« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月30日 (木)

千葉ジェッツ、JPBL1部参入決定!

3年前のシーズン開幕前に開催されたブースターミーティングでのことだった。
島田社長が統合後のリーグで一部に参入することにジェッツの生き残りを賭けるとおっしゃった。
それが、本気で応援をしようと決心したきっかけになった。
その時、今の千葉ジェッツブースターとしてのアワン渦帝が生まれた。
そして今がある。
サッカーの世界では考えられないようないろんなことがあり、最近も起きたが、何とか今日を迎えられた。

 
その時のリーグ統合と、今回の新リーグへの統合はいろいろな点で、その当時想定していたものと違う。
その当時想定できなかったことも多い。
ただ、”生き残りを賭ける”という点では、一部に参入するんだという目標はブレていなかったし、ブレるような要素も起きなかった。
ジェッツは今日のために頑張ってきた。
もちろん、ゴールではなくスタートでしかないのだが、何もしなくても立てるスタート地点ではなかった。
多くの人がここに来るまでに関わり、そしてジェッツを去っていった。
居てほしかった人もいるし、今日のここに到達するために、正直言えば、自分が追い出したと思っている人もいる。
本当にいろいろあった。

 
でもスタートに立つ権利を得たに過ぎない。
全てはここからだ。
これからはホームゲームでは最低でも4,000人以上の観客を常に動員していかないといけない。
川淵チェアマンも今日言っていたが、5,000人動員できるアリーナが必須条件ではあるが、それがあればいいわけではない。
そこをお客さんで満員にし続けなければならない。
そのためには各チームとも現状の営業体制ではムリだとの話もあった。
そこに掛かる予算や人をどう集めるのか、どう育てあげるのか。
バスケ界ではどこも持っていないものをどこが一番最初に創り上げるのか。
そこも競争だ。
選手も、チアリーダーも社会的地位も上がるし、上げないといけない。
社会のロールモデルになるということが目標ではなく厳守すべきことになる、ならないといけない。
社会がそういう目で見るようになる。

 
ブースターと呼ばれるファンも今までの環境とは激変するだろう。
今までとまったく違う空気になり、居づらくなるかもしれない。
本気で応援してるの?応援する覚悟あるの?と問われる時代が来るだろう。
自分に何ができるか?何をするか?が大事になる。

 
大げさな、と思うかもしれないがそんなことない。
こうならないとプロバスケットボールはメジャーになれない。
それは日本のプロサッカーを20年以上見てきたからそう思えるのだ。
大きな波が来る。
それに自分の意志で乗らないとならない。
その気がなく、自分が楽しければいいなら、それでもいい。
でも乗ってくる人は先へいくだろう。
まだバスケを見たこともない人たちがこれから大勢現れ、そして波に乗ってバスケの世界をいきなり引っ張っていくのだ。
今までの人たちを過去のモノとして置いていくだろう。
車輪は回る。止まらない。止められない。

 
さあ、生き残りを賭けた本当の闘いが始まる。始められる。
生き抜くしかない。

| | コメント (0)

2015年7月26日 (日)

ヴォルティス、勝ち方を得だした結果の3連勝。ただ懸念はある。

2015 J2 第26節 石川県西部緑地公園陸上競技場
ツエーゲン金沢 0 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:17' 佐藤 晃大

 
夏場に来てようやく結果に恵まれだした。嬉しいことだ。
J1でも同じように前半苦戦を強いられ、監督をクビにしろと周囲が騒いでいたチームが勝ちだしたこと、スコアの内容が気味悪いくらい酷似している。
もっとも、いろいろ細部では違いがあるのだが。
結果が出だすと、振りかざした解任の斧の下ろしどころがなくなる。
私なんかそうだ。
とはいえまだ順位は15位で驚くような上昇と評価するには早すぎる。
もっとも、今季はコバさんで行くことは確定だろうし、どっかで謝ることになるだろう。
そういう状況になったときは、見方によっては望ましいことでもある。

 
前節でのジョンミンのゴール、そして前節での津田の怪我が重くなかったことはいいニュースである。
勝ちパターンができ始めたこともうれしい。ようやくだけどね。
その原動力が佐藤であることは誰の目からも明らかだろう。

