« 悲しき雨とデジャブ。ヴォルティス、レッズに敗れ、いよいよ...。 | トップページ | Bar・MARIKOの酒は時代の唄声の味がする。 ~刀根麻理子@Bar まいどおおきに »

2014年10月 6日 (月)

千葉ジェッツ、いよいよ来週NBL開幕。

地元船橋を本拠とするプロバスケットボールチーム、千葉ジェッツは2シーズン目になるNBLの開幕をあと1週間で迎えます。
4日(土)にはイオンモール船橋で全選手のお披露目とも言えるティップオフフェスタを開催しました。

 
先日のプレシーズンマッチの記事でも書きましたが、客観的に見てもいい補強ができた千葉ジェッツ。
今年は...20連敗はないでしょう。あ、いやそれは冗談ですが。
チームはプレーオフ進出をまず目標としていきます。
現状はまだチームの仕上がりは十分ではないと個人的には思っています。
レジー・ゲーリーHCのチーム作りはディフェンスが重要なのですが、先日の試合も失点し過ぎでした。
また、日本代表でずっとチームを離れていた小野龍猛がまだ2回しかチーム練習に参加していないことなどが不安材料でもあります。
とはいっても、開幕ロケットダッシュはないだろうというレベルでもあり、カンファレンス優勝は現状では宣言しにくいですが、プレーオフ進出は必達と言っていいと思います。

 
チーム作りは本当はそれほど心配していません。

 
実際心配なのは、どれだけの人が今シーズンのジェッツを観に来てくれるか?
それも新しいファンの獲得がどこまでできるのか?
まるでフロントの人間みたいなこと言ってますが、ジェッツコミュニティサークルはそういう責務があるんだと思いながら出席してアイデアを考えたり発言しているつもりです。
正直、サッカーに比べて厳しい状況にはあるので、本当の勝利とはそっちにある気が強くしています。

 
それから...島田社長にも話したんですが”慣れ”が不安材料だと思っています。
どういう意味かは、あえて自分の中だけに留めますけどね。
個人的には、日程が被る状況の中で、真逆の状況にある2チームでどう気持ちを切り替えつつこの時期を乗り切るのかが課題です。

 
まずは代々木第2での日立サンロッカーズとの2連戦から。
どんなシーズンが待っているのでしょうか?

Dsc_0613

Dsc_0606_2

|

« 悲しき雨とデジャブ。ヴォルティス、レッズに敗れ、いよいよ...。 | トップページ | Bar・MARIKOの酒は時代の唄声の味がする。 ~刀根麻理子@Bar まいどおおきに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悲しき雨とデジャブ。ヴォルティス、レッズに敗れ、いよいよ...。 | トップページ | Bar・MARIKOの酒は時代の唄声の味がする。 ~刀根麻理子@Bar まいどおおきに »