« 千葉ジェッツ、選手の継続契約完了。そして小野龍猛が代表候補に選出。 | トップページ | もっと試合を大事に扱え!ヴォルティス、ただ無駄な惨敗しただけの試合。 »

2014年5月18日 (日)

この負けでヴォルティスは何か持ち帰ったのか?カシマで惜しくない僅差敗戦。

2014 J1 第14節 2014年5月17日(土) 県立カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズ 1 - 0 徳島ヴォルティス
得点:(鹿島)前半25分 赤崎 秀平

 
まず試合後みんなでいろいろ話があったようなのだが、私は現地には行っていないのでどんなことが話されたのかはわからない。
それは現地で戦った人たちでなければ共有できないと思うので、ここでは冷静に自分的に試合をこう観たという点で話します。

 
まず、カシマスタジアムで鹿島と戦うのはアウェイ側にとってはかなりハードな試合だ。
たぶんJで、自力で勝つことに一番困難が伴う場所だと思う。
いいときの鹿島アントラーズに対し、真っ向からここで戦って勝つには相当作り上がった状態で挑まないといけないだろう。
だから、ここで初対戦で0-1だったことはいい方だったように一見見えてしまう。
私の場合は初カシマは0-4だった気がする。

 
観てる分には1点差ながら、守備に人が割かれすぎていてゴールの匂いが薄かったのは事実。
上のようなことを差し引いても、せめてゴールに迫る気持ちを見たい、というか実感して終わりたかったとは思う。
前半失点して、そのあとのハイライトが長谷川のセーブで、そのまま負けるってのはフィールドプレイヤーにとっては屈辱だろう。
屈辱でなくては困る。

 
ただ、ここまでのチーム状況と、このスコアからすると、カシマでやられて手にできたはずの経験値は期待しているレベルではなかった気がする。
それはヴォルティスの側だけでなく、今の鹿島アントラーズが非常に若いチームだからということもある。
経験豊富でスキルも高い個人と、完成度の高いチームが、スキがない守備と、スキを見逃さず決めてくる攻撃を備えていたアントラーズは過去だ。
それでも勝つ伝統を持っているから鹿島アントラーズなのだが、ちょっとヴォルティスは相手を恐れすぎたかもしれない。

 
まず守り切れないと勝てないという理屈はわかる。理屈というか真理に近いが。
コバさんからしたら、勇敢に挑んで玉砕する(玉砕というより逆に粉砕してみせろと要求されているのだが)ことは指揮官としてはあり得ない選択だ。
ただ、経験値が少なくて終わる敗戦は受け入れがたい。
何の糧にもならない負けは受け入れがたい。
それだけは言いたい。
プロは結果だが、それはただ勝利するのではなく、プラスで何を持って帰れるかの方が大事だ。
敗れても、次に活かせるモノが手にできないと意味はない。
それを乗り越える姿を見たい。
逆に勝利であっても、何の積み上げにもならない勝利ばかりでもダメだ。
それがこの試合で、こういう戦い方で、どんなものが手に入ったのだろうか?

 
それを我々側にもわかるように見せてほしい。
カシマスタジアムのように、行って帰ってくることがJでは屈指の困難を伴うスタジアムでのアウェイゲームならば特に。
だからカシマスタジアムは行く意味が他のスタジアム以上にあるのだということをわかってほしい。
そういう意味でもったいない試合だった。
間違いなく。
それこそもったいなかったとコバさんにはわかってほしいし、わかってないと困るのだ。

|

« 千葉ジェッツ、選手の継続契約完了。そして小野龍猛が代表候補に選出。 | トップページ | もっと試合を大事に扱え!ヴォルティス、ただ無駄な惨敗しただけの試合。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、選手の継続契約完了。そして小野龍猛が代表候補に選出。 | トップページ | もっと試合を大事に扱え!ヴォルティス、ただ無駄な惨敗しただけの試合。 »