 
ただ、懸念材料はある。
佐藤に依存している部分が大きすぎるからだ。
決定力に部分は依存というか、彼の役割だから当然だが、ディフェンス面、特にファーストディフェンスや、攻撃時の推進力の部分も佐藤に頼っている部分が多い。
つまり、佐藤にお願いしている仕事が多過ぎるのだ。
また、それだけの能力と献身の精神を持ち合わせている。
だから人気が高いのは当然なのだが、ちょっと依存度が高すぎて彼がバテたときにまたシーズン初めと同じ状況に逆戻りする危険性は孕む。
そのために既存戦力の底上げや、試合運びの見直しなどもしないといけないだろう。
そこはきちっと監督にはやってほしい。

| | コメント (0)

2015年7月22日 (水)

ジョンミンの豪砲で今季初の連勝。ヴォルティス、大事な”次”をモノにする。

2015 J2 第25節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 0 大分トリニータ
【得点】徳島:75' キム ジョンミン

 
今日が重要な一戦であることは選手もサポーターも共通の認識だった。
かなりの豪雨でピッチコンディションは難しい条件となり、我慢と先制点の勝負になった。
幾度か守備を崩され、ゴール間近に迫られた。
だが、長谷川だけでなくディフェンス陣も足を伸ばしてシュートを止めていた。
今日は大勢が守備の局面で戦えていたと思う。
大分も同じように頑張っていたが、今日はジョンミンの日であることが勝負を決めた。
見事なボレーだった。
正直言えば、最近は本心からジョンミンに期待している人はかなり少なかったと思う。
最初の決定機のヘッドが弾かれたときも、ああやっぱりかと思った人もいただろう。
だが、今日は違った。

 
カタールから同胞のキムキョンジュンが加入した。ポジションは同じFWだ。
もちろん持ち味は違うが、その存在はジョンミンを脅かすのは間違いない。
もしかしたらもう結果が出ているのかもしれない。
いや、そんなこと決めさせない、という強い気持ちが今日のジョンミンを動かしていたかもという見方はベタかもしれないが、全く無い話でもないと思う。
自分の価値は自分で証明するしかない。

 
ヴォルティスにとって勝利した次に当たる今日の試合はとても大事だった。
そして結果は出た。
ジョンミンにとっては次の試合が大事になる。
津田が経度と思うが負傷したことで次の試合に出番がある可能性は高い。
次もジョンミンの日になるのか?
サポーターとしてはキョンジュンにも期待しているだけに、ジョンミンにとっては後がない。
さあ、どうなる。

| | コメント (0)

2015年7月18日 (土)

ヴォルティス、今季一番の試合で快勝。しかし評価は次に勝ってこそ。今度こそ裏切るな。

2015 J2 第24節 シティライトスタジアム
ファジアーノ岡山 0 - 3 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:32' 木村 祐志、53' 木村 祐志、82' エステバン

 
3-4-3で挑んだことと、その中での前線からの守備が効果が大きかった。
久々に戻ってきたエステバンが大きな役割を果たしたのは言うまでもなく、奪うエステバンと決める木村が近い距離で試合を通じてプレーできたこともよかった。
岡山は終始ちぐはぐで守備時の個の局面で出遅れも目立ちカードの山を築いた。
ただ、それはヴォルティスが攻守共に試合開始から上手く岡山をハメたからであり、準備段階からのスカウティングと練習の成果であろう。
今日については監督、スタッフ、選手たちがいい準備をし、それを試合での遂行できたことに”さすがでした”と頭を下げるしかない。
それと比して岡山はうまくいかないとあんなにプレーが荒くなるんだね。
特に岩政は退場に値したと思う。

 
一時からくらべれば調子は上向いているのだろう。
ただ連勝できていないのは事実だ。
勝った次が大事とは何度も言い続けては失望させられてきたここまでである。
次のホームこそ裏切らないでほしい。

 
裏切りといえば...。
今週、私は酷い裏切りにあった。正確には私が大事にしている人たちが裏切られ、大事なものが汚された。
これ以上は書かないが、私はこのことを絶対に許さない。

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

負ける試合ではなかっただけに...。ヴォルティス、消せない甘さで試合を落とす。

2015 J2 第23節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 1 ギラヴァンツ北九州
【得点】北九州:75' 井上 翔太

 
決して負けるべき試合ではなかったと思う。
最低でも引き分けに持って行くべき試合だった。
豪雨でピッチコンデョションは悪かった。
前半も前線の2人にボールが届かず、押し込まれる時間帯も長かった。
危ないシーンもあった。
でも負けるほどに両チームのプレーの質に差があったとは思わない。
危ない場面はどうにか失点せずに済ませられていて、その後は落ち着かせられていただけに最悪ドローにもっていける試合だった。
しかし、結果は負け。

