« つくばロボッツの件に関して。 | トップページ | リック・リカート、リターンズ。千葉ジェッツ、苦しい接戦を連勝! »

2014年12月 7日 (日)

精一杯の意地と、胸一杯の悔しさと。ヴォルティスのJ1ファーストトライは終わる。

2014 J1リーグ戦 第34節 2014年12月06日(土)
 
 
徳島ヴォルティス 0 - 0 ガンバ大阪

 
できる限りのことはやったと思う。
精一杯の意地は見せた。
ガンバにばかり注目が集まり、ガンバが勝つシーン折込での地上波放送だった。
そのため意地を見せつける相手がガンバとそのサポーター以外にもNHKにも広がった中で。

 
鳴門の徳島サポーターは寒いのに表彰式とかバカ騒ぎのあとまで待たされ、待たされるセレモニーも待っているわけではないからきつかったよね。
目の前で優勝されるってのはこうなるから仕方ない。
逆は最高なんだけどね。

 
最後までホームで勝利できなかったことは悔しい。
舞台としては最高で、そして目の前に勝利が横ぎったとは思うんだけど、掴むまではいかなかったね。
J1ホーム初勝利は次回上がったときになんて言えない。それは別物の勝利だ。
やり損ねたのだ。これは拭えない悔いとして残る。

 
ただ、いろいろ思いはあってもこれでとりあえず一年が終わったわけで、もうこれ以上ピリピリするのは自分たちにとってよくない。
サポーターもオフにはしっかり心と体を休ませた方がいい。
結構貴重な時間になるだろう。
来年になるとすぐに次のシーズンが目の前にやってくる。
今シーズンの悔しさを忘れてはいけないが、どうせ思い出せるから一か月くらいは忘れても大丈夫。
だから、みなさんお疲れさまでしたといいたいです。
というよりおやすみなさいの方がいいかも。

 
サッカーは続きます。
この先のことはわからないけど、今までのサッカーの世界の事例からならまたきっとチャンスは来ます。
きっとまた。
 

|

« つくばロボッツの件に関して。 | トップページ | リック・リカート、リターンズ。千葉ジェッツ、苦しい接戦を連勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つくばロボッツの件に関して。 | トップページ | リック・リカート、リターンズ。千葉ジェッツ、苦しい接戦を連勝! »