« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月30日 (日)

JPBLの1~3部分けが決定。さあ、サバイバルだ。

以下は、Basketballnaviさんから参照しました。

8/29東京都内において、一般社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボール(JPBL)は2016年から開幕する男子プロバスケットボール新リーグの「1~3部階層分け発表第2弾結果」の会見を行い1部18、2部18、3部9チームへの階層分けを発表した。また1部と2部のみ3地区制(東・中・西)の導入することも決定した...

初年度から昇降格制度も導入される。
※1部⇔2部(2クラブ自動入替 1クラブ入替戦)
※2部⇔3部(クラブ数、入替え方法は現在検討中)

【1部】全18チーム
(東地区)
レバンガ北海道
秋田ノーザンハピネッツ
仙台89ers
リンク栃木ブレックス
千葉ジェッツ
トヨタ自動車アルバルク東京

(中地区)
日立サンロッカーズ東京
東芝ブレイブサンダース神奈川
横浜ビー・コルセアーズ
新潟アルビレックスBB
富山グラウジーズ
浜松・東三河フェニックス

(西地区)
アイシンシーホース三河
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋
滋賀レイクスターズ
京都ハンナリーズ
大阪エヴェッサ
琉球ゴールデンキングス

【2部】全18チーム
(東地区)
青森ワッツ
岩手ビッグブルズ
パスラボ山形ワイヴァンズ
福島ファイヤーボンズ
サイバーダインつくばロボッツ
群馬クレインサンダーズ

(中地区)
東京エクセレンス
アースフレンズ東京Z
信州ブレイブウォリアーズ
豊田通商ファイティングイーグルス名古屋
西宮ストークス
バンビシャス奈良

(西地区)
島根スサノオマジック
広島ドラゴンフライズ
高松ファイブアローズ
大分・愛媛ヒートデビルズ
熊本ヴォルターズ
レノヴァ鹿児島

【3部】全9チーム
埼玉ブロンコス
大塚商会アルファーズ
東京海上日動ビッグブルー
東京サンレーヴス
東京八王子トレインズ
金沢武士団
豊田合成スコーピオンズ
アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城
ライジング福岡

★各階層分けクラブの選考基準について
【1部】
「ホームアリーナの入場可能数5,000人」
「年間試合数の8割のホームゲームを実施できるホームアリーナの確保」
「年間売上2.5億円」という条件を中心に総合的に判断
【2部】
「ホームアリーナの入場可能数3,000人」
「年間試合数の原則8割のホームゲームを実施できるホームアリーナの確保」
「年間売上1億円」という条件を中心に総合的に判断

                                                 以上

横浜は意外だったけど、それ以外は想像の範囲内と思います。

 
正直、どこが一部だろうが関係ない。はっきり言ってここからはサバイバル。
どこぞのチームみたいに破綻を隠ぺいされたまま、最後まで勝ちぬかせてもらうようなチームは生き残れない。世間に注目されなきゃいけないし、選手、チア、会社、ファン全員に自分のクラブの社会での地位を高め、そしてそれに対するさらなる自覚が求められる。
世間に注目されて、その怖さを受け止めて、乗り越えないと生き残っていけない。
それに実力で東京五輪に出られなければ、どのみちこの競技は終わる。

 
でも仲良く共存して上がっていこうという意識ではたぶんダメ。
他を蹴落として、置き去りにする意識でみんなが先頭を競い合わないと実力も、社会的地位も上がっていかない。
仲良くやって共に成長なんて悠長なことやってたら5年なんてあっという間に来る。時間は全然ない。
生き残れたクラブだけで引っ張っていくことになる。
ここからは引っ張っていくクラブを決める戦い。
1部は特にその責務がある。逆に2部、3部じゃ何もできないんだよね。

 

でもね、今現在の感想だけど、選手もファンも大人になれてないよね。
Twitterで思ったことをストレートに感情のまんま書いちゃうとことかが一つの例ね。
特にアタマにきたこととかね。
もうちょっと文章表現大人にならないとね。
自分たちに関係ないテレビ番組に毒づいてるサッカー選手いないよ。
世間から見られる存在にならないといけないんだから。
そうならなかったらバスケの社会的地位あがらないよ。
なんか、アンチソシアルなとこがバスケのかっこよさと思ってる感じもするけど、それじゃ一生マイナーなまんま。
それじゃ生き残れないよ。
”どうでもいいよ、バスケなんて”と言われちゃうとこから抜け出せないよ。
ACLの準々決勝の1stレグで中国のクラブに負けただけで、”日本の恥”とか書かれるサッカークラブとは、良くも悪くも見られてる立場が違う。
自分たちの立場変えていかなきゃいけないんだから、自分たちも変わらないとね。
今はファンが共感してくれてる存在なんだ。
でも、これからは社会に尊敬される存在にならないいけない。
両者は全然違うよ。