 
失点のシーンで、回された末にクロスを上げられ、背後から飛び込んできた相手に先に頭に合わされた。
その一連の場面でいくつかの人と人の対応があって、それぞれが少しヴォルティスの選手の寄せが甘かった。
結局、その甘さの積み重ねが最後のシュートを許してしまった。

 
もちろん、それだけで負けたわけではない。
気持ちが乗っていた時間帯もあったが、相手のDFを崩すところに行きつけなかった。
最後の局面でどうすればゴールに結びつくかはコレという答えがあるものではない。
シュートに行くべき場面ではだいぶシュートに行けていたと思うので、そこは継続してほしい。
崩し、そしてより確実に決められる局面を作るのは大事なことだが、そこに囚われすぎないでほしい。

 
本当に負けるべき試合ではなかっただけに残念だった。

 
さて、サポカンが開かれた。
人それぞれに不満を感じるところが違うと思うんだ。
サポカンで望んでいる答えが出なかったところもたくさんあるだろう。何もないという人もいるだろう。
でもこういう機会をそう有意義にするかのところで一歩踏み出す気持ちがないと、結局ただのファンイベントで終わらせてしまうと思うんだ。
それをフロントのせいだけにしていたらダメだと思うんだ。
これってね、選挙と同じなんだと思う。
やってほしいという意志、そこに参加できる人の権利の重み。
何も変わらないかもしれないけど、それでもチャンスなんだと思うんだよね。
そこはもっと活かしてほしいなあと、それって自分たち次第って思ってほしいんだよな。
行けない人間が言うのもなんなんだけどね。

| | コメント (0)

2015年7月 8日 (水)

アレックスが決めた今季アウェイ初白星。ヴォルティス、サンガに静かなる勝利。

2015 J2 第22節 正田醤油スタジアム群馬
京都サンガ 0 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:37' アレックス

 
前節はとても腹立たしい敗戦だった。
千葉に勝利したことが彼方に飛んでいきそうな負け方だった。
エステバンも欠いたなか、今日も不安があったが、相手の出来にも助けられ、正直あっさりと勝利は転がり込んできた。
正直、京都から覇気が感じられなくて、ミスさえしなけりゃこのまま終わりそうだと確信できてしまった。
試合後、京都サポーターのコールリーダーが選手に説教していたし、他のサポーターも怒ってたけど、当たり前だ。
終盤もチンタラ蹴ってるし、時間無駄にしてるし、これが一昨年昇格を競った相手とはね。
ウチもウチだがね。
隣の芝も枯れてるね。

 
勝つには勝ったが、次に繋がる何かが得られた勝利ではないな。
でも勝ち点3は勝ち点3だ。
平日に京都で頑張ったみなさん、おつかれさまでした。

 
大崎とのコンビから生み出したアレックスのフィニシュは見事だった。
キレイに弧を描いてゴールに刺さった。
そこは次につなげてほしい。

 
勝ったのに書けることが少なくて、それがチームに対する信頼感が映ってる感じで、いい気分ではないね。

| | コメント (0)

2015年7月 5日 (日)

結局顔出す甘さが招いた恥ずかしい敗戦。ヴォルティスは見放されたいのか?

2015 J2 第21節 正田醤油スタジアム群馬
ザスパクサツ群馬 2 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】群馬:23' 吉濱 遼平、90' 野崎 桂太
     徳島:55' 木村 祐志

 
豪雨の中始まった試合だったが、おもっていた以上に水はけのよいピッチの中、落ち着いた試合で始まった。
ヴォルティスにとってこの試合の重要性は誰もが理解していたはずだ。
だが、前試合は試合終了間際に津田のゴールで逆転に成功するというストーリーの真逆をいくような失点で試合を落とした。
千葉のサポーターが味わった屈辱的な瞬間を翌節すぐに味わうことになった。
監督は、選手たちは頑張ったという言い訳をするかもしれない。
まだ監督のコメントを読んでいないからそう思うのだが、どのみち外向けには選手を責めない、自分の非も明言せず、次に備えると言う気がする。
しかし、そんな甘ったれた外向けコメントで済まされる状況ではずっと前からない。
今節の恥ずかしい敗戦ぶりでそれは一層深刻になった。
もはや昇格なんて口にしただけで爆笑される。現実路線はJ3降格回避だ。
だが、こんな試合ぶりでは残留圏のチームにはこれからもほとんど勝てないだろう。
それをどう思うのか。
自分たちだけでは残留できない、自分の指揮では残留できないと言わないと収まらなくなるぞ。
一体、徳島という街に何をもたらしたいのか?

