« 結局顔出す甘さが招いた恥ずかしい敗戦。ヴォルティスは見放されたいのか? | トップページ | 負ける試合ではなかっただけに...。ヴォルティス、消せない甘さで試合を落とす。 »

2015年7月 8日 (水)

アレックスが決めた今季アウェイ初白星。ヴォルティス、サンガに静かなる勝利。

2015 J2 第22節 正田醤油スタジアム群馬
京都サンガ 0 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:37' アレックス

 
前節はとても腹立たしい敗戦だった。
千葉に勝利したことが彼方に飛んでいきそうな負け方だった。
エステバンも欠いたなか、今日も不安があったが、相手の出来にも助けられ、正直あっさりと勝利は転がり込んできた。
正直、京都から覇気が感じられなくて、ミスさえしなけりゃこのまま終わりそうだと確信できてしまった。
試合後、京都サポーターのコールリーダーが選手に説教していたし、他のサポーターも怒ってたけど、当たり前だ。
終盤もチンタラ蹴ってるし、時間無駄にしてるし、これが一昨年昇格を競った相手とはね。
ウチもウチだがね。
隣の芝も枯れてるね。

 
勝つには勝ったが、次に繋がる何かが得られた勝利ではないな。
でも勝ち点3は勝ち点3だ。
平日に京都で頑張ったみなさん、おつかれさまでした。

 
大崎とのコンビから生み出したアレックスのフィニシュは見事だった。
キレイに弧を描いてゴールに刺さった。
そこは次につなげてほしい。

 
勝ったのに書けることが少なくて、それがチームに対する信頼感が映ってる感じで、いい気分ではないね。

|

« 結局顔出す甘さが招いた恥ずかしい敗戦。ヴォルティスは見放されたいのか? | トップページ | 負ける試合ではなかっただけに...。ヴォルティス、消せない甘さで試合を落とす。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局顔出す甘さが招いた恥ずかしい敗戦。ヴォルティスは見放されたいのか? | トップページ | 負ける試合ではなかっただけに...。ヴォルティス、消せない甘さで試合を落とす。 »