 
選手だけでなく、チアやエンタメチームも、会社も、ファンもそう。
バスケにとってエンターテインメントが欠かせない要素なら、もっと認知されることに貪欲にならないと。
スマートなだけでは選手と同じラインに並んでチームやファンを引っ張っていけないよ。
ここは日本なんだということも、もっと意識しないと。
もっとお客さんを満たすんだという意識を強くしないと。
まだまだ自分たちの方に意識が傾いたまんまだと思うよ。
多くのお客さんがより満足してこそがエンターテインメントであって、どっかで自分たちに満足してあとは理解されるだけなんて思ってたら自分もそこで終わるよ。
それはどんな職業でも同じ。
俺みたいなIT屋さんでもね。
お客様視点での満足の追及だよね。永遠に。
まだまだそこは緩いよ。
いろんなことでがっかりさせられることが多くて、今でもそういうこと時々起きるんだけどね。

 
バスケを初めて観るような人たちが今までの3倍くらいの人が試合観にやってくる。
空気は絶対変わる。
今までのバスケのまんまではいられなくなる。
それをこれからのバスケとして受け止めないといけない。
そういう時代に入っていかないと生き残れないからだ。
上に書いたように、東京五輪に実力で出られなかったら競技の社会的地位は失墜するからだ。
他の競技が全国民の注目を浴びてるとき、バスケ、特に男子だけ出られないとかありえないでしょ。
その間、試合なんかやれないよ。
だから川淵さんはあんなにも急いで、しかも強引にここまで持ってきたわけで。
彼に感謝したり、それまでの協会の仕事ぶりを批判したり、企業チームがなんだのとか言ったり、本気で危機感を持ってる人間が今そんなことしない。
そんなことしてるような暇ないんだから。

 
時間はない。
5年なんかあっという間。
東京五輪の出場権が決まるかどうかならもっと時間ない。
殆ど目の前みたいなもんだ。

 
本当にサバイバルだよ。ここからは。

 

| | コメント (0)

2015年8月24日 (月)

決定力の差で敗れるも力は示したヴォルティス、ここからの中断期間が勝負。

2015 J2 第30節 ヤマハスタジアム
ジュビロ磐田 3 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】(磐田)52分 ジェイ、59分 ジェイ、75分 太田 吉彰
    (徳島)58分 濱田 武

 
前半に1点でも決めていたらとは誰でも思うでしょう。
磐田の守備は問題を抱えていて、隙も突けたし、実際穴もあった。
ただ、決めるか決めないか。
これに尽きる。
その力がないというのではなく、この試合では出せなかった。
磐田の、特にジェイとの差がそこに出たと思う。
これはもう、この試合はこうなってしまったと思うしかない。

 
大事なのはここから次の長崎戦までの3週間の時間である。
そこで、さらにどこまでチームを整えて、向上させられるか。
そこでこの後の12試合の結果が、今シーズンの結末が決まるだろう。
12試合中7試合がホームゲームだ。
ホームゲームで勝つのは当然として、アウェイの先に来る讃岐戦と岐阜戦は勝ち点6は必須だ。
状態を仕上げて大宮戦で自信を付けたい。
そして最後の5戦へ。
そのための3週間として最高の準備と休息をしてほしい。

 
この試合でもあらためて明らかになったが、個の力や質はJ2のトップとはいえない。
状態によってトップクラスには持っていけるが、安定性は劣る。
これが徳島ヴォルティスだ。
それは素直に認めた方がいい。
そのうえでこの3週間でチームだけでなく我々も強くなる必要がある。
今チームに足りないものを応援で埋められると本気で思うならね。
自分たちの応援って、何のためにやっているのか?
チームが負けるってことは、自分たちの負けでもあって、責任は共に同じくらいあるんだよ。
負けたら選手や監督のせい、勝ったら俺たちが勝たせた、なんて応援の無力さを自分たちで言ってるようなもんだ。
もっと違って、勝つことで一番期待しているものがもっと個人的な欲求だったら論外だよね。
そんなことはないよね。
だからもっと自分たちを高めないと。
負けた試合の後でダメ出ししていても、そんなもの選手にも監督にも届かないし、そもそもホントにチームのためにダメ出しするならTSV行って直接いわなきゃね。
さらにいえば話を聞いてもらえる関係を作らないとね。
サポだのウルだの小さいことだよ。
結局、自分たちの肩書は自分たちの名でしかない。自分自身でしかないわけで。
全て自分次第ってことなんだよね。
そういうとことで、ヴォルティスのサポーターって、明らかに劣っていて、優っているサポーターを持つクラブに今現在先に行かれいるのは事実だ。
見てると見えちゃうから。なんせ年寄りなもんで。
だから、この3週間がこの先見えるはずの風景を早く見れるか、時間が掛かるかを分けると思うな。

| | コメント (0)

