« 水浸しの鳴門。ヴォルティス、またもホーム初勝利を逃して悔しきドロー。 | トップページ | ヴォルティス連敗!ショックは大きいが、だからこそ今大事なこと。 »

2014年8月10日 (日)

ヴォルティス、新戦力初陣も敗戦。次節のホーム初勝利への糧に。

2014 J1リーグ戦 第19節 2014年8月9日(土)
 

清水エスパルス 1 - 0 徳島ヴォルティス
得点:(清水)後半24分 村田 和哉

 
この原稿を書いている現在、台風が徳島を直撃中であります。
皆さまが無事でありますよう、清水から戻っている途中での無事を祈っております。

 
ここ3連戦の位置づけというのはとても重要で、中断期間の修正、補強も含めた上での成果を出さないといけなかった。
大宮ではそれがカタチになった。

 
やはり先制点は大きい。
他にもいろいろ理由はあるが、”勝つ”という点に絞れば先制点が取れるかということ。
そして、そこに至るチャンスを以下に数多く作るかが勝ち点を得られるかの鍵になるとあらためて痛感する。
逆転できる力が十分あるならいいが、今のヴォルティスに大きな爆発力は期待できない。
守れる力は確実にアップしている。
何よりも安定してきているので、先制点に掛かる重みはかなり高い。
そこで守備をどう攻撃につなげていくイメージを持っていけるかが、ここからの課題だとも思う。
試合を見ていてブロックはできていて、機能もしているのだが、ちょっと守りの意識が高すぎかなとも感じた。
前からプレスにいく選手もいるが、チームとして連動したプレスではなく、奪いどころが低かった。
ただ、そこを劇的に変えて前から行くようにするとバランスが崩れるので、守備の仕方は基本今のままで攻撃の精度を高める方が結果に結びつくだろう。

 
アドリアーノは攻撃に貢献してくれる。
昨日の試合でも感じているが、高崎に依存している部分が高すぎる。
度々、相手DFの狙い撃ちにあって、傷む高崎が目に入る。
今、彼が負傷したらそれこそジエンドだ。
その前にアドリアーノを機能させられる組織作りをしないといけない。
昨日のスタメンから、スタート時であれ途中交代であれ誰かを外さないといけない。
ポジション的には一輝になるのだろうが、昨日もちょっともったいないなあとは感じた。
長い時間試合に出して慣れさせたい側面もあったし、3トップにするには早くて時間帯的にも仕方ない交代だったかなとは思うけど。
佐々木、アドリアーノの連動も見たい。

 
次はマリノスとホームで。
今度こそホーム初勝利を。
負けたけど、内容は後退していない。楽観視できる内容ではないけどね。
ホームで勝てば大きく変わる。
だから次こそ大事。
この一週間を大事に準備してほしい。

|

« 水浸しの鳴門。ヴォルティス、またもホーム初勝利を逃して悔しきドロー。 | トップページ | ヴォルティス連敗!ショックは大きいが、だからこそ今大事なこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水浸しの鳴門。ヴォルティス、またもホーム初勝利を逃して悔しきドロー。 | トップページ | ヴォルティス連敗!ショックは大きいが、だからこそ今大事なこと。 »