« マイ・スイート・渦帝ダービー。 | トップページ | 危機感を持とう。千葉ジェッツ、アウェイでリンク栃木に連敗。 »

2014年11月 9日 (日)

アウェイで貴重な2連勝。千葉ジェッツ、勝ち星先行。

2014年11月08日、9日 ノーリツアリーナ和歌山

2014-2015 NBL第5節
8日 和歌山トライアンズ 72 - 89 千葉ジェッツ
9日 和歌山トライアンズ 60 - 75 千葉ジェッツ

 
トヨタに大きな一勝を挙げた翌日は修正してきたトヨタに完敗した。
前日ファウルアウトしたギブソンに活躍されたことも大きい。
ただ、今節トヨタはリンク栃木に連敗しており、プレーオフ進出で競り合う相手になりそうなトヨタに1勝1敗だったことはポジティブに捉えたい。
アウェイでの2試合は非常に大事になるだろう。

 
今節はアウェイで和歌山トライアンズとの2連戦。
昨年はプレーオフ決勝まで行ったトライアンズも昨年勝てなかった相手だ。
そして昨年主戦力だったリカートは今はジェッツにいる。
マイケル・パーカー、川村卓也はいるが、木下勲は海外挑戦のため退団している。
また、運営基盤にも不安があり、そのためかここまで昨年の勢いはない。
開幕戦からは熊本、新加入の広島に3連勝したが、広島との2戦目以降は5連敗中で去年のジェッツを見ているようだ。

 
初戦は3P成功率でランキングトップの石井講祐が3Pショットを決めまくった。
10本打って7本成功。この日両チームダントルの23Pをあげて主役に躍り出た。
宮永が欠場したが、役割は違うが石井がチームを牽引してくれた。
NBLTVでも見ていたが、トライアンズはジェッツのオフェンスを捕まえ切れなかったように見えた。
4Qはやらせてしまった雑な締め試合になったが、トライアンズ戦は初勝利となった。

 
トヨタ同様初戦は取ったことで2戦目をどう戦えるかは大事なテーマだった今日。
前半は和歌山がリードするが、互いにスコアが伸びずリードされるもまずまずの差で折り返す。
後半は3Q終盤に逆転に成功。
4Qは5分過ぎまでトライアンズを2Pに抑え、その間に突き放した。
この日はジャスティン・バレルが27Pと活躍して2連勝に貢献した。

 
和歌山は川村がプレーできずパーカーが頑張っているが負担が大き過ぎたのかもしれない。
選手の数も足りているとは思えない中でこれからもしばらく厳しい状況は続きそうだ。
ちなみにトライアンズの今季のHCはジェッツの初代HCのエリック・ガードーだ。
トライアンズは専用アリーナを持っている羨ましいチームでもあるが、現地アウェイに行った人の情報では地元での知名度はイマイチのようでもったいないことだ。

 
さて、勝ちこして終われたことは大きい。
次節は今一番勢いがあり、優勝候補でもあるリンク栃木とのアウェイである。
ここで一つは勝っておきたい。
序盤戦のヤマ場が始まる。
リカートも宮永も戻ってきそうなのでいよいよ勝負である。
昨年よりレベルアップしているジェッツだが、リンク栃木も昨年より強い。
だがそれほどに差はないと思うので、ディフェンスをしっかりし、ミスで流れを失うことがなければと思う。
石井講祐の才能も開花してきているので、NBLにジェッツありを印象付けたい。

|

« マイ・スイート・渦帝ダービー。 | トップページ | 危機感を持とう。千葉ジェッツ、アウェイでリンク栃木に連敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイ・スイート・渦帝ダービー。 | トップページ | 危機感を持とう。千葉ジェッツ、アウェイでリンク栃木に連敗。 »