« 昭和の匂い。その向こうに父親が見えた夜。~クレイジーケンバンド@赤坂BLITZ | トップページ | 千葉ジェッツ、見えてきた新陣容。新シーズン、そしてその先へ。 »

2015年6月15日 (月)

内容の向上を語る時期は過ぎた、と監督はいつ気づく?ヴォルティス、10戦未勝利。

2015 J2 第18節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 2 - 2 カマタマーレ讃岐
【得点】徳島:85分 福元 洋平、88分 広瀬 陸斗
     讃岐:51分 永田 亮太、90分 藤井 航大

 
歓喜は一瞬だった。
個人的にはこの1カ月で3回は味わったシーンだ。ヴォルティスは内1回だが。

 
”悪くない”というのは今さら口にする言葉ではなかろう。
前進しているといっても、他のチームはもっと速く前進していることは気づいているのか?
それは置いていかれていると同じだ。前進と言えるものではない。
私にはファンやマスコミに真実をごまかしているだけでなく、自分をも騙して次の試合へのモチベーションにしているようにしか見えない。
もうお手上げなんだろう。そう言いなよ。コバさんよ。
哀れでしかないぞ。

 
優しいファンは敗因をあなたではなく、あなたの率いるチームに2シーズンに渡って苦渋を舐めさせられている我々サポーター、それもゴール裏の人間に押し付けてきたぞ。
あんたにはありがたいファンだよね。
これ以上負けてもあなたのせいにはならないよ。
あなたのせいにする人間は、逆に戦犯にされてしまうんだから。
もしここから好転すればあんたの功績になるんだ。
名監督の名を欲しいままだ。

 
もっと向き合えよ、現実に。

|

« 昭和の匂い。その向こうに父親が見えた夜。~クレイジーケンバンド@赤坂BLITZ | トップページ | 千葉ジェッツ、見えてきた新陣容。新シーズン、そしてその先へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和の匂い。その向こうに父親が見えた夜。~クレイジーケンバンド@赤坂BLITZ | トップページ | 千葉ジェッツ、見えてきた新陣容。新シーズン、そしてその先へ。 »