2015年8月19日 (水)

渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ワイキキ&ちょこっとノースショア編 3日目)

3日目。

朝早く起きて高橋果実店へフルーツを買いにいきました。
意外とシェラトンから近くて正直驚きました。
前回来たときも何度か来ましたが、ここのフルーツは最高に美味しいです。
フルーツ盛りとマンゴーシャーベットを購入。
奥さんはどうしても行きたがっていたし、よかったです。

Dsc_0519

Dsc_0523

Dsc_0524


お土産を買う日です。

私個人はワイキキに来てからは食べ物か飲み物以外何も買っていません。

私側のお土産はアウラニでクッキーを買ってあるからです。

ただ甥っ子から頼まれたお菓子はまだ見つかっていませんでした。

「ヤンヤンボーを買ってきて。」
というのがリクエスト。

去年ハワイに行ったときにローソンに売っていたのだそうです。

ところがシェラトンにあるローソンにはそれらしいものはありませんでした。

すぐ見つかるだろうと思っていたので特にどんな外見なのかとか調べてもいなかったのですが、もはや調べなくてはどうにもならず、旅行中最低限しか使わずにいたネットで調べました。 

判ったこと。

ヤンヤンボーはヤンヤン棒という日本の明治製のお菓子であることでした。

Yumyumbow

てっきりハワイの地元のお菓子でYumYumbowとか書いてあるのだろうと思っていたのでビックリ。

なぜなら日本製のお菓子をハワイで探すのだ?それも明治というメジャーのお菓子を、
と思いましたが、これは大好きなお菓子で、日本でも売ってたけど販売終了になっていて、輸出したハワイではまだあったというパターンかもと思いました。

ただローソンにもABCストアにも無いのです。

 
残る望み。

今日買い物に行くアラモアナショッピングセンターの近くにドンキホーテがあってそこにも買い物に行くのでもしかしたらあるかもしれないということ。

 

果たして。

 

ヤンヤン棒はドンキホーテにありました。

一個76セントです。

4種類あったのでイチゴ、チョコ、イチゴ&チョコの組み合わせで5個購入。
旅行終盤で何とか手に入りました。

 

奥さんはピスタチオをお土産の一つに買っていきました。

物価の高いハワイでもピスタチオは日本で買うよりずっと安かったそうです。

 

アラモアナではディズニーストアくらいしか行きませんでしたが、私はアベンジャーズのニック・フューリーのフィギュアを購入。

割り引きで14ドルが9ドルでした。
結局、ワイキキで買った個人の買い物はこれだけでした。

これで我が家のアベンジャーズメンはリーダーを迎え入れることができました。

Dsc_0638


Dsc_0639

 
あとはペット用品店で飼っているトイプードル(親戚宅でホームステイ中)のお土産として服を買おうとなりました。

日本では一番人気のトイプードルですがアメリカでは人気無いんですね。

犬のカレンダーを見てもトイプードルは一回も出てきません。

日本だと2~3回はでてくるので、ところ変わればです。
結局、Tシャツ1枚購入。

Dsc_0645

Dsc_0642


こうして、買い物終了。
ホテルへの帰路へ。

ツアーに付いているカードを使うと旅行会社専用のトローリーバスでワイキキ中に行けます。

実はダイヤモンドヘッドの周遊バスにもフリーで乗れるので、ここまで来たらダイヤモンドヘッドを近くで見たいとリクエスト。
アラモアナからのバスの停留所と同じ場所から周遊バスも出ているので、急遽ダイヤモンドヘッド周遊に行きました。

2階建てバスの2階にいると時々街路樹の枝が顔スレスレに来るので油断できないツアーでしたが、ハワイらしさを楽しめたのでよかったです。

Dsc_0531


ホテルに戻ってからは最後の一泳ぎ♪

悔いないように泳いできました。

 
夕食。

今回の旅行のクライマックスとして有名なステーキ店でディナーすることになっていました。

ウルフギャングステーキハウスです。

よくテレビのハワイロケに出て来るアソコです。

前日予約を入れたのですが、一杯で9時半からのディナーになりました。

事前にネットでお店をリサーチ。
すると、高価な食事になるのですが美味しいのでツアーのオプショナルだと思って楽しみましょうという文字が...。

どのくらい高いのかを事前に知れたのは幸いでした。

かくして腹を括って腹一杯お肉を食べるオプショナルツアーに行ってきました。

Dsc_0540



お店はロイヤルハワイアンの3階なのですぐです。

お店は9時半でもかなり混雑していて店の外のショッピングセンターの通路にまでテーブルを出していました。

私たちは入り口のすぐ横ですが、お店の中でした。

娘のバレエの発表会の演目だったコッペリアに出てくるコッペリウスに似たオジサンが私達のテーブルの担当。
片言ですが早口の日本語で笑いを狙いながらオーダーを聞きに来ます。

