« 千葉ジェッツ、そしてバスケについて振り返ってみる。 | トップページ | 昭和の匂い。その向こうに父親が見えた夜。~クレイジーケンバンド@赤坂BLITZ »

2015年6月 6日 (土)

脱力感漂う敗北。ヴォルティス、佐藤が存在感示すも9戦未勝利。

2015 J2 第17節 レベルファイブスタジアム
アビスパ福岡 1 - 0 徳島ヴォルティス
【得点】福岡:68' 濱田 水輝

 
正直に言うが、佐藤は長谷川に期待し続けできないままでいることを早速やってくれている。
やろうという意志は長谷川もずっと示してくれていたが、できないだけだったので長谷川をそんなに責めていない。
が、できていたならもっと長谷川自身も結果を出せていたように思う。
長谷川に関してはもっと持ち味があるから、今後も期待する。

 
佐藤は武者修行した成長ぶりをいかんなく発揮している。
前線で収めてくれたり、サイドに流れてボールを収めてくれたり、もちろん、個でシュートまで持っていける。
ここ2試合で内容はかなり安定し、向上もしている。
相手が佐藤対策を練ってくるまでのしばらくは今のクオリティで試合ができるだろう。
だからこそ、今のうちに結果を手にしてチームに自信を取り戻したいのだが...。

 
前半はサイドに優位性を築いてそこからチャンスを作れていた。
佐々木陽次はサイドを突破して侵入できたし、そこに絡んで濱田にシュートにも結びついたりしていた。
ある程度福岡にとって想定内ではあっただろうが、FWでキーマンの中原に守備の指示を出したり、神山のセーブに救われたりと我慢を強いたと思う。
残念ながら我慢させ切ってしまったことが敗因になってしまった。

 
試合の質は安定はしてきている。
が、意外性はまだ十分ではない。
意外性を活かすにはもっとスピード感がないと難しいだろう。
個で意外性や飛び道具を持っている選手は今のチームには殆ど見当たらないからだ。
それに加えて、点を取る形のイメージが漠然としているし、類型的だ。
試合の主導権を握るために中盤を組み替え続けてようやく形が見つかったわけで、攻撃の形は正直未着手といっていい。
そういうのは開幕前にはイメージをチームに説明し、シーズン序盤までに固めるものだ。
が、そこんとこがキャンプで曖昧になって、開幕したらハズレたので迷走しているから今こうなのだと思う。

 
その状態で上位と当たると難しい。
それでも佐藤の頑張りもあったし、守備が安定してきたことで、ある程度のクオリティはあった。
それでも違いを出せる選手がいないこともあって拮抗した試合になった末に、セットプレーで先制されてしまい、以降は先制すると強い福岡に抑えられてしまった。
試合の主導権を握っていた前半にゴールを決めたかった。
後半は明らかに抑え込まれていた。

 
クオリティはあったが、勝つには今以上のクオリティが必要で、それに至る可能性を感じるほどの試合ではなかった。
それが非常に脱力感を強くさせている。
交代で何かが起きてきそうな匂いがしないこともさらに脱力感を強くする。
もっとも、これはチーム全体でクオリティに差がないからなのだが。

 
練習の質とか量の問題より、チーム戦術のイメージが曖昧なことと浸透度が低いことが今こうであることの最大の理由だと思う。
それを今さらどうにかできる薬があるのかというとなさそうなので、さらに脱力感を強くなりキツイ。
現状はアタッカーの補強くらいしか即効薬はなさそうだが...。

|

« 千葉ジェッツ、そしてバスケについて振り返ってみる。 | トップページ | 昭和の匂い。その向こうに父親が見えた夜。~クレイジーケンバンド@赤坂BLITZ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、そしてバスケについて振り返ってみる。 | トップページ | 昭和の匂い。その向こうに父親が見えた夜。~クレイジーケンバンド@赤坂BLITZ »