« ヴォルティス、散々な前半から持ち直してドロー。どうにかドローはいいかげんに。 | トップページ | 7戦無敗から7戦未勝利へ。ヴォルティス、チャンスは作るも、質の差で敗れる。 »

2015年5月18日 (月)

ヴォルティス、内容あるドローではあったが、最後に決めるためののパワーが足りず。

2015 J2 第14節 味の素スタジアム
東京ヴェルディ 0 - 0 徳島ヴォルティス

 
ドローから勝利へ突き破るためには何が必要なのか。
試合前までなら、いろいろ思い浮かぶことは多い。
一番いろいろ浮かぶのは前節の試合直後だろう。
もっとも、誰かのせいで終わってしまう人も多いだろう。
そういうレベルのものも含めて、いろいろ悩むことはサポーターの特権である。
正直に言って100%な正解はないモノであるが。
ヴォルティスの場合、状況が状況だけに、表に出るもの出ないもの含め、正解にすがりたくなる。
もし自分の考えが正解だったらと思うとそれがチームに反映できたらと思うのは当然だし、どのクラブであれ、殆どそういうものは反映されないからイライラするのは当然だ。

 
この日、まるは氏が最初に気付いたのだが、キムラがアンカーをやっていたように思う。
木村にアンカーとして攻守の起点になってほしかったのかもしれない。
前半の序盤は右サイドからディフェンスを崩してゴールに迫るシーンが連発された。
ただ、長谷川が決められなかったなど最後の場面で問題が出てしまった。
アンカーに起用した木村はポジション的に考えても難しい位置取りだったと思うが、前に出ていく機会が抑えられてしまい、期待している木村の良さは逆に出なくなった。
もっともエステバンを前列に置くことの”功”は、それを補って余りある存在感を示す場面は多かった。
奪ってからの最初のパスをカットされたり、マイナスに下げてしまうなど残念な場面もなくはなかったが、彼が奪ってからリズムが生まれると攻撃の迫力は一気に増すので今後も今の位置でプレーしてほしい。
それは一つの正解だと思う。
問題は彼の隣と後ろ(アンカー)に誰を置くかで、多くの人は木村を隣に置きたいと思うだろう。私もそう思う。
濱田がアンカーというのは、彼には申し訳ないが不安の方が高い。
濱田の良さはちゃんとあるだろうし、多くの試合でスタメンで使われていることからも、監督の信頼があるんだと思うが、正直今日も期待に応えてくれた気がしない。
アンカーは斉藤さんという選択肢が一番いいのだろうが、ベストというには、これも申し訳ないが、他に人材がいないからと言えなくもない。
それで結果に繋がれと確信できないところが一番悩ましいところだ。

 
互いの監督の采配はなかなか面白いモノがあった。
後半序盤、前目に人数を掛けてきたように見えたヴェルディに再三決定的ピンチを作られ、波状攻撃にも晒されたが、佐藤投入からリズムを奪い返した。
前半からずっと、いやそれ以前の試合から思っていたが、長谷川のところでボールが収まらず、ワンタッチではたいてはパスミスになったり、ボールを落ち着かせようとする前に囲まれて奪われたりと、攻撃の起点になれていなかった。
佐藤はその点で長谷川よりずっとボールが収まったので、そこから攻撃にリスムが生まれた。
するとヴェルディは10番をつけながら存在感が薄かったブルーノ コウチーニョをDFの福井に代えてきた。
3バックにして佐藤と長谷川を2人で対応、センターを余らせ、サイドバックを高い位置に上げてきた。
するとヴォルティスは佐々木陽次を大崎に変えて左サイド、ウィングバックの背後を攻略しようとしてきた。
ヴォルティはこのあと、安田晃大とアラン・ピニェイロを投入し、勝負へ。
結果として両方とも勝ち負けはつかなかったが、この点は見ていて面白かった。
ヴォルティスは交代枠を一人残して終わったが、攻撃の選手を多く投入すれば、より攻撃的になって結果に近づくとは私は思っていない。
双方とも決定力が足りず、双方とも5試合勝ち星がないのは当然といえば当然な結果に終わったのだが、最後の決める部分は個でどうにかしてもらわないと困る。
そういう意味では長谷川は、私個人の感想として言わせてもらうが、”使えない存在”だった。

 
しっかり押し込み続けてあと一歩のところまでは、今日の試合に限っての感想だが、迫ったと思う。
ただ、そういう場面も含め、パワーと迫力が不足している課題はより浮き彫りになった。
個人的には長谷川にもっともっと頑張ってほしい。
ゴールを奪うことが最大の要求だが、それ以外の部分で期待に応えられていない。
そのことがチームの攻撃のリズムとパワーの足を引っ張っているように見える。
内容はここ5試合の中でも一番よかったと思うが、今のままでは今季は難しい。
だからと言って今日の佐藤にも過度に期待できていない。
もちろん、それでいいなんて全くない。
だから長谷川にはもっともっと身体を張る場面で相手選手と戦ってほしい
試合後、拍手している人も結構いたが、自分の感想としては、そんな気分にお世辞にもなれる試合ではなかった。
次はアウェイで札幌だ。
その次は磐田。
厳しい相手が続く。ここが序盤の一番の正念場だ。

Dsc_0016


Dsc_0020

|

« ヴォルティス、散々な前半から持ち直してドロー。どうにかドローはいいかげんに。 | トップページ | 7戦無敗から7戦未勝利へ。ヴォルティス、チャンスは作るも、質の差で敗れる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、散々な前半から持ち直してドロー。どうにかドローはいいかげんに。 | トップページ | 7戦無敗から7戦未勝利へ。ヴォルティス、チャンスは作るも、質の差で敗れる。 »