私達は、お店看板のTボーンステーキの二人前と、シーザーサラダ、オニオンリングフライ、ライス、そして飲み物としてビールとソフトドリンクをオーダー。

お店は大音量の音楽が掛かってることもなく、カウンターのテレビではESPNらしきスポーツ中継を流していますが音は出していなくて、程々の賑やか差です。

あからさまな高級感もなく、居心地は良かったです。

少し時間が掛かりましたが、サラダのあとにステーキがオニオンリングと共にテーブルへ。
最初は取り分けて部位も説明してくれます。

待望のお肉は...柔らかくて肉汁も一杯で美味しいーーー♪
これが有名なステーキのお肉かあ♪って感じでした。

Dsc_0548_2

Dsc_0550_2


幸せ♪
至福のディナー、しめて209.28ドルでした。

私持ち。

 

こうしてハワイ旅行のクライマックスを終えた私達は翌日日本への帰路に就きました。

アウラニは別格でしたけど、ノースショアが素晴らしかったです。

次回があったらノースショアにまた行きたいです。

 

長い記事の最後まで読んでいただきありがとうございました。

Dsc_0559

Dscn0467

| | コメント (0)

渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ワイキキ&ちょこっとノースショア編 2日目)

ワイキキ2日目

今日は奥さんの友人の紹介で、ハワイでガイドをしているフセさんにノースショアをガイドしてもらいました。

Dscn0383

Dscn0386


目的は主に3つ。

ノースショアで海ガメが甲羅干しをするビーチ。
かき氷で有名なマツモトシェイブアイスもあるハレイワという町。

そして、美味しいというガーリックシュリンプを食べる、です。

ワイキキから1時間弱でハレイワの先のビーチへ。

初めて見るノースショアのビーチはキレイで静かで広いビーチでした。

ノースショアというとサーフィンのイメージがありますが、それは冬のことらしく今は波が立たないので人が少ないのだそうです。

海を見ると黒い大きな影が3つ、4つと見えました。

海ガメです。

時々、頭を海面に出して顔を見せてくれます。

しかし、ビーチに上がってくる気配はなく、ハレイワに行ってからまた来てみることにしました。

Rscn0422_2


運がいいとこんな光景が見られます。

1439991351248

1439991355399

ハレイワではガーリックシュリンプを食べるのですが、娘のことも考え、近いところに結構有名なパン屋さんがあるということで連れていってもらい、そこの看板というクリームパイを買いました。

お店の名前はPAALAA KAI BAKERY(パアラ・カイ・ベーカリー)。

小さなお店ですが、
いろんなパンが売ってありました。

結局、ガーリックシュリンプが娘にも大丈夫だったので、クリームパイ(スイートパフィーっていうらしいです。)は帰ってからのオヤツになりましたが、とってもサクサクで軽い口当たりで、スゴい美味しかったです。

Dscn0400

Dscn0401

Dsc_0513

その後、ハレイワへ。
有名な町なので観光客も多いですが、来た時間が早かったので、少し人は少なかったです。
一回りして寄ったマツモトシェイブアイスでも待たずに買えました。

お店は隣に拡張中でした。

Dscn0407


そして奥さんが以前ハワイに来たとき、連れられて食べて美味しすぎて、その翌日自分で車運転してまた食べに行ったというガーリックシュリンプを食べました。

フセさんに連れていってもらったワゴン屋台のそのお店はハレイワの町外れの道沿いにありました。

Mackysというお店です。

ワゴン屋台の前にテーブルが並べてあり、予約席の表示もありました。

ガーリックシュリンプのプレートは全部で5種類のメニュー。全部13ドルです。

その中から、バターガーリックとレモンペッパーをオーダー。
お味....とにかく美味しい(⌒‐⌒)
私はレモンペッパーを食べましたが、シュリンプの味とレモンの酸味がバランスよく噛み合っていて食べやすいし、ペッパーが食欲を食べながら膨らましてくれます。
オカワリいけちゃいそうでした。

今回の旅行で食べたものではダントツで1位です。

もちろん完食です。

Dsc_0511

Dscn0414

Dscn0415


食事を済ませたあと、もう一度海ガメを見に行きましたがやはりビーチには上がっていませんでした。

今回は残念ですが仕方ありません。
前回、アウラニで海ガメから最接近してくれるラッキーを体験してますし、次回に取っておきます。

 

ノースショアよかったです。(* ̄∇ ̄*)