 
90分の失点の場面、サイドで寄せきれず、相手の動きにも遅れてクロスを上げさせた。
相手は何としてでもクロスを上げようとしていた。勝負どころで最後の力を出してギアをあげてきた。
ヴォルティスの選手はそこで上げさせないというギアがあがらなかった。
疲れはあっただろうが、それは群馬の選手も同じだ。
その場面で意地でもあげようと動いた相手より意識が甘かったと言われても仕方ないだろう。
ゴール前でも同じだった。
何としても枠へ飛ばそうと厳しい態勢からファーへヘッドで打ち込んだ場面に付き切れていなかった。
相手の決めたい執念に対し、決めさせないという執念が下回っていた。
相手がヘッドを合わせにいったときも足が出ていなかった。付いていけなかったのだ。
いろんな理由は選手側にもあるだろう。
だが、前節ああいう勝利を飾りながら、翌節で同じ時間帯にああいう失点を喫して負けるというのは勝ったことに浮かれて学んでいないと言われても仕方ない。
全て甘さがまねいたことだ。相手より甘かったのだ。

 
前節の勝利にはゴール裏の止むことのない応援が力になったと多くのマスコミで語られ、選手たちもそれをクチにした。
今節の敗因は何だ?
それがアウェイではなかったからか?
それがないと勝てないのか?
それこそ甘えだろ。
サポーターの声援で勝てたなんてクチにしたなら、次は自分たちの力だけで勝利をプレゼントすべきだろ。
それで自分たちの力を証明する意地を見せろよ。
そんな気持ち誰か持っていたか?

 
このままでは見放されるぞ。
声援がないと自分たちだけでは勝てませんなんて言わないといけなくなるぞ。
今こそ、真の意味で甘えを捨てろ。
今自分たちの置かれている状況でも最後は大丈夫だと思うのならいますぐ去れ。

 
さて、昨日は北九州の応援で記事を読んだ。
他のチームのことでコメントするのは本来やるべきことではないのだが一言いうことにする。

 
まるでゴール裏だけがスタジアムの道徳を乱しているみたいに、北九州に限らないがよく言われる。
だが、私がよく通うスタジアムのバックスタンドでは中央付近の眺めのいい席周辺でも決して道徳的に良好なわけでもない。
座っていながら選手の出来に文句をずっと言っている人もいる。
毎回手持ちで酒とつまみを持ち込み出来上がる人たちもいる。
おまけに酒をこぼして前席の人の荷物を酒まみれにしたりもする。
相手選手の行為に罵声を浴びせる人なんていくらでもいる。
70歳を超えているだろうおばあさんで「バカヤロー!!」と大声で叫び、周辺の子供たちを一斉に引かせるような人もいる。
他のスタジアムもそんなに違いはないだろう。
わかるでしょ。
フットボールのスタジアムは子供に道徳を教える場ではない。
そんなことを言い訳にするのは、親として道徳を教えられていないからだ。自分も親だからわかる。
フットボールのスタジアムは愛するチームを勝たせるために全力を尽くす場で、それ以外のものではない。
文句があるやつはお行儀のいい、自分にとって都合のいい応援でリーグ優勝させるなり、観客倍増させるなりしてから文句を言うべきだ。
それができないなら来なくてよい。

| | コメント (2)

2015年7月 2日 (木)

2015-2016千葉ジェッツ、始動間近。

前評判というか、期待のデカさと、それ以上の大会前のコンディションからくる不安のデカさがごちゃ混ぜになりながら気がつくと試合ごとに調子をあげているようにみえます。
あ、なでしこジャパンのことです。
グループリーグの組み分けに恵まれ、決勝トーナメントのドローにも恵まれ、準決勝はオウンゴールにも恵まれました。
どこまで持ってんだよ、と言いたくなりますがとうとう決勝です。
調子づいちゃってて、試合後のクールダウン時にカメラを向けられたらEXILEのトレインまでやってしまうアゲアゲぶり。
これがお通夜状態の英国BBCの特設スタジオ内に設置されたテレビにも映ったまま、英国内にまで中継されてしまいました。
オウンゴールで敗退する悲劇の国の心の傷に粗塩を刷り込むようなことになってしまいました。
これで、EXILEの英国進出は10年遅れる...かな?
一部では日英関係の悪化→開戦不可避→安保法制の即時採決を首相が要請なんて流れを予想する向きもあります。
HIROさんは知ってるんでしょうか?これ。
謝りに行って、お詫びがてらにウェンブリースタジアムでフリーライブとかやったらどうでしょうねえ?

