« 日本代表、自信を崩してギリシャを崩せず。 | トップページ | 時代の唄女 ~時が彼女と唄いたがっている~ 刀根麻理子@神楽坂THEGLEE »

2014年6月25日 (水)

日本代表、自分たちのサッカーに飲み込まれてブラジルで敗退。

今朝のコロンビア戦に敗れたサッカー日本代表はブラジルワールドカップから去ることになりました。
コロンビアはやはり強かったです。
個、組織ともに上手でした。

 
絶対勝利が最低条件という厳しい状況で先制されながらも前半終了直前に岡崎のゴールで同点に追いつきました。
明らかに守備を重点に置いたコロンビアに対し、いい雰囲気で前半を終えられました。
後半最初の10分が勝負だなと思いましたが、コロンビアがハメス ロドリゲスを後半最初から投入。
先手を打って試合の主導権を取りに来ると、日本は勢いに圧され、後半10分にゴールを奪われ、そこで実質的に試合は決まってしまいました。

 
やはり初戦のコートジボワール戦が全てだったと思います。
相手を必要以上に恐れたような守備的というより、怯えたような戦い方を選んで逆転負けしたことで、メンタル的に追い込まれてしまい少ない試合数のグループリーグ残り2試合では復調できませんでした。
もとよりワールドカップ本大会は調整する余裕を持ちながら戦えるほど甘いわけなく、コンディションが悪いなら割り切って挑む方がよかったと思いますが、それがザッケローニにはできなかったようです。
何がザッケローニ監督をビビらせたのか?
それが明らかになることはないでしょうけど。

 
結果は結果であり、チームのコンディションが良くてもグループリーグで敗退した可能性は十分にありました。
ワールドカップ本大会ですから、どこのグループに入っても困難なことは当たり前です。
相手も十分に日本を分析して準備して挑んできます。
それは今の日本代表が弱小アジアのチームの枠を超えていると他国に認識されているからです。
それは日本代表が強くなった証しでもあったと思います。
ただ、今の日本代表には分析されて強みを消された場合の対応力とメンタルが足りませんでした。
コートジボワール戦は戦う前から強みを消されたようなメンタルで試合に挑み負けました。
そこで日本は自分たちのサッカーに拠り所を求めましたが、日本国内でもそうですが、自分たちのサッカーというものに寄りかかり過ぎてしまいました。
日本はまだ相手は普通に自分達のサッカーしてくる想定で、自分達のサッカーをしなきゃと思っている部分はあったのでしょう。
相手が日本をリスペクトして、分析して準備して挑んできたのに、その部分のリスペクトは足りませんでした。

 
結局、自分たちのサッカー以外に拠り所がなかったためで、それを追い詰められた状況で直面させられたことで却って自分たちを追い込んでしまいました。
自分たちの、日本代表のサッカーをすれば勝てる!は自信ではなく、恐れになってしまいました。
やったことのないパワープレーを選択して結果も出ず、国内でも批判が出ましたが、対応力があれば、やったこともないことでもやっていくらかはやれるはずです。
観ていたこちら側もうろたえ、ヒステリックにもなってしまったように、グループリーグ突破は必然みたいな過信が打ち砕かれ、サポーターも含めて瓦解してしまったように思います。
我々応援する側もワールドカップを舐めていたんだと思います。

 
一番残念なのは、連れていったのに使わずに終わってしまった選手が多過ぎたことです。
酒井(高)、酒井(宏)、斎藤、出番はありましたが時間が足りなかった、使い方が悪かった柿谷、清武。
ほんとにもったいなかった。

 
今はまだ次の大会へと切り替えるには難しすぎます。
責任は監督、協会、選手にありますが、我々も応援する側としての教訓も得ないといけないでしょう。
一番学んでほしいのはメディアではないかと思いますけど。

 
とりあえず、選手、監督、スタッフの皆さん、おつかれさまでした。
これは言わないといけません。

|

« 日本代表、自信を崩してギリシャを崩せず。 | トップページ | 時代の唄女 ~時が彼女と唄いたがっている~ 刀根麻理子@神楽坂THEGLEE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本代表、自信を崩してギリシャを崩せず。 | トップページ | 時代の唄女 ~時が彼女と唄いたがっている~ 刀根麻理子@神楽坂THEGLEE »