ワイキキよりずっと私には向いていました。

また行きたいなあ。今度はもう少し長く。

海にも入りたい。

Dscn0390

そうそう、フセさんはハロウィーンの時期のハワイはおススメって言ってました。

予定を終えてホテルへ戻りました。

フセさんは日本の方なので、ハワイの教育事情や、電気事情、ノースショアで有名なパイナップル産業の話をたくさん聴かせていただきました。

日本の新国立競技場の話ではわたしの意見も話させていただきました。

驚く話もありあした。

とても中味の濃い午前中でした。

 
午後は夕方まで予定がないので、私だけですがビーチに出て泳いできました。
遠浅なのでいけるとこまで行ってみたくなります。

 
夕方からはホノルル動物園へ。

ツアーのオプショナルです。

夕方から旅行会社貸し切りで30分ほどのガイド付きの散策。
日本の動物園より自然ぽい雰囲気のホノルル動物園でした。
ワイキキビーチの近くにあって歩いても行ける場所にありました。
ハワイの王様が島民に動物を見せてあげたくて始めた庭園が始まりみたいなことを聞きました。

ハワイのシンボルで数の減っている貴重な鳥にも触らせて貰えました。

アドベンチャーワールドもそうですが、私は動物園は好きです。

動物園の鳥ではないですが日本でも見るメジロによく似た鳥もいました。

最後はオミヤゲに人気のドーナツを貰いました。

Dsc_0515

Dscn0432

Dscn0439

Dscn0446


バスでも帰れるのですが、歩いて買えることに。
途中で有名なレストラン、チーズケーキファクトリーで夕食を食べることにしたからです。

1時間ほど待たされましたが、ベルを渡されるので、待ち時間は買い物に行っても大丈夫。
50分くらいで入ることができました。

ここは日本人向きの味だし、メニューも豊富とのこと。

サーモンのグリル料理と、ペンネにマッシュルームのクリームを絡めたパスタをオーダー。

お店が薄暗くて写真が上手く撮れていませんが、なかなか美味しかったです。

ただ、クラブみたいにガンガン音楽が掛かってるのがイマイチかなあ。

私には。

Dsc_0518

Dsc_0517



夜は溜まった洗濯物を持ってコインランドリーへ。

シェラトンでは5階と18階にコインランドリーがあります。

洗濯機一回3ドル、乾燥機も1回3ドル。1ドル硬貨が6枚要ります。

洗剤は2ドルしますが、洗剤は日本から持っていきましょう。

両替機は18階のみにありました。
とにかく混雑していて順番待ち。
洗濯機は5階、18階を行き来したらラッキーにも1台空いたので洗濯開始。
しかし、乾燥機は1時間待っても1台も空かないので諦めて、部屋のベランダで干しました。
洗濯は早い時間にやっておいた方がいいかもしれませんね。

 
2日目は思い出てんこ盛りでした。

Dscn0453

| | コメント (0)

渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ワイキキ&ちょこっとノースショア編 1日目)

ワイキキ一日目。

アウラニを後にした私たちは次の宿泊ホテル、シェラトンワイキキ ロイヤル ハワイアンに向かいました。

この日、ワイキキでは何かのパレードがあって道が混雑すると連絡があり、そのため当初の予定より時間を30分ほどずらしてワイキキに向かったのですが、予想外にパレードの進みが遅くて、シェラトンの近くにきてもパレードは続いていました。

そのうえ、シェラトンの入り口に向かう道がパレードで遮られていて私たちの乗ったタクシーはシェラトンへ入れず、仕方なく近くのガレリア(免税店)の前に止めて、そこから徒歩(5分程ですが)でシェラトンへ向かいました。

パレードは時節を考えると戦勝パレードかとも思ったのですが、そうではなくハワイ生まれの何とかさんのためのパレードとか、とにかく意味はわかりませんでした。

掲げているメッセージを何枚も読んでも、何がテーマなのか結局わかりませんでした。

最近、意味不明なパレードがしょっちゅう行われていると、翌日教わりました。

Dscn0378

Dscn0380


パレードをくぐりぬけて、私たちはどうにかシェラトンに到着しました。

シェラトンは奥さんの妹家族が過去何度も宿泊しているホテルなのです。

3年前に泊まったハイアットは景色はよかったですが、正直不満もあったホテルなので、シェラトンが期待に応えてほしいなとは思ってました。

例によって、部屋に入れるまで時間があるのでロイヤルハワイアンセンターのフードコートでお昼ご飯。

チャンピオンズ ステーキ & シーフードのビーフステーキと白身魚フライのプレートのサイズの小さいプレートをオーダー。
美味しかったです。

ワイキキに来たら肉が食べたいとリクエストしていたので、まずはここでお肉。

本番のお肉の話は3日目のディナーで用意していますので3日目の記事で。

Dsc_0491



戻ってから部屋へ。
今回は9階です。

荷物は既に部屋に届いていました。

入ってすぐ感じたのは寒いということ。
冷房が猛烈に効いていました。

エアコンの温度設定を上げようとしたら26.5度以上に上げられないようになっていました。

温度調節は窓を開けるとか、また毛布を借りるとか必要かもしれません。

 