 
新シーズンの千葉ジェッツはフォワードとして岡田優介が加入し、これで最後のピースも決まりました。
まず、4年間アシスタントコーチを務め、通訳として、外国人選手のマネージャー的な存在としても大きな仕事をしてくれた勝久ジェフリー氏がbjリーグの岩手ビッグブルズのヘッドコーチに転身しました。
彼の退団はとても残念であり、彼の抜けた穴はそんな簡単には埋まらないかもしれません。
しかし、ヘッドコーチという仕事はとてもやりがいがあるオファーだったとおもいますし、弟の勝久マイケル氏は横浜ビーコルセアーズのヘッドコーチを経て、島根スサノオマジックのヘッドコーチに就任しており、ヘッドコーチというチャレンジはとても客観的に見ても魅力的
なチャレンジだと思います。
ビッグブルズの活躍を願いたいと思います。
そして、新しい通訳はパブリセヴィッチコーチと一緒に仕事をしてきたスリマノビッチ賢(けん)氏が就任しました。
ヘッドコーチという特別な職種ですから、信頼のおける付き合いの長い通訳がコーチとセットだろうと思っていました。
ただ通訳を募集していたので、当初は交渉が難航していたのかもしれませんね。
ただ、これでパブリセヴィッチコーチも安心して仕事ができるのではないでしょうか。

 
また、チアリーダーのSTARJETSも新シーズンのメンバーが決まりました。
今季も続けて一緒にジェッツを応援できるメンバーにはよろしくと、新しいメンバーにはようこそと。
そして卒業していくメンバーには本当にありがとうと言いたいです。
 

選手たちは今週末からイベントにジェッツの選手として参加します。
日本人選手ばかりでなく外国人選手ももっと参加してくれるといいなと思います。
高校生のバスケットボール選手には外国人選手の方が関心が高くなる気がするんで、

 
さて、新シーズンのシーズンチケットも発売開始となりました。
新リーグを念頭に、毎試合5,000人近い観客動員を目指さないといけません。
よって座席のレイアウトはゴールの背後側を中心に大きく変わっています。
予想というか、ある意味願っていたことでもありますが、スタンディングエリアはなくなりました。
昨シーズンでスタンディングエリアの役目は終えたと思っているので、これはいいことだと思います。
私も、新しい応援の定位置を見つけないといけません。
1階自由席のシーズンチケットを買うことは決まっていますが、ボードも使う関係上場所は限られると思います。
また、今までジェッツの試合に来たことがなかった、新しいファンが大勢増えることが予想されます。
てゆうか、そうでないといけません。
今までの観客数の3倍は最低動員数として達成しつづけないといけないのですから。
つまり、3分の2のお客さんは新シーズンから初めて千葉ジェッツを観始めることになるのです。
アリーナの空気も一変すると思います。
今までのような雰囲気は消える可能性もあります。
混雑も数倍になりますから、ホスピタリティのレベル維持も大変です。
そんな中でお客さんみんなに満足してもらうのは簡単じゃありません。
その中で、新しいファンをどう応援に参加してもらうか、そのためにどの位置に座り、何をするのかが非常に重要になります。
ゴール裏は船橋アリーナはゴールの真後ろにしか自由席はなくなり、他の会場(千葉、塩浜、佐倉、八千代)はゴール裏の席はないのでバックスタンドにはなるでしょう。
開幕してしばらくは場所を転々とするかもしれません。

 
大変ですが、ジェッツにとっても自分にとっても新章の始まりだからやりがいがありますね。
頑張ればきっと素晴らしい瞬間が待っているはずです。
この間のジェフ千葉戦でのヴォルティスサポーターが評価されたような応援ができるといいなと思います。
負けてるとき、流れが悪い時ほど、流れを掴み返せる応援をしたいなと思います。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »