« 2015Verのヴォルティス。移籍戦線で勝利できるか? | トップページ | 新しい10年後へヴォルティス再スタート。 »

2015年1月13日 (火)

1月のスポーツいろいろ。

2015年を迎え二週間経ちました。
正月休みが明けたかと思ったらすぐ3連休が来て、いろいろなスポーツも盛り上がっています。
高校サッカー、バスケのオールジャパン、サッカー日本代表のアジア杯開幕。
そしてJリーグも移籍戦線がかなり賑やかでした。
千葉ジェッツにも人の動きがありました。

 
10日はさいたまスタジアムに高校サッカーの準決勝を観に行きました。
あえて12日の決勝ではなく準決勝にしたのは3つ理由があります。
決勝ほどに混雑しないだろうということ。
2試合観れるということ。
そして何より決勝に出たいという気持ちがどのチームにも強く出るので準決勝は面白くなると思っているから。
実際、面白く観戦させてもらいました。
星稜高校は攻撃陣の馬力が高く、ボールを持って前を向かせると日大藤沢高のディフェンス陣には荷が重かったかもしれません。
もちろん、ただ馬力だけのチームではなく、しっかりした技術がその馬力に上手く噛みあっているから強いのでした。
優勝しましたがそれに値するチームだったと思います。
対抗するには準決勝第2試合のチームを観ている中では、前橋育英の方が星稜高には対抗できるかなと感じていました。
地元の流通経済大柏も粘り強い守備ができるチームでしたが、攻撃の形が未完成っぽくて、星稜に対抗するには割り切った戦い方じゃないと活路がないように感じました。
前橋育英の方が技術的には高くて、対応力も高そうだったので、PKとはいえ決勝に進んだのが前橋育英だったことは決勝戦を面白くしたと思います。
星稜高は攻撃力に比して守備陣は弱点かなとも感じていて、そこを突いてチャンスをモノにできそうなのも前橋育英だなとその時感じました。
実際、決勝では一時逆転してリードしました。
準決勝と逆で、リードして追いつかれたことは効いたかもしれません。
4点目のゴールは見事でしたね。
準決勝は26,000人超、決勝は46,000人超。
関東勢が3校も残ったこともありましたが、相変わらず人気が高いなあと感じました。
座って観ていると周囲でもベテランのファンの人がしつこくない程度にいろんなことを言っていて(自分もそう)妙に気があって「ああですよね、こうですよね。」とか会話になったりして楽しかったです。

 
バスケのオールジャパンは準決勝、決勝がこの3連休でありました。
決勝に進んだのは日立東京と広島ドラゴンフライズ。
正直、ジェッツが敗退した時点で興味は失ってしまったのですが(私はバスケ<チーム(ジェッツ)、選手<チーム(ジェッツ)と考えるタイプ。サッカー者はその傾向が強い。)今日はテレビでも少し観ました。
広島は今シーズンからのNBL参戦ですがいきなりの決勝進出。
HCがちゃんとチームを活かせてるのだろうと感じました。ただ優勝するには日立の方が成熟していたと思います。
ジェッツも来年以降このタイトルをいつか獲りたいです。
ただ、私にとっては今のジェッツはタイトルよりスタジアムを満員にする目標の方が重要に思います。
そして大勢の若い人に千葉ジェッツも見てもらいホームゲームに通ってもらいたいです。
和歌山トライアンズが今大会敗退後に運営会社の倒産という事態を迎え、ザワザワした中での大会になったのは残念でした。
また決勝の日が他のスポーツ、特にサッカーと被ってしまったこと(高校サッカーは毎回のことですが)で新聞記事の扱いに差が出てしまったことは残念ではあります。

 
そんな千葉ジェッツからはGの一色翔太がつくばロボッツへ期限付き移籍となりました。8日の発表です。
12日からつくばの練習にも参加し始めています。
ショータはジェッツ初年度からの選手で、bj時代はスタメンもありましたが、チームがNBLに移り、HCがレジー・ゲーリーに変わってからは出場機会が圧倒的に減ってしまっていました。
端的に言えば、レジーの構想に入っていないという感じです。
まだ若いので、出場機会を得られるのであればまだまだ伸びる選手です。
だからつくばへの移籍は彼にとってはとてもいいことだと思います。
そして成長してジェッツに戻ってきてほしいと思います。
そうすればジェッツ内での競争も高められるし、ジェッツにとってもいいことだと感じます。
ショータはファンの人気が高いのでザワザワする人もいますが、使われない状況でベンチに置いておくことは彼にとってもチームにとっても不幸です。
チームと契約するのはフロント、最終的には社長が決定することです。
試合に使うかはHCが決めることでフロントは介入できません。
使われてない選手にどこかからオファーが来たのなら、当事者の選手にオファーの話をするのは義務です。隠すことは罪です。
今回は完全移籍ではなくレンタル移籍であり、よりプレー機会・時間が得られる可能性のあるチームに行くことの選択肢を与えることもフロントの仕事だと思います。
ファンが多いんだから移籍させるのは許せないというのは私は理解できません。
柏レイソルで北嶋英朗がロアッソ熊本に移籍したときに書いた記事での一文ですが、これしかないと思います。

 
(抜粋)
自分の力でその名に相応しい力を示し、実績を挙げ続け、ポジションを勝ち取っていかないといけません。
それができなければ、人々の記憶に残り続けることはできても、人々の目の前から消えなくてはならないのです。

 
記事もリンクします。よかったらご覧ください。「バンディエラの涙」2012年5月26日の記事

  
そうならないために5月までにつくばでつくばのファンのためにも勝利を導かないといけませんし、ジェッツのファンのためにも自分はやれる選手だと実績をあげて証明しないといけません。
ショータは今、そこに立っているのです。
それがプロスポーツプレイヤーなのです。
ファンも選手もそこの厳しさをベースに選手を見ないといけません。
でないと、立場だけプロの肩書きであるとしか言えません。
頑張れ、ショータ。
自分を証明するんだ。

Koukousoccer001


Shota001

|

« 2015Verのヴォルティス。移籍戦線で勝利できるか? | トップページ | 新しい10年後へヴォルティス再スタート。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015Verのヴォルティス。移籍戦線で勝利できるか? | トップページ | 新しい10年後へヴォルティス再スタート。 »