« ヴォルティス、勝負処で出たミス、出なかった勇敢さ。そしてここから先。 | トップページ | 今日はスコアだけ書きます。 »

2014年9月24日 (水)

恐れと弱さ。ヴォルティス、FC東京に完敗以上の完敗。

2014 J1リーグ戦 第25節 2014年9月23日(火)
 

FC東京 4 - 0 徳島ヴォルティス
得点:(東京)前半33分 河野 広貴、後半7分 エドゥー(PK)、後半32分 武藤 嘉紀、後半45分+1 渡邉 千真

 
コバさんは、アタッキングサードまでいってからチャレンジしてくれなかったとか言っていた。
そうなら、その理由は選手たちにはわかっているだろうか?
シュート2本ながら4失点では幼稚園児でも勝てないことはわかる。
この状況にまず言いたいことがあるとすれば前節と同じだ。
”もっとリスクを冒してでも勇敢さを持って先制点にこだわってほしかった。”
失うものなどないはずだが、それでも恐れを抜けきれないのだろうか。

 
残念ながら、こういう試合が続くようでは白旗を上げるしかない。
さすがに4失点したところで相方の旗を畳ませてもらった。
試合終盤、旗振り隊の3人で話し合った。
もしかして点を取った時に旗が振られないのはよくないとの意見からその場で旗は畳まないという結論に至ったが、もう1点取られたら畳むとの意見は言わせてもらった。
できればそれが裏目に出ればよかったが残念ながら後半は最後までシュートは放たれなかった。

 
今のヴォルティスは恐れと弱さに支配されていると言ってもいい。
戦えるはずの実力がありながら苦しんでいる状況ではなく、明らかに力不足の上にやられることへの恐れが乗っているように見える。
ただ上位は望めないまでももう少しやれるはずなのだが。

 
こういう状況に陥ると負のメンタルは選手たちだけでなく応援する側にも広がっていく。
大きな落胆が、そういう状況を作っていくのは他のチームでも、過去20年のJリーグの歴史でもいつも見てきた光景だ。
だから試合後に選手に言いたいこと言うのは止められない。
そうさせてあげないといけないという判断もある。
選手たちもさすがにあの試合では何を言われても仕方ない。
ただ、起きてもいないことを広げるのはみっともない。
そう見えたのだろうから全否定はしないが、それは気持ちの弱さからでる行為でしかない。
あの試合の直後で気持ちの強さを持つのは無理だ。自分だって旗を畳んだのも弱さからだと言える。
それでもその弱さを誇張や事実でないことで盛ってはなお自分たちを弱くしていくだけだ。
弱さを認めることへの恐れに負けている。

 
大宮戦のあとに起きた事件も引き起こした根底は屈辱への恐れからだ。
そこを挑発した連中に衝かれたのだ。
挑発して怒らせ手を出させることが目的だった可能性もかなりある。
過去そういう挑発は何度もみているからだ。
先に手を出させれば、あとはリーグやクラブ、そして世間が悪者にしてくれる。
試合に勝ち、相手サポも潰せれば完勝だろう?
自分はこの事件をそう見ているけどね。
ただ、やはり起こすべきではなかった。我慢するのは困難であっただろうし、結果論ではあるけどね。

 
降格が近づいてくるチームはこういうことが起きる。
どこのチームでもこういう状況に選手、サポーター共にこらえるのは難しい。
傷が残って終わるのは避けられない。
問題はそれをどう糧にできるかだ。
糧にできない、続けられない状況を作ることだけは避けてほしいね。

 
ただ、ダメなものは人もモノも必ず潰れるし、潰れていいと自分は思っている。

 
最後に。
自分として津田に言いたいこと。
批判を受けるのは、それは君の存在感ゆえだ。
そうじゃないと言う人もいるだろうが、自分はそう思う。
他のチームでもFWで、それまでチームを事実上引っ張ってきた選手はチームの窮状では批判にさらされる法則にある。
北島秀朗はそうだった。
やはり君がやってくれないとチームに勢いはつかない。
やれていない現状では批判されるのが免れない。他の選手よりキツイのもだ。
だが、それが君のブランド力なのだ。
FWの宿命なのだ。
やってやるという意地だけでどうにかなるほどJ1が優しい環境ではないことはわかっている。
君もJ1でやっていた経験があるんだからわかるだろう。
きみがいたグランパスでも今の君が晒されている状況を経験していた選手はいたはずだ。
君はやるしかない。
プロレスラーのブルーザー・ブロディが亡くなる前年だか、日本でのインタビューでこう答えている。
「年も取ったし、もうプロレスを楽しめる時期は既に過ぎている。だが、私はブルーザー・ブロディという名前(のブランド力)を守らないといけない。」
君はやるしかない、他の選手より。
やれなければ失望が他の選手より大きいのは仕方ない。それが津田知宏という選手なんだよ。

 
とはいえ、誹謗のような批判をすることまで肯定するわけでもない。
それは自分の未熟さと弱さが現れだということは言っておく。
それをする経験の中での成長も待っている場合もあるが、そうできるかも本人次第だ。
そういうところで恐れと弱さに負けていたら終わるよ。
おじさんサポが現場で学んできたことから言わせてもらうとね。

|

« ヴォルティス、勝負処で出たミス、出なかった勇敢さ。そしてここから先。 | トップページ | 今日はスコアだけ書きます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、勝負処で出たミス、出なかった勇敢さ。そしてここから先。 | トップページ | 今日はスコアだけ書きます。 »