« 千葉ジェッツ、本拠地を船橋市に決定。 | トップページ | ジェッツ、ポートアリーナ4連勝。広島との小さくて大きい差を見せつける。プレーオフ、新リーグも動き。 »

2015年4月28日 (火)

いまできる限りのことをしてのドロー。ヴォルティス、今は殻を破るまでの我慢の時。

2015 J2 第9節 ニッパツ三ツ沢球技場
横浜FC 1 - 1 徳島ヴォルティス
(得点)横浜:79' 小野瀬 康介
     徳島:31' 内田 裕斗

 
オウンゴールではあったが、意義のある勝利を掴んだ前節から続くのは関東でのアウェイ。
最年長ゴール記録を更新し続ける三浦カズ擁する横浜FC戦だ。
個人的にはJFL時代、特に創設期の横浜FCに対しては複雑な感情もあり、いまだに勝ちたい相手だ。
横浜FCからの勝利で一番思い出に残るのは佐藤が終了直前に決勝ゴールを決めた試合だ。
初めて対戦したときは世間の注目を浴びていて、JFLなんぞ腰掛けでしかないみたいな空気を漂わせながら無双の戦力でやりたい放題だった悲劇の解散からの復活クラブが横浜FCだった。
大塚FCは戦力的にもまだ苦しい時代で、初対戦時には”なめんなよ”という気持ち満杯だった。
戦力さはいかんともしがたく完敗したときは悔しくてしかたなかった。
そういや、アレを掲げたのもあの試合が初めてだった。
今はそんな生い立ちがあったクラブであることもクラブのサポーターですら薄らいでいるだろう。
運営もクラブ当初からは代わり、今や私と同い年の三浦カズがクラブそのものの代名詞だ。
ヴォルティスもプロクラブへと代わり、一度だが昇格も果たし、当時の私の感情もすっかり思い出の隅っこにしか居場所はない。
もはや劣等感を感じるような関係ではない。

 
状況は少しづつだが好転はしつつある。
もっとも水戸戦のとき以上の酷い状態は想像がつかないが。
京都に勝てたことは少なからずいい影響を与えてくれたと思う。
試合を通じて、失点して試合を壊すようなミスはこの2試合ではなかったと思う。
ただマイボールにしているときの組み立てがまだ苦しく、相手ゴールに背を向けてボールを貰う形が多く、振り返ってボールを出す相手を探すようなケースが目立った。
横浜FCは、というか他のクラブは皆ある程度できているが、受け手がボールを受けるための前動作、出し手との呼吸などにリズムがあった。
ヴォルティスはまだそこのリズムが悪い。
悪いなら、前がボールを収めて起点になってくれれば助かるのだが、長谷川は期待しているほどには競り合いに勝てていない。
収まらないので、後ろから押し上げられない。
なかなか攻撃の時間が創れない、繋げないという状況に陥る。
どんな形の経由でもいいので、木村がいい形で前を向いてボールを持てる状況を作れれば、攻撃がフィニッシュまでいく機会も増えると思う。
そこに至るにはまだちょっと時間が掛かりそうだが、前述の長谷川もそうだが、それぞれが自分のプレーのテンポや、カラダを張るところでもう一歩踏ん張ってくれれば、正直勝つまでの道筋が練られているように思えない戦術も効いてくるように思える。
前半は先制点は斉藤と内田の息があったところでいい形で取れたが、そういう狙いを幾度も狙うところまではいかなかった。
リードし、無失点て終えられたが、かなり嫌な臭いがしていた。

 
ゴール裏の応援も若い青緑の血が前に出て、毎試合一生懸命にやって、新しいものを築き上げている段階だ。
まだ、スタートしたばかりだし、これまでの主力(現状もまだまだ主力だが)のメンバーに存在感で追いつき切れていないが高い熱意で頑張っている。
人を引っ張っていくことは応援活動以外にも普段の生活や、仕事でもいい影響を与えてくれる。
人がついてくるような人間になるころには顔つきが変わる。
そういう男を一人知っている。今は疎遠になっているが、彼は今も現役でリーダーだ。
その男がお手本とは言わない。
それぞれに成長したときの人の出来上がりは変わるからね。
アベくんなんかもあるときから顔つきが変わった人の一人だ。
そういう漢に若い青緑の血がなったときのゴール裏が楽しみだ。

Dsc_1940


Dsc_1945


Dsc_1951

|

« 千葉ジェッツ、本拠地を船橋市に決定。 | トップページ | ジェッツ、ポートアリーナ4連勝。広島との小さくて大きい差を見せつける。プレーオフ、新リーグも動き。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、本拠地を船橋市に決定。 | トップページ | ジェッツ、ポートアリーナ4連勝。広島との小さくて大きい差を見せつける。プレーオフ、新リーグも動き。 »