« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月28日 (月)

ドウグラスに応える勝利。ヴォルティス、大宮で快勝!

2014 J1リーグ戦 第17節 2014年7月27日(日)
 

大宮アルディージャ 1 - 3 徳島ヴォルティス
得点:(大宮)前半18分 ズラタン
    (徳島)前半9分 高崎 寛之、前半26分 高崎 寛之、後半12分 衛藤 裕

 
旧称は大宮サッカー場だっただろうか。
大宮アルディージャのホーム、NACK5スタジアム大宮へ行くのは少なくとも15年はご無沙汰だったと思う。
当然、改修されて現在の様相になってからは初めての訪問であり、実質初めて来たと言ってもよかった。
かつて知っている風景とはスタジアムは一変しており、隣の野球場にその思い出を感じるほどだ。

 
ヴォルティスの試合では過去に大宮サッカー場(偉く傷んだ古い球技場だった)時代に、NTT関東(アルディージャの前身)と対戦したときに来ている。
その時は、セッキーこと、関口隆男のゴールで先制したが、その後逆転負けしている。
セッキーのゴールは今でも覚えていて、FKをキーパーが弾いたのをダイレクトで合わせたストライカーらしいゴールだった。
我々の目の前で決めたので、ゴール直後にガンマンポーズのパフォーマンスをしてくれてとても印象に残っている。
応援をした試合で来たのはあれが最後だったかもしれない。

 
大宮アルディージャとはナビスコカップで対戦しており、そのときはリードしていた試合を追いつかれホーム初勝利を逃している。
平日のナイターで、アルディージャサポーターも少なかったが、彼らはダンボールでサポーター人形を配置して増員(?)を図った。
ああいう創造的なジョークは個人的には大好きだ。
ただ、いまだホームでは未勝利で、あの試合勝てていればと思うと悔しい試合になった。
後半から渡邉大剛を投入されてから流れを変えられたこともあり、この日も要注意だと個人的には思っていた。
さらに、近年の大宮の特長ではある前線2トップの外国人FWの強さは最大限の注意が必要だった。

 
ヴォルティスは今週、元コロンビア代表で、昨季はヴィッセルの選手として開幕戦で強烈な敗北感を味あわされたエステバンを加入させた。
ボール奪取能力が卓越しているこのMFは補強の目玉のようだ。但し、攻撃力アップには直接貢献はしてくれそうにない。
そして、彼の加入により弾きだされる形で4年に渡ってチームに在籍したドウグラスが京都サンガへ移っていった。
ドウグラスはお馴染みのTポーズに表されるように徳島という街をとても愛してくれていた。
多くのサポーターにも愛されていただけに、彼が去らなければならなくなったのは悲しかった。
我々以上にチームメイトの選手たちは強い思いがある。
試合後に、大崎がツイッターでドウグラスへの思いを語っている。
ドウグラスは先日の京都デビュー戦でも決勝ゴールを決めており、その活躍は今節のヴォルティスの選手たちを勇気づけたようだ。

 
試合の入りはいきなりゴールポストに助けられるなど悪かった。
左サイドのアレックスの背後をつかれ続けたのは、前節でのアレックスの貢献を脅威に感じ、先手を打って塞ぎに来たのかと感じていた。
ただ、そんな悪い流れを高崎が変えてくれる。
エリア付近で足元にボールを受けると絶妙なタイミングでターンして自分で切り込んでいき、思い切りよく打ったシュートはGKのニアサイドを打ち抜いて先制点を奪った。
リーグ戦再開後から安定してきている守備のカタチを活かすには先制点はとても重要で、絶対に負けられないこの試合を制するには必須だった。
また、チームは自信も持ち始めていて、10分後にGK長谷川のちょっと稚拙なキャッチミスから同点に追いつかれながらも、臆せずにまた点を取りにいった。
その結果、質の高いクロスと高崎の絶妙な動きから2点目を奪い、チームをさらに大きく勇気づけた。
試合を決めた3点目の衛藤のゴールを呼び込んだ佐々木一輝の積極的な攻めの姿勢も絶対に影響を受けていたはずだ。
試合が進み、高い湿度にも影響を受け、次第に大宮2トップの動きが疲弊していくと大宮は攻め手をさらに失い、逆にヴォルティスはカウンターから幾度も大宮を脅かすようになっていった。まずしっかり守る姿勢は保ちながら、転じての攻めを絶えず意識してヴォルティスは試合を作っていた。
後半30分を過ぎるころには大宮はチームとして停止してしまっていていた。
注意の必要な渡邉大剛は、自分の所在を無くしていき、途中でベンチに下げられた。
試合後のいろんな情報から、現状の大宮はチーム内情に問題を抱えているようではあった。
だが、ヴォルティスが勝利したのはそのせいでは断じてない。
進化したヴォルティスのサッカーが大宮の問題を剥き出しにしたに過ぎない。
この試合に限って言えば、ヴォルティスは勝利すべきチームだった。それがその通りになっただけだ。

