« リーグ最終戦、千葉ジェッツ、過去最高の4700人の大観衆の前で勝利の意味。 | トップページ | 千葉ジェッツ、プレーオフは悔しき敗退で今季終了。 »

2015年5月 6日 (水)

5戦無敗。ヴォルティス、修正力が身に付き始めるも...。

2015 J2 第12節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 0 ツエーゲン金沢

  
前節アウェイの大分戦では先制するも直後に失点を許してドローに。
ベレスのポジションを下げたせいもあったのか重心がなかなか上がらず苦戦した。
兵働が起用されることの予想が外れたのかどうかはわからないが、ベレスを兵働に当てられた流れは変わったかもしれない。
全てはタラレバだから、現状を考えると先制できたこと、負けなしを伸ばせたことをポジティブに捉えた方がいい。

 
GW最後の日はホームでの首位ツエーゲン金沢との対戦となった。
首位がツエーゲンというのは想像が簡単にはできないが、今日の前半を見ていると勢いがチームを試合ごとに成長させているのがよくわかった。
正直言っていいチームだった。
少々不可解なPKを受けてしまった後半よりも、前半の方が遥かに危なかった。
前半で失点していたらたぶん文句のつけようのない形だっただろうし、そこから逆転するのは気持ちも追い詰められただろうから難しかっただろう。
前半まずかったのは守備よりも攻撃、フィニッシュ以前の奪ってから切り替えところでのいろんな面でに”遅さ”が影響していたように思う。
奪ってからもっと早く前に繋ぎたいが、狭いところ、それも自陣で繫ごうとしたり、相手が寄せてきて空いたスペースができても受け手が入っていかなかったり。
結局苦しいボールの展開となって、奪われてカウンターを喰らうシーンもあった。
後半はその点がかなり修正されていた。今日の収穫はその修正力だっただろう。
ベレスとアレックスが左サイドで縦にパス&ゴーなどでチャンスメイクしたところはいい形だった。
決めきれなかったのは残念だが、攻撃の展開が相手の脅威となったことは相手の選手交代にも影響したと思う。
前節、終了間際に試合を決めて乗っているジャーン・モーゼルを使わせなかったことは、個人的には影響があったかなと思う。

 
PKは、正直「ないわ!」と思ったが、徹が”持ってた”ということで済ましておこう。

 
繋いてでポゼッションするなら、もっと受け手が頻繁に顔を出さないといけない。
そのためには運動量と判断のスピードが試合を通じて保たれないといけない。
ボールを走らせれば、人は動かなくていいなんて都合のいいことは幻想だ。
そこのところの質をもっとあげて、もっと保たないと壁は越えられない。
フィニッシュはもっと違うところにポイントがあると思うが、その前までは上記の頑張りがあればもっと造れる。
そうすればもっと楽になるし、結果も付いてきやすくなる、
労は惜しんでほしくない。
奪われた時の帰陣が遅い場面もあった。
そういうとこに見えてしまうのは残念である。

|

« リーグ最終戦、千葉ジェッツ、過去最高の4700人の大観衆の前で勝利の意味。 | トップページ | 千葉ジェッツ、プレーオフは悔しき敗退で今季終了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リーグ最終戦、千葉ジェッツ、過去最高の4700人の大観衆の前で勝利の意味。 | トップページ | 千葉ジェッツ、プレーオフは悔しき敗退で今季終了。 »