« 渦帝一家の夏旅行!2014夏(その四) | トップページ | 低い質、そして一昨年から何も変わっていないことへの失望。もっとも... »

2014年9月 8日 (月)

リーグ戦のない、この週末いろいろ

ヴォルティスの試合がないので他のことをネタにちょこっと書きます。

 
サッカー日本代表はアギーレ監督を迎え、ウルグアイ相手に試合をしました。
田中順也くんが呼ばれていたことに試合が始まってから気づくという失態。
しかもやってるとこ見たことがないインサイドのハーフで使われていました。
順也くんが本来どこのポジションが知らないはず、というか周りが教えないはずもないので、ちょっとした実験というか試験であのポジションで使われたんでしょうね。
確かに効いていなかったと思いますが、周りも総じて活きてなかったように見えました。
もっとも、上で書いた通りいろいろ試したのだと思うので、選手が固定されてきたら何か見えてくるでしょう。

 
日曜日はナビスコカップ準々決勝はレイソルとマリノスを観に行きました。
マリノスのは例のバナナ事件のため、横断幕はなく、太鼓一個だけでの応援になっていました。
マリノスは中村、ラフィーニャ、中町らを怪我で、栗原を出場停止で、斎藤もスタメン回避の上、ホームで1-2とリードされた状況でした。
それでも立ち上がりから激しいプレスでレイソルを押し込み続け、中澤選手のヘッドで先制点を奪い、その後も惜しい場面を何度も作りました。
非常に勇敢だったなと思いましたが、最後で決められなかったことが響き、少ないチャンスでしっかり決めたレイソルに1-3で敗戦。
トータル2-5で敗退となりました。

 
印象に残ったのは試合後のマリノスゴール裏でした。
上にも書きましたが横断幕もない中、自分たちの中で起きたことでこういう状況下で選手たちに試合をさせてしまい、そして敗戦。
何か言いたげながら、今は何も言えないように見えて、実にせつなそうでした。
自分にも似たような経験が何度もありますから、なんとなくそう感じました。
事件の当事者は最低でも仲間たちにああいう敗戦を体験させてしまったことは詫びないといけないでしょうね。
もうゴール裏とは縁が切れてしまっているかもしれませんけどね。
「それが選手のためになるのか」という問いはベタだけど大事なこと。
そして仲間のためになっているのかということ。
もしかしたら仲間は許してくれるか、罰する側がオカシイとか同調してくれるかもしれないけどね。

 
まあ、他のチームのことだからとはあまり言うべきじゃないのだとも思うけどね。

 
日曜日、ナビスコの前にジェッツの事務所にてコミュニティミーティングで応援や演出についての話し合いに参加しました。
千葉ジェッツは今季いい補強をしています。
特に外国人はいいケミストリーがあるようです。
何でも10代から互いを知っているコンビがいるようで、もう一人の外国人選手も含め3人ともNBA級に近い実力があります。
開幕が楽しみですが、試合前や試合中の音楽でどんな演出、音楽がいいのかをかなり熱心に話しました。
私もいくつか演出や曲のアイデアを持ち込みました。
サッカーとは違う形、変にこうあるべきとか枠を決めないで、やっとことのない、やられたことのない演出などをやってみたいと思ってます。
ミーティングの位置づけは演出を決めるところまではないので、細部や何故そうするかの理由なども、これからのミーティングで説明できたらいいなと思っています。
サッカーとは競技の置かれている状況が違うので、それはそれで考え概があります。

 
前日、土曜日は家族とディズニーシーへ行きました。
8年間続いた水上ショー、レジェンド・オブ・ミシカが日曜日にフィナーレを迎えるので、その前に見納めしたいなと思って行ってきました。
日曜日は混むだろうし、天気も悪そうだったので土曜日にしました。
それでも十分混んでいましたけど。
少なくとも2万人は鑑賞している中、スケールの大きなショーはこれまでと同じ進行で同じようにレベルの高い内容でした。
私にとっては、ミシカは確かに好きなショーでしたが、それほど思い入れがあったわけでもありませんでした。
でも最後の鑑賞だと思うと、少し込み上げるものはありました。
それはミシカのショーそのものの力だったんだと思います。というかあらためてそう感じました。
惜しむ声は多々ありますが、終わることを受け入れる方がいいと思っています。
どんなことでも転換期は来ます。
8年も続いていて、ずっとパワーを失わないものであっても。
これは人も同じ。
自分にとっても。

|

« 渦帝一家の夏旅行!2014夏(その四) | トップページ | 低い質、そして一昨年から何も変わっていないことへの失望。もっとも... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渦帝一家の夏旅行!2014夏(その四) | トップページ | 低い質、そして一昨年から何も変わっていないことへの失望。もっとも... »