で、着替えてプールとビーチへ。
アウラニとどうしても比べてしまうと、プールはさすがに小さいですが、ビーチの規模と海の面白さはこちらがずっと上。

シェラトンはビーチも直結しているし、プールサイドのビーチチェアを、貴重品はともかく、荷物置き場に使えるので便利かつ、セキュリティ面でも比較的安全です。

もちろん、自己責任でですが。

Dsc_0556

Dsc_0508


 

プールにはジャグジーも、小さいですがスライダーもあって結構充実しています。

怖がりの娘にもできたスライダーだったので、娘はかなり楽しかったようです。

その後、ビーチへ。

波があるとやっぱり面白さは段違いですね。
いつまでも海に入ってられちゃう。

アウラニのラグーンは波止めてましたから。

ボディボード持ってればもっと楽しめたかな。

 

夜は、ツアーのオプションでロイヤルハワイアンセンターでロックアフラショーという公演を観ました。

いわゆるそっくりさんショーです。

出演は、プレスリー、マイケル・ジャクソン、レディーガガ(のそっくりさん)。

あとはフラダンサーとかファイヤーダンサー。

映像を合わせながら、演奏やダンスもなかなかレベルは高かったと思います。

個人的にはマイケルが一番楽しかったです。

「Wanna Be Starting Something」でスタートしたのも個人的にはよかった。

スリラーとか、ビートイット、スムースクリミナル、バッドとか。

フィナーレはウィアーザワールド。

全体的にも面白かったです。

Dsc_0499

Yjimage


ショーが終わったのも遅かったので夕食はローソンで簡単なものを買って済ませました。

日本製のカップヌードルも売ってましたが一個500円くらいでやっぱり高いです。

 

明日は午前中はノースショアに行く予定です。

| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

ウノゼロで勝ち切る力、ヴォルティス、固まりつつある強さ。

2015 J2 第29節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 0 東京ヴェルディ
【得点】徳島:39分 津田 知宏

 
10人になったからといって、リードしていたら勝利が、追加点が保証されるわけでもない。
だが、より試合をコントロールしやすくなるのは確かで、追加点が取れないことで乱れていくこともなく最後まで勝ち切ったことが一番大事だ。
澤井が既に1枚貰っていることも分かったうえでのアタックとファウルをさせたなら凄いよね。
それ以上に、ジョンミンが強さを身に付けたことが大きい。
競りあって勝てるジョンミン。裏へ抜ける津田。攻撃は持ち味が高いレベルで噛みあいだした。
持ち味の違いがあるが、佐藤が抜けている穴は大丈夫だろう。
藤原が言っているように、チーム全体として方向性が定まっていることがここ最近の結果を生み出している。
1-0ばかりで面白くないと思う人がいるかもしれないが、私はサッカーの面白さの神髄は1-0(ウノゼロ)にあると思っている。
今はまだ確たる強さまではいっていなくて、1点しか取れてない、シュート結構打たれてる、ラッキーで失点しなかった場面もある、の要素は多い。
が、ウノゼロはチームを確実に強くする。
こういう勝ち方をもっと積んでいければ、失点ゼロのままに追加点も入るようになるだろう。
PO圏まで7差。
次の磐田戦が面白くなってきた。
行きたいけど、ちょっと難しいかな。
頑張ってほしい。

 
フクアリで残念なことが起こったことについて一言。
トラメガやフラッグはゴール裏みんなのものだ。みんなの意志と力を発信する大事な道具だ。
ある意味、道具ではなく仲間だ。
それを傷つけるようなことをするのは仲間に対して失礼極まりないだろう。
例えどんな負け方であってもだ。
それは負け試合をした選手の責任の範囲でもないし、監督の責任の範囲も越えている。
フロントに責任を押し付けるのも間違いだ。
自分たちの手の中にあったものだろう。
怒りの表現としてやっていいことではない。
その辺は猛省してもらいたい。
そして周りも甘やかさないでほしい。
徳島のゴール裏は言い意味でも悪い意味でもみんなでやろうという仲間意識が強くて、リーダが見えてこない。
ずーっとそういう状態に見える。
だから、結果として互いを甘やかすことになっていないか。
フロントや監督をヘイトするところにもそういう感を感じるときあるんだ。
これはあくまで俺の主観だし、実際は、徳島にいる人たちにしか真実はわからない。
それにこの試合は応援の雰囲気もよかったという人も多いし、フクアリのことも既に過去のことだしね。
だが、客観的に自分たちを見直すことは応援に限らず、大事なことだと思うよ。

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ディズニーアウラニ三日目&四日目)