 
絶対に勝利しかないこの試合は、勝利以上の成果、自信をも手にして終えられた。
試合後、高崎は「選手たちは諦めてないので応援をお願いします。」と言った。
ドウグラスの移籍に最も影響を受けているのは、もしかしたら彼なのかもしれない。

 
この日のヴォルティスサポーターの応援も力強かった。
思っていた以上に狭いエリアに限定され、旗振りである自分は周りに多少迷惑も掛けたが、その狭いエリアにこれも思っていた以上に大勢の人が集まったことで非常にモチベーションの高い応援になった。
初めてヴォルティスのゴール裏に来たらしい、普段関東に住んでいる人も多かったように思う。
試合後、彼らの中にはヴォルティスの応援の盛り上がりに興奮を抑えられない人もいた。
地蔵になってしまう時間帯もあったが、そんな人も最終的にはかなり勢いがついていた。
試合中、周囲を観察もしていたが、地蔵になってしまう人をピンポイントで刺激するのも効果があるが、この日みたいに放っておいてもできる人たちをもう少し盛り立てるだけでも、ご新規さんにも影響を与えられるように思った。
そういう面も含めて、いろんな人があの狭いエリアで共に声を出し、跳ね、そして勝利できたことは大きな収穫だったのは間違いない。
きっと今後に活きてくるように思うし、活かしていかないといけない。

 
しかしである。
まだホームで勝っていない。ホームで勝つことに勝る効果はない。
次はホームで。
高崎が言ったように、諦めず、絶対にのし上がってやる。
見とけ!ってヤツだ。

Dsc_0186_01

Dsc_0195_01_2

Dsc_0196_01

Dsc_0189_01

Dsc_0145_01

Dsc_0162_01

| | コメント (0)

2014年7月23日 (水)

次の部屋への扉は今そこにある。ヴォルティス、レッズに跳ね返されるも...

2014 J1リーグ戦 第16節 2014年7月23日(水)
 

徳島ヴォルティス 0 - 2 浦和レッズ
得点:(浦和)前半14分 槙野智章、後半12分 興梠慎三

 
首位を走り、連続無失点が延々と続いている浦和レッズをホームに迎えてのホームゲーム。
平日ナイターながら、一万人以上の観客が集まった。
もちろん、浦和サポーターが大挙訪れたこともあるが、改修途中とはいえ立派になった鳴門のスタジアムに青い服を着たサポーターが大勢座っているのは感動も覚えた。
中断期間の成果を結果に残すには舞台は整った。

 
成長したことはハッキリと伝わった。
それだけに悔しい敗戦ではあった。
チャンスは作っていたし、あとはゴールだけ。単純に言えばそうではあった。
もちろん、そんな簡単な分析がこの試合の真実ではないことは明らかでもある。
レッズは強かった。
”強固”という言葉が似合う強さだった。
慌てさせるのが難しかった。
ただ、アレックスを使ったチャンスは幾度も作った。
最後の精度が...とはありきたりな言葉で、それはヴォルティスだけの話ではなく、レッズでも少なからずその課題は抱えている。
そこを敗因にしては、成長した部分を正当に評価できなくなる。
もちろん、勝ち点が必要な状況なのだが、今日の相手も加味しないといけない試合だった。
名古屋戦から続けて失点してはいるが、贔屓目でもなく、負け惜しみでもなく、戦いぶりはレベルがあがっている。
それは事実だ。
「今日はそこを評価してあげよう」なんて甘い言葉を吐く気は毛頭ない。
そんなこと今言ったら、今までの繰り返しになるのは間違いない。
そんなことしているヒマはない。
だが、次の部屋への扉は目の前に見えている。
もちろん、隣の部屋が期待以上の明るさを備えていると過信はしない。
だが、その部屋に入れたら、今までの苦難(苦難と言ったら、また過信となるだろうが)の一部は財産となって底上げになってくれるだろう。

