« 今日はスコアだけ書きます。 | トップページ | 悲しき雨とデジャブ。ヴォルティス、レッズに敗れ、いよいよ...。 »

2014年9月28日 (日)

千葉ジェッツ、新シーズンスタートへ。課題残るPSM。

2014年9月28日 船橋アリーナ

プレシーズンマッチ
千葉ジェッツ 94 - 95 仙台89ers

 
船橋をホームとしているプロバスケットボールチーム、千葉ジェッツが新シーズンへの序走を始めました。
先週は台湾に遠征して、2014 Kwen-Fu Cup 国際バスケットボールトーナメントにリンク栃木と参加。
決勝戦まで進みましたが、同じく決勝に進んだリンク栃木に敗戦。
参加した他の台湾のチームが弱かったので、リンクとの試合以外意味なかったのですが、そこで残念な敗戦でした。

 
そして今日、船橋アリーナで高校バスケットのWinters Cupの決勝戦の後に仙台89ersと対戦しました。
ジェッツは新戦力として日立サンロッカーズから西村文男を、新外国人として和歌山から長身のリック・リカートを獲得。
そして過去獲得の噂もあったJBことジャスティン・バーレル、そしてJBとは高校時代からのメイトでもあるパリス・ホーンを獲得しました。
新外国人はNBA経験やNBAロスターにかなり近いキャリアもあり、かなり西村選手と加え、補強としてはかなり充実したメンバーが加わりました。

 
仙台との試合は統合を目指す日本バスケットボール界において、各チームが行っている交流の一つでもあり試合をするだけでも意味があります。
今日のレフェリーも懐かしいbjリーグ時代の知っているレフェリーさんとNBLのレフェリーさんの混成でした。

 
応援についても今季はジェッツとブースターとの間でコミュニティサークルを約2週間に1回のペースで開催してファンと会議を行っています。
昨日も船橋アリーナで開催。
急なスケジュール通知でもあり参加人数は少なかったですが、試合開始前の音楽について議論しました。
こういう機会これだけ多く持ってくれるプロスポーツクラブは有りがたいことで、私もよく参加して意見を出させていただいています。

 
こういうふうに千葉ジェッツを取り巻く環境は大きな変化が周りからも、中からも起きていて、今季はある意味勝負のシーズンです。

 
今日の試合は新戦力のお披露目と言え、また無料で観戦できるので多くのファンに今季のジェッツに期待してもらえるために重要な機会でした。
新戦力としてはリカートは20点以上のスコアをマーク、西村は3Pを随所で決めるなど活躍しました。
JBも十分ではありませんでしたが期待できる活躍をしました。パリスはもう一つだったでしょうか。
昨季からのメンバーでも宮永、そして若手の石井が存在感を示しました。
一色翔太が出場しなかったのだけが残念でした。

 
前半は互角に競り合いながら、3Qの後半にペースを握りリードを10点以上に広げ、理想的に逃げ切る試合に出来ていました。
しかし、4Qでまさかの逆転を許しました。
4Q序盤に仙台の3Pへの対応が緩く、またオフェンスでも攻めきれなかったことで残念な逆転負けを呼び込んでしまいました。
残り5秒切ってから3Pを決めて最後は1点差にしましたが、前半の試合運びでも感じていた試合運びの稚拙さが悪い形で結果に出てしまいました。
この敗戦をよく見返してもらうには十分時間があること、bjとのルールの関係もあり仙台とオンザコートの外国人の数が違ったこと、小野龍猛が日本代表で不在なことなど、格段に不安を覚える現状ではありません。
前向きに捉えましょう。

 
あとは応援。
仙台の応援はかなり熱くていい応援でした。
こっちは...普段のスタンディングエリアがなかったとはいえ..て感じを強く感じました。
応援は完敗でしたね。
甘えちゃってるのかもね。

 
来週、ティップオフフェスタがあり、その翌週には開幕です。
準備をモノの面でも、気持ちの面でもピッチを上げて整えていかないといけません。
いろいろ難しい面が私的にもあるのですが頑張っていきます。
Dsc_0577

Dsc_0588

Dsc_0590





|

« 今日はスコアだけ書きます。 | トップページ | 悲しき雨とデジャブ。ヴォルティス、レッズに敗れ、いよいよ...。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はスコアだけ書きます。 | トップページ | 悲しき雨とデジャブ。ヴォルティス、レッズに敗れ、いよいよ...。 »