3日目。
そろそろおみやげを考えないといけません。
前回はアウラニダッフィーを20個くらい買って帰りましたが今回は特にコレという大量のリクエストはないままに来ました。
私自身もおみやげを買っていこうと思ったのは職場だけで、それもクッキーにするつもりでした。
前回来たときは食べ物のおみやげが売っていませんでしたが、今回はカレパストアにクッキーとチョコが売っていました。
これで私は大丈夫。
家族全体でもそんなにおみやげの量は大量にならないはずでした。
ところが、あるグッズが私たちに衝撃を与えます。
ダッフィーの枕です。
枕の真ん中にダッフィーの頭をつけて枕部分を丸めるとぬいぐるみになってしまうというグッズ。
TDLでは見たことのないモノだったので「なんだ、これは?」と驚きました。
これが何かわかるととにかく可笑しくって、可笑しくって。
で、欲しくなってしまいました。
これを奥さんに説明。
奥さんの友人もダッフィー大好きなので、要るか聞いてみたらと提案。
LINEで問い合わせると欲しいというリクエスト。
結局、5個も買ってしまいました。
問題はその大きさです。
アウラニダッフィーの3倍くらいの大きさのモノを5つも買ってしまい、さあトランクにどう入れようかと悩むことに。
前回もカラのスーツケースをおみやげ用に持ってきたのですが、帰るときは前回同様パンパンになってしまったのでした。

Dsc_0471

Dsc_0473_2

Dsc_0475_2

Dsc_0552_2

Dsc_0553_2

Dsc_0554_2

Dscn0142

Dscn0146_2

   
この日までできていないことはまだありました。
家族でのキャラクターとの撮影ができていなかったのです。
だから今日はグリーティングを狙おうということになりました。

 
その前にまずはビーチチェアの確保。
海がよく観えるところにしようということでレストラン「アマアマ」の外のテラスで確保。
ただ日差しが強いので要注意です。
朝食もそこでみんなで食べてから、交代で遊びに行きました。

Dsc_0455

Dsc_0456

  
グリーティングはデイリーアイワに書いてないグリーティングも結構あります。
ルアナラウンジの近くにいたらスティッチに遭遇。
一人で歩いていくので、どこへ向かうのか付いていったら流れるプールの真ん中にある島の木陰でグリーティングが始まることを知りました。
待っている人は3組くらいだったかな。
急いで戻って奥さんと娘に声を掛けカメラを持ってグリーティングへ。
無事に家族写真を撮れました。
その後、列が途絶えたので、ひたすらおちゃらけるスティッチを撮り放題。
そのあと同じ場所でミッキー&ミニーが来るということでそのまま待ってミッキー、ミニーとも写真を撮りました。
日本からジェラトーニを連れてきた人がいて、ミッキー、ミニーにジェラトーニを持ってもらっての撮影をしている人もいました。
キャラクターたちもとてもフレンドリーです。
自分たちからコミュニケーションしてくれるときもあります。
ドナルドとのグリーティングのときも、チップ&デールの縫いバを見て、自分のぬいぐるみはないの?とか。
ドナルドはとてもコミカルでした。

Dscn0269

Dscn0275

Dscn0282

Dscn0313

Dscn0314

Dscn0321

   
デイリーアイワに書かれているのはオフィシャルカメラマン(フォトパス対応)がいるグリーティングだけなのかもしれません。
実際にはいろいろなところでグリーティングをやっているので、グリーティングのキャストさんにスケジュールを聞いてみるといろいろわかります。

 
夕方、クローズ寸前のレインボーリーフではフラッグテールの群れが水槽の底で整列して寝ているところが見れました。
レインボーリーフに入るのはこの旅行では最後なので悔いないように遊びました。

 
今回ビーチでも魚を見ました。
前回はビーチができてから時間が短かったので魚がいませんでした。
その代り、偶然ですがウミガメが現れて、カヤックの下をくぐってくれるというラッキーがありました。
今回はウミガメはいませんでしたがビーチの湾の入り口となっている岩場に魚が大勢住み着いていました。
シューノーケルを持って覗きにいってみてください。
但し、岩場で波もくるのでサンダルを履いて足を保護して、波に気を付けて観に行ってください。

Dscn0249

 
夕方はビーチで夕日を鑑賞。
ちょうど結婚式で記念撮影にきているカップルも写真を撮っていました。
この日は一日で4組カップルが来ていました。
夕日はとてもきれいでした。

Dscn0334_2

Dscn0329

   
夕食はまた外で。
今日はピザコーナーの近くのお弁当屋さんHAWAIAN BAR-B-QUEでマヒマヒのフライのランチプレートと、ガーリックシュリンプのランチプレートを購入。
両方ともハーフサイズで12~13ドル。
量的には十分でした。
味も結構美味しかったです。
あとはABCストアでサラダと飲み物でした。

