になっている今こそ勝ちに拘る時かなと思います。

 
試合自体も見ごたえはあった。
佐々木くんのあの突破は素晴らしかった。
最後の最後で徳永に枠に向けて撃たせてもらえなかったところも象徴的な壁であったと思うけど、この試合一番のハイライトだった。
こういうときだから若い選手使えとは短絡的に言う気はないけど、もっと見たいと思う選手が現れたことも大きい。

 
段々と面白くなってきた。
だからこそ覚悟も本気にならないといけないんだろうね。

|

« 打つべきときにシュートを!ヴォルティス、ガンバにもったいない敗戦。 | トップページ | ブラジルに挑む代表が発表になりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 打つべきときにシュートを!ヴォルティス、ガンバにもったいない敗戦。 | トップページ | ブラジルに挑む代表が発表になりました。 »