 
その扉を大宮で開けよう。
いや、絶対あけてみせる。

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

全てはここから!とするため。ヴォルティス、再発進はアウェイで追いついてドロー。

2014 J1リーグ戦 第15節 2014年7月19日(土)
 

名古屋グランパス  1  -  1  徳島ヴォルティス
得点:(名古屋)前半27分 田中マルクス闘莉王
    (徳島)  前半37分 高崎寛之

 
そんな簡単に目覚めるとも思っていないが、それでも進歩は見えた。
結果は満足できないところがあるが、それでは選手たちにはちょっと酷だろう。
高崎の同点ゴールは見ていてスカッとした。
PKは残念な失点だったが、判定に不満を感じる以前に、パスを通され時点で失点だと思った方がいい。
あの後ズルズルいかずに、10分後には高崎が決め返してくれたわけで、その展開は意味がある。
シュート数の差が示すように、終盤の展開が示すように、まだ差はある。
満足してはいけないが、愚痴をこぼすのはもっといけない。
全てはここから。
そう思うことが今は大事だ。

 
中断期間で積み上げた成果を評価するのはまだ早い。
というか、今でも一試合ごとに積み上げていくようでないと残留はおぼつかないのだから。
勝たなきゃいけない相手のハードルは上がっている。
だが、こちらの上昇がハードルの上昇に追いついていないのも事実だ。
今は。
 

ここから先、スピードを上げていけるかは自分たち次第なんだろう。
選手の頑張り、フロントの仕事だけではなくて、我々の側もアタマを捻って割り切ってやらないといけない。
その点ではね、自分は我々はまだまだと思った。
皆が感じている逆に感じている部分があると思う。
自分の方が正しいかは、それもわからないけど。
時間と経験がもっとあった上で判断すべきなのかもしれないし。
それは今シーズンだけではなくてね。これから先、10年とか掛けた話でもね。

 
次はすぐ来るし、次の相手は浦和だ。
平日開催なのがちょっと残念だが、最大限の結果と収穫を得られるように(祈)
自信を持って!

| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

天皇杯サッカー2回戦

天皇杯サッカーといえば元旦の国立競技場での決勝戦であった。
それがいかに特別な試合であるかはサッカーファン、そしてクラブのサポーターなら言うまでもない。
だから、応援しているクラブがこのタイトルを獲得した時の喜びはホント一生モノ。
今回からは残念なことに決勝は元旦ではなくなり、国立競技場での試合はない。

 
たぶん、そのうちそれにも慣れるだろうけど...。

 
今日は久しぶりに日立台でサッカーを観ました。
柏レイソル対ファジアーノ岡山ネクスト。
2回戦はJ1クラブ対大学や、JFLクラブの対戦が注目されます。
柏レイソルも過去に国士舘大学や、FCホリコシなどに負けたことがあります。
ヴォルティスの場合は東海大学に負けました。
もっといろんなとこに負けてるって?
その辺は思い出すのやめときましょ。
今日の試合も勝ったけど、酷かったんでしょ。
お客さんも入らなかったみたいだけど、お客さんが入らないのはどこも同じだから気にしない、気にしない。

 
Jクラブのサポーターからしたら、JFLや大学のクラブ相手に苦戦するのもあり得ないと思っている人が多くいるんでしょう。
JFLクラブからすると、ここで勝つと地元での注目が高まって、試合にお客さんが大勢来て...J入り、なんて皮算用しちゃう人もいるんでしょう。
私なんかはJクラブもJFLもサポーターやってたんで、両方の気持ちが見える部分もあります。
面白い大会ですよね。
ただ、私は以前からアマとプロは分けて大会やってもいいと思ってます。
アマ日本一を決める大会があった方がいいと思うんです。
天皇杯サッカーの一番面白いとこはジャイアントキリングであることは間違いないんですけどね。

 
今日は奈良クラブがベガルタ仙台に、関学大がヴィッセル神戸に、そして幾度も天皇杯サッカーを制してきた鹿島アントラーズをソニー仙台が下しました。
勝ったみなさん、おめでとうございます。

 
ファジアーノ岡山ネクストも勇敢に戦いました。
ただ暑い中で最初から飛ばし過ぎたかもしれません。
前線からディフェンスラインにプレッシャーを盛んにかけていましたが、柏のワイドなパス回しに振り回されているうちに動きが重くなりました。
すると下がってゾーンで全員で守るように。
まだ1失点で前半を折り返せたら勝機はあったんでしょうね。
前半終了近くになるとそんなプランが見えました。
でも前半終了直前に茨田の突破からのシュートを浴び、GKが弾きましたがそこをレアンドロに合わされて2失点目。
これが大きかった。
中盤でのパスカットや奪取からカウンターでチャンスは作りましたが、シュートにはなかなかいけませんでした。
結局、レイソルの試合を観に来た人には印象を残せなかったかな。

