« 意地を見せる舞台は整った。ヴォルティス、きっとやれると信じろ。 | トップページ | つくばロボッツの件に関して。 »

2014年12月 1日 (月)

首位日立に連敗、ジェッツどこに差ある?そしてロボッツクライシス。

2014年11月29日、30日 八千代市市民体育館

2014-2015 NBL第7節
29日 千葉ジェッツ 70 - 78 日立サンロッカーズ東京
30日 千葉ジェッツ 60 - 70 日立サンロッカーズ東京

 
今節は両日とも欠席だったこと、NBLTVの放送もなかったので結果しかわかりません。
開幕で連敗した日立にまたも連敗してしまいました。
初日は序盤からリードを許し、2日目は前半リードして折り返すも後半は圧倒されて逆転負けでした。
地力の差と言ってしまえば簡単ですが、両日とも違う展開で敗戦しているところを見ると、修正力の差が大きいかなと感じます。
引き出しの数と言うといいかな。
ジェッツはベストを発揮できないとダメというか、長所を消されたり弱点を突かれるとダメみたいな感じかな。
東芝戦や、トヨタ戦の敗戦などを見ても、まだまだチームとして成熟度が足りないかな。
怪我人も多くて辛抱時と社長も言っていたので、もうしばらく頑張りましょう。

 
さて、今日届いた驚くべきニュースはつくばロボッツの所属選手11人がチームの新しい運営法人と契約締結に至らず自由契約になったというニュース。
つくばロボッツが経営危機に瀕していることはシーズン始めに明らかになり、NBLが管理下に置いて新運営法人の設立に動いていました。
新運営法人設立の目処は立ち、選手たちを契約交渉をしていたようなのですが、岡田 優介選手ら11人と締結に至らず、交渉期限が切れたため自由契約となってしまいました。
新法人の提示した条件がこれまでの条件より悪かったとか、新法人が信用できないとかいろいろあるのかもしれません。
新法人の正体も見えてこない状況ではわからないことだらけです。
この事態は千葉ジェッツにとっては重大な事態で、実は今週末アウェイのつくば戦なのです。
この一週間で急転直下で契約締結に至る...可能性は...うーん。
しかも6日(土)には幕張新都心イオンでつくば戦のパブリックビューイングも予定されていて...。

 
ダメになったらヴォルティス-ガンバ戦でも流してもらいますか。

 
シーズン途中でこういう事態って想像つかなかったですね。こういうこと起きるんだなあ。
リーグ統合などの問題解決が難航して、FIBAから制裁を受けたり、当事者たちのここに至っても他人事な姿勢なのとか、いろんな意味でバスケ界って未成熟だなあと感じます。
今週末試合は開催されるのか?

|

« 意地を見せる舞台は整った。ヴォルティス、きっとやれると信じろ。 | トップページ | つくばロボッツの件に関して。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意地を見せる舞台は整った。ヴォルティス、きっとやれると信じろ。 | トップページ | つくばロボッツの件に関して。 »