« 日本、逆転負けで初戦を落とす。 | トップページ | 日本代表、自分たちのサッカーに飲み込まれてブラジルで敗退。 »

2014年6月20日 (金)

日本代表、自信を崩してギリシャを崩せず。

今日は仕事だったのですが、昨日から体調を崩してしまいました。
おかげといっては何ですが、日本代表の試合を観ることができました。
しかし、残念な試合でした。

 
まだ終わっていないとはいえ、ここに来てザッケローニなのか、もっと大きくチームの自信のようなものが崩れてしまっている気がします。
重圧?なのかもわかりませんが、大会直前のどこかでザッケローニに迷いが沸いて、怖さも生じて、それがチームに伝播しているみたいに感じます。
思い切ってやれていない。
連れていった選手たちを活かしきれていない。
とても残念な状態です。

 
初戦は守備的に戦って負けてしまい、主導権を握るスタイルはどこへ行ったと言われました。
ギリシャ戦は主導権を握っていましたが、最後を崩すアイデアが足りず、ただ時間だけ過ぎていきました。
パワープレーに移行したのもハマらなかったし、連れていった選手の顔ぶれ、出していた選手の顔ぶれに合いません。
それでも勝てれば、まだ半分くらい納得したんでしょうが。

 
ただ、スペインがあっさりと敗退したように難しい大会であることはあらためてわかりました。
他のスポーツ競技でもワールカップはありますが、その中でも桁違いに大きな大会で注目もプレッシャーも大きいことも。

 
人は切磋していけば成長します。
4年前とは日本人選手が海外で活躍しているレベルも格段に上がっています。
だから必ず結果がついてくるわけでなく、だからこそ挑む意味もあるし、失敗も意味を持つのではないでしょうか。
それでもその過程で何を掴むかで、そのあとが違ってきます。
正直、厳しいなと思いますが、この先を見据えてでも何かを掴んで欲しいですし、コロンビアはその相手として打ってつけなので断固勝ちにいけと言いたいです。

|

« 日本、逆転負けで初戦を落とす。 | トップページ | 日本代表、自分たちのサッカーに飲み込まれてブラジルで敗退。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本、逆転負けで初戦を落とす。 | トップページ | 日本代表、自分たちのサッカーに飲み込まれてブラジルで敗退。 »