« ヴォルティス、もはや戦術以前の問題。全てが崩壊寸前の今、言いたいことは...。 | トップページ | ヴォルティス、光明は見えずも、強い意志で勝利掴む。斉藤の思いはどう届く? »

2015年4月14日 (火)

千葉ポートアリーナをついに攻略。千葉ジェッツ、プレーオフに向けて上昇中。

2015年4月11日、4月12日 千葉ポートアリーナ

2014-2015 NBL第27節
11日 千葉ジェッツ 72 - 66 三菱電機ダイアモンドドルフィンズ
12日 千葉ジェッツ 75 - 60 三菱電機ダイアモンドドルフィンズ

  
今節は試合を見れていないので簡単に。
水戸で酷くて、騒々しい試合を終えて、大急ぎでダブルヘッダーの会場へ向かっていました。
ところが、途中でとある重大なトラブルが発生したことの連絡があって急いで家に帰らなきゃいけなくなりました。
結局、翌日もそのトラブルの対応で一日使ってしまったのでバスケは見れませんでした。
トラブルは私には理由はないんですが、なぜか文句を言われたこともあり少しキレてしまいました。
なおさらジェッツ行きたかったなあと思いましたが、こんなふうに行けないこともあります。
なにせサッカーのシーズンも始まって被ってますからね。
まだシーズンが終わったわけじゃないし、行ける試合もあるし。
自分自身は何も変わっていないし、変える気もないし、怒るものには怒るし、喜ぶときは喜ぶし、誰よりも戦う気でいるし。

 
千葉ポートアリーナは今まで勝てていない会場でした。
勝てるときはこんなもんなんでしょうが、ジェッツと三菱の力関係はアウェイでもホームでも証明できたことは大きな意義があったと思います。
年間で30勝も達成したし、上江田勇樹も戻ってきたし、プレーオフに向けて体制が整備されてきていると思います。

 
次はアイシンとのアウェイ戦。
プレーオフ初戦の相手とな可能性の高いアイシンと、同じアウェイというシチュエーションで戦えるのは貴重な機会です。
勝利を掴むだけでなく、相手の研究もしっかりと成果に挙げてほしいと思います。

|

« ヴォルティス、もはや戦術以前の問題。全てが崩壊寸前の今、言いたいことは...。 | トップページ | ヴォルティス、光明は見えずも、強い意志で勝利掴む。斉藤の思いはどう届く? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、もはや戦術以前の問題。全てが崩壊寸前の今、言いたいことは...。 | トップページ | ヴォルティス、光明は見えずも、強い意志で勝利掴む。斉藤の思いはどう届く? »