« アメイジングゲーム!千葉ジェッツ、トヨタに逆転勝ちで4位浮上。 | トップページ | ジェッツ、アイシン戦連敗も得たもの、見えた課題、見せつけた力、そして超えるべき山。 »

2015年2月23日 (月)

ジェッツ、アウェイで三菱を連破し6連勝。次節は大大一番。

2015年2月21日、22日 愛知県体育館

2014-2015 NBL第19節
21日 三菱電機ダイアモンドドルフィンズ名古屋 76 - 89 千葉ジェッツ
22日 三菱電機ダイアモンドドルフィンズ名古屋 75 - 88 千葉ジェッツ

  
今年の交流戦は東高西低のようで、ウェスタンカンファレンスの首位を独走するアイシンですら交流戦はここまで3勝3敗である。
今季ここまで5敗(28勝)のうち3つは交流戦で喫している。
AJでも千葉ジェッツに初戦で敗れている。
三菱電機ダイアモンドドルフィンズ名古屋、名前が長いので三菱は最近の交流戦では全敗して急ブレーキ中だ。
理由はよくわからないが、6チーム中3位以下4チームが勝率5割を割っているように実力の差がハッキリしていて緊張感の高いライバル関係がアイシンと三菱以外にないことも影響しているかもしれない。
千葉ジェッツは昨季三菱には一勝もできなかった。もっともそれは三菱に限ったことではないが。
今季スタートこそ躓いた千葉ジェッツだが、成長はここにきて確実に相手チームへの脅威となってきている。
三菱をアウェイで連破したことは他のチームにとって、驚きとはいかないまでも、見る目を完全に変えさせたと思う。

 
常に試合でリードして2試合をこなしきれたことはあらためて成長と実力の証明になった。
ディフェンスが安定してハイレベルで機能していることもあるが、オフェンスでも大事なところで相手にダメージの大きなショットを決められるようになっている。
小野龍猛も22日には17PTSをあげ調子を上げている。
そして、次節が心配であるが、エースの西村が2Q終盤に負傷して下がった後も試合の主導権を握り続けリードを広げて勝ち切った。
正直、1勝1敗でも良しと思っていたので、いい意味で裏切られたというか、見誤っていた。
次節は大きなヤマとなるアイシン戦である。
西村が気がかりだが、チーム全体の力が増している今なら自信を持って戦える。
アイシンもAJの借りを返しにくるだろう。
だが、今こそジェッツの力を証明する機にしなくてはいけない。
この先、バスケ界には大きな動きが起きる。
ここ最近、川淵さんの発言から見えてくるものは、バスケ界のありとあらゆるものに波を被せようとしている。
安穏としていても生き残らせてはくれない。
5000人のアリーナはあくまで例えだ。
それが理解できていて、本気で備えられるところだけが生き残れる。それはチームもファンも同じだ。
強くならないといけない。
次節、ジェッツはそれを地域社会にも証明できるチャンスである。
大大一番である。
今、そうできるかをジェッツ自身が握っているのである。

|

« アメイジングゲーム!千葉ジェッツ、トヨタに逆転勝ちで4位浮上。 | トップページ | ジェッツ、アイシン戦連敗も得たもの、見えた課題、見せつけた力、そして超えるべき山。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメイジングゲーム!千葉ジェッツ、トヨタに逆転勝ちで4位浮上。 | トップページ | ジェッツ、アイシン戦連敗も得たもの、見えた課題、見せつけた力、そして超えるべき山。 »