« 神は微笑みかけて、結局知らんぷり。ヴォルティス、またもホーム初勝利は遠く。 | トップページ | ホームで勝利を。ヴォルティス、ホームゲームはあと2つ。 »

2014年10月22日 (水)

降格。それでもヴォルティスのサッカーは続く。

2014 J1リーグ戦 第29節 2014年10月22日(水)

 
 
セレッソ大阪 3 - 1 徳島ヴォルティス
得点:(徳島)前半15分 オウンゴール、後半25分 楠神 順平(PK、後半37分 カカウ
    (神戸)前半8分 衛藤 裕

 
この試合についていえば、ディフェンスのミスで失点を繰り返したことが残念ではありました。
ちょっとした冷静さや判断などのレベルが足りてないのだろうと思います。
でも、それでも彼らは全員我がヴォルティスの選手たちです。
我らのためにピッチで戦ってくれたのです。
残念な試合になることは確かに多かったですが、選手たちには感謝したいと思います。
もちろん、まだ今季の試合が残っているということもわかっている上で。

 
選手たちにも、監督にも、スタッフ陣にも、フロントの人たちにも感謝します。
昨年プレーオフまで進出し、そして勝ち抜いてくれたからこその今日なのであり、勝ち抜けずJ2に居続けた方がよかったなんて思いません。
昨年があるからこそ今季があるのであり、今季があるから来季につながるわけです。
全て選手たち、監督、いろんな人のおかげです。
そしてヴォルティスのサッカーは続いていきます。

 
サポーターの仲間の皆さんも誇らしいと思います。
いろいろあったし、選手たち、フロント、互いに上手くいかない時間も多くて、真剣に戦っているのは自分たちだけと思ってしまうときもあったと思います。
実際のところは一人一人思っているところは違うし、本人にしかわからない、人には見せていない気持ちはあるでしょう。
それぞれの中で、今季ここまでのことが自分の積み重ねになってくれると思います。

 
簡単には気持ちの整理はつかないですが、またここから頑張っていこうと思います。
自分がやれると思うところまでヴォルティスのサッカーに付いていこうと思います。

|

« 神は微笑みかけて、結局知らんぷり。ヴォルティス、またもホーム初勝利は遠く。 | トップページ | ホームで勝利を。ヴォルティス、ホームゲームはあと2つ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神は微笑みかけて、結局知らんぷり。ヴォルティス、またもホーム初勝利は遠く。 | トップページ | ホームで勝利を。ヴォルティス、ホームゲームはあと2つ。 »