 
下部リーグのサッカーも面白いって意見は当たってると思います。
Jリーグだけがサッカーではないです。
でもね、舞台が大きくなったときにお客さんに自分たちの記憶を刻めないと、それこそ負けだと思うんだよね。
自分たちの何かをお客さんに持って帰ってもらわないとね。
下部リーグのサッカーを愛していて、下部リーグのサッカーだって面白いって言う人はたくさんいて確かに面白いとも思うんだけどね。
でも、逆に自分たちの枠に籠ってしまっている気もするんだよね。
見ればわかるとか、喰わず嫌いだからダメとか言わないで、わかってもらう何かがもっと必要だよね。
何故面白いと思ってもらえないのか?
わかりやすく感じられない面白さだからなんだと思う。
それをわかりやすく彼らは表現できていないからなんだと思う。
それはイコールつまらない、と同じなんだよ。そう思わないとダメなんだよ。深く知れば面白いって気づく!って言ってしまうとしたら、それは放棄負けと同じだと思う。
今日の試合観てて、そう思った。人の記憶に自分たちを刻めないのなら下部のチームが、この大会に出る意味ないと思う。

| | コメント (0)

2014年7月 7日 (月)

7月になりまして...

最近はあまり記事にできるような大きなイベントがなかったため、記事を書かずに7月を迎えました。
ワールドカップはテレビで観ていますが、記事にするほど印象に残るような試合はないかな。
ベスト4が決まりましたが、自分的には早くJリーグが始まってほしいな、と思っています。
先日は、生のサッカーに飢えてしまったのでフクアリにジェフ千葉 対 松本山雅を観に行きました。
試合の内容はともかく、やっぱり生のサッカーの空気はいいです。
今週末は天皇杯サッカーで日立台に行くので楽しみにしています。

 
今月末には大宮でヴォルティスの試合もあります。
中断期間中の補強は清水から村松選手が加わりました。
もう少し人が欲しいところですが、補強が望んでいるようにならないところも今のヴォルティスなんだと思います。
金さえ積めば誰でも来てくれるわけではなく、選手はモノではなく人なので、サカつくみたいにはいきません。
他のクラブの選手たちからも魅力のあるクラブに見えるようになる必要があります。
それはフロントの仕事である比重はかなり高いですが、クラブの魅力は我々ヴォルティスサポーターの魅力でもあると思います。
皆でそこをもっと大事に考えて何かしないといけないのかな。

 
最近気になったサッカーネタはザスパクサツのサポーターが処分を受けたニュースですかね。
発端は秋葉監督の会見での発言にあるようです。
私も読みましたが、確かにアレを言われたら怒るサポーターはいるでしょう。
ただ、私が読んで受けた印象では、普段言いにくいことを言葉を選んで言っているように見えました。
言いたいけど言うと揉めるだろうとわかっていて、それでもあのタイミングで言わないといけないと思ったのでしょう。
ザスパクサツは今そういう状況なんだと思います。
秋葉監督はヴォルティスの選手時代にサポーターのイベントに来てくれたりした人ですから、サポーターの立場を比較的理解してくれる人です。
だからかなり言葉を選び、言いにくいことでも言おうと決めたんだと思います。
ただ、そういう意味までは組んでもらえず(それもわかります)、騒動になってしまいました。
残念ですね。
発言を説明したり、謝ってもらうにしても、もう少しやりようがあればいい方向に向いた気もするんですが。
ザスパサポーター側にも事情はあるんでしょうし、その辺はこちらではわからないのですが。

 
バスケットボールではいくつかトピックがありました。
6月28日(土)に千葉ジェッツのブースターミーティングに行きました。
いろいろなことを話し合った中で、公認の応援団組織について打診がありました。
どこまでの範囲でどこまでのことができるかはこれからの部分がありますが、私個人的には結構腹を括ってやらないといけないだろうと思っています。
そう考えると開幕まであまり時間がないのですが、急ぎ過ぎても応援団が組織として機能しないと思うので、ムダに時間を使わないようにしないといけないでしょう。
今週末にまたミーティングがあります。
この一週間で考えてきたアイデアを提案して議論できたらいいなと思います。

 
選手のトピックでは小野龍猛選手が日本代表に選出されました。
ジェッツの目指す目標の一つが達成できた感じがしてうれしいです。
このまま代表に定着してほしいと思います。

 
今日はこの辺で。
ちょっと刀根さん記事に力を使いすぎてガス欠気味かもしれませんね。

と、こんな記事を書いている最中に柿谷曜一郎のバーゼル移籍のニュース!おめでとう、ガンバレ。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »