« 開幕からの成長。ヴォルティス、J1で身につけたもの。 | トップページ | 首位日立に連敗、ジェッツどこに差ある?そしてロボッツクライシス。 »

2014年11月30日 (日)

意地を見せる舞台は整った。ヴォルティス、きっとやれると信じろ。

2014 J1リーグ戦 第33節 2014年11月29日(土)
 
 
ベガルタ仙台 2 - 1 徳島ヴォルティス
得点:(仙台)前半5分 太田 吉彰、後半13分 菅井 直樹
    (徳島)後半32分 橋内 優也

 
残留争いに身を置くベガルタにとってこの試合は極めて重要だっただろう。
ここにきてボーナスゲームが来たのでラッキーだったと思ってるとはさすがに思わない。
もちろん、それは選手のことで、サポーターは試合前から助かったと思っていた人はいるだろうけど。
まあ、それはいいや。


試合開始直後に失点しては今のヴォルティスでは難しい。
後半途中まで失点がシュート数を上回っていた。
1点返せたのは素直に良かった。
那須川と橋内という、これまでも流れを変えたり勝利に絡んでくれた2人であったが、逆に言うとこの2人の他に結果に結びつけている選手の少ないこと。
これではなぁ。

  
あらためて感じたのは、降格争いに身を置いているチームが相手でも差がハッキリとあるんだなということ。
その差とそれを生み出しているものを整理して理解するのはなかなか難しいと思う。
今季は、開幕前の補強や、クラブの考えたJ1を戦い抜くプランが大外れだったことで屈辱的なシーズンで終わろうとしている。
この屈辱は来季以降の力にしてもらわないと困る。
この差を埋めるために何が必要なのか?
それがこのクラブでどこまで出来ることなのかということはあるだろうが、この経験を無駄にしてしまうことだけは許さない。
今季恥をかかされたからというためではなく、この先の未来を創っていくために。

 
ここ数試合のスタメン選考には少なからず疑問もある。
それは雑誌に書かれている監督が来季続投濃厚と言われていることと関係しているのかはわからない。
そうであるなら、無駄に試合を消化しないでいてくれることを切に願う。

 
ヴォルティス的には既にシーズンは決している状況ながら、サッカーの神様というのは悪戯好きなものだということ。
最終戦を前にガンバ大阪は単独首位に浮上した。
ここ数試合のガンバの勢いは誰にも止められない状況だ。どっかで聞いたような表現だが。
そんなガンバ大阪のリーグ優勝を賭けた、シーズン3冠の2冠目を賭けた試合が鳴門でヴォルティス相手に行われることとなった。
J2時代でもそうだが、ここまでの対戦成績は思い出したくないくらい分が悪い。
サッカーの神様がヴォルティスのことをどう思い、この舞台を設定したのかはわからない。
だが、ポジティブに捉えるなら、今シーズンの総決算としては最高の舞台が用意されたと思うべきだろう。
勝ったとしても目の前で優勝セレモニーを見ることになる可能性は、鹿島も考慮すればかなり低いが、ある。
それでも優勝争いの最終局面で役者に選ばれていることをポジティブに捉えよう。
ここで意地を見せるしかない。

 
たぶん、鳴門はガンバサポーターにジャックされるだろう。
負ければ、自分たちのクラブの見たくもないセレモニーの前に、長々と歓喜の歌を歌われ、皿を掲げて万歳三唱する姿を延々と見せられる可能性が高い。
セレモニー見ずに帰ることはできるが、自分たちのホームスタジアムに相手サポーターを残し、長々と歓喜させておくことはプライドの放棄に等しい。

 
状況は客観的に見てかなり苦しい。
だが、これ以上の舞台はない。
最後に意地を見せよう。
J1クラブとして疵を残してやろう。
忘れられない悔しさを相手の顔に刻んでやろう。
やれる、絶対やれる。
それだけ信じて最終戦に挑め!

|

« 開幕からの成長。ヴォルティス、J1で身につけたもの。 | トップページ | 首位日立に連敗、ジェッツどこに差ある?そしてロボッツクライシス。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開幕からの成長。ヴォルティス、J1で身につけたもの。 | トップページ | 首位日立に連敗、ジェッツどこに差ある?そしてロボッツクライシス。 »