« ヴォルティス、新戦力初陣も敗戦。次節のホーム初勝利への糧に。 | トップページ | 次も勝つ!それだけ。ヴォルティス、新潟で4度目の上昇への機掴む勝利。 »

2014年8月17日 (日)

ヴォルティス連敗!ショックは大きいが、だからこそ今大事なこと。

2014 J1リーグ戦 第20節 2014年8月16日(土)
 

徳島ヴォルティス 0 - 3 横浜Fマリノス
得点:(横浜)前半27分 中村 俊輔(PK)、前半30分 ラフィーニャ、後半45分+2 ラフィーニャ

 
またホームで勝てなかったねとか、もはや禁句だね。
冗談はともかく、というかそんなこと言える状況でもないけど。
とにかく、完敗だった。
後半投入したアドリアーノが効かなかった、というかバランスが変わって却ってマリノスのプランに嵌ってしまった。
2点リードされた状態で、後半アタマからアドリアーノ入れて攻撃にイッて...後半シュート1本だもんね。
前半もミス絡みで2点奪われてるわけで、そのやられ方も引き摺るやられ方だった。
中断明けからの勝ち点の積み重ねを支えてきたのは守備の向上だったわけで、そこで今日みたいなミスからの失点を積んでしまってはどうしようもない。
マリノスに楽に勝たせてしまった。

 
少なからずショックが大きい敗戦だ。
中断明けて、確かな成長を感じていた中での連敗だしね。
もう連敗なんてできないし、連敗するような低いレベルじゃないと思っていた人もいると思うしね。
それが甘いとは思わない。
勝たないといけない状況が理解できていない人間はいないだろう。
絶対残留したい!とみんな思っている。
そんな状況下で、今日みたいな負け方というか、叩きのめされ方をされると気持ちにさらに余裕が無くなるし、刺々しくなるよね。

 
ただね、あらためて考えてほしいのは、何のために残留したいのかということ。
去年、何のために昇格したかったのかと少なからずリンクするだろう。
ひとことで言えば、こういう状況だから一度アタマを冷やして冷静になれということだ。
気持ちの余裕がなかったり、アタマに血が昇ってたり、凹んでいる状況では、素が出やすい。
それが周りにどう見えるかだ。
選手のために戦っているサポーターなのか?
クラブのエンブレムの基に戦っているサポーターなのか?
サポーターのために戦っている選手なのか?
徳島という地域のために戦っているのか。
最前で戦う選手とサポーター、残留という同じベクトルは向いているのは考えるまでもない。
だが、何のために残留したいのか?何故残留したいのか?という点はどうだろう。
そこで気持ちを共有できていないと、ここからの戦いで得られるものは大きく違ってくるよ。
何も得られないどころか、失うかもしれない。
それはよく考えてほしいね。
これは自分の経験から確信を持って言えることだから。
勝ち続けないと満たされないサポーターになってしまってはいけないよ。
それは自分を弱くしていくだけだからね。

 
私も残留は絶対にしたい。
残留したときに手に入るものは、言葉では評価できない価値があるものだからだ。
ただ、それは今季残留できれば手に入るわけではないし、残留し続けてもいつもまでも手の中にあってくれるものじゃない。
勝ち続けてもいつもまでもあるものでもない。
負けても手に入ることもかなりのケースである。
つまり、価値を決めるのは自分たち次第ってことだ。
ここからの残留レースを戦う経験の価値のね。
それは確信を持って言える。

 
ここから試されるのは選手たちよりも自分たちだってことだ。
ここ1~2週間感じたことから、こう言わせてもらう。
それは確信を持って言える。
何故なら降格レースを身近で感じた経験が何度もあるし、何度か失敗した経験も私にはあるからだ。
そういう経験は自分が一番あるんじゃないかなと思ってる。

|

« ヴォルティス、新戦力初陣も敗戦。次節のホーム初勝利への糧に。 | トップページ | 次も勝つ!それだけ。ヴォルティス、新潟で4度目の上昇への機掴む勝利。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、新戦力初陣も敗戦。次節のホーム初勝利への糧に。 | トップページ | 次も勝つ!それだけ。ヴォルティス、新潟で4度目の上昇への機掴む勝利。 »