Dsc_0462

Dsc_0466


  
食事後はカレパストアで閉店まで買い物。
明日にはアウラニをチェックアウトして、ワイキキのホテルに行くので買い収めして荷詰め。
ワイキキでの買い物が残ってますが、枕はさすがに大きいです。

 
こうして3日目もいい一日でした。

 
4日目。
いよいよチェックアウトです。
お迎えのタクシーが来るのが11時半なのでそれまでの時間を利用して、アトラクションを一つやることにしました。
メネフネ・アドベンチャー・トレイルというタブレットを借りてプールやホテル内の謎を解決して回るというアクティビティ。
1階のルアナラウンジの隣のパウ・ハナ・ルームで10時から借りられます。
1時間のうちに謎を解決して返却するルール。
4問くらい(25分くらい)に一回続けるか、終わるか聞いてきます。
せわしないように感じますが、謎解きは子供たちにとってとても魅力的です。
いろいろな場所で謎を解きタブレットを操作します。
プールのいろいろな施設でいろんなことが起きていたのですが、実はこのアクティビティがトリガーになっているのです。
子供向けのアクティビティですが私にも面白かったです。

Dscn0348

Dscn0350

Dscn0359

 
さてこれで2回目のアウラニはサヨナラです。
このあとはワイキキ&ノースショア編です。
ここでも書くネタは結構あるので、あらためて書きます。

Dscn0365

Dscn0370



 
アウラニ、素晴らしかったです。
マハロ!

| | コメント (0)

渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ディズニーアウラニ二日目)

2日目。
6時に起床。朝日が山の向こうから差してきました。

Dscn0151

奥さんと2人でビーチの先の岩場まで散歩しました。
ここは夕日がすごくきれいに見える場所でもあります。
その後、ウルカフェにフリーのコーヒーを貰いにいきました。
ウルカフェはミッキーの描かれたドーナツなども売っていて、朝食でにぎわっていました。
ドーナツ一個5ドルはちょっと高いかな。
朝食はフリーのコーヒーに、ABCストアで買ったサンドイッチやヨーグルトとフルーツでした。

Dscn0178

Dscn0180

Dscn0189

Dscn0194

 
金曜日のデイリーアイワを入手。
16時からハラヴァイ・ローンでキャラクターも出るイベントがあるようなので、昨日ショーを見損ねたので絶対行こうと思いました。

 
この日は、子供用プールのケイキコーブの近いところでビーチチェアを確保しました。
日蔭なので風が強いと少し寒くなるときもありました。

 
まず浮き輪のスライダーでひと滑りしてそのまま流れるプールでのんびりと一回り。
ここでちょっとしたアクシデントがありました。
小さなハトが一羽急降下してきて私と接触。
たぶん水を飲もうとしたのでしょうが、バランスを崩したハトはプールに落水。
ハトは泳げないので放しておいたら数分で溺れてしまいます。
慌てて浮き輪から下りて水から救ってプール脇の植え込みに放してあげました。
ずぶ濡れのハトはヨチヨチと植え込みの中へ。
乾かないと飛べないので、そこ後一日植え込みの中でじっとしていました。

Dscn0203

 
その後レインボーリーフでひと泳ぎ。
ミッキー型のオーナメントの傍に餌が置いてあって朝食中でした。
時間帯によって水槽はいろんな風景を見せてくれるので楽しいです。飽きない。
ただ、水が冷たいので体調に考慮して楽しみましょう。

 
上がるとワイコロヘストリーム辺りでグーフィーがグリーティング。
グリーティングスポットは日蔭が多いのですが、ここは日なたでやっていました。
ここのグーフィーは、ダンスもよく踊るし、キッズ向けのプールでのプレイタイムでもずっといて相手をしてるし、くるぶしが入るくらいなら水の中にも入ってくるしで頑張ってます。
だから比較的グーフィーが出演するプログラムが多い気がします。

Dsc_0416

 
14時からはワイコロヘ・プールでシェイク・ア・シャカ・パーティー。
木曜日のプログラムです。
出演はミッキー、ミニー、グーフィーです。
キッズを集めてMCのマーカスたちがダンスの簡単なレクチャーをして、その後ミッキーたちが順番に登場してダンスを一緒に踊ります。
次のキャラクターが来ると交代して前のキャラクターはプールの周りでグリーティングを始めます。
グーフィーのときはミッキー、ミニーそれぞれでグリーティングをします。
グリーティングが終わったら3人でダンスしてフィナーレ。
ワイコロヘ・プールで何か始まる直前は一時閉鎖されるので、デイリーアイワやウィークリーイヴァで予定を確認するといいです。

Dsc_0423

Dsc_0426

Dsc_0427

 
16時ちょっと前にハラヴァイ・ローンへ。
アロハ・ファン・ウィズ・ディズニー・フレンズがありました。
16時前に行くと、人はまばらでしたが、サーフボード型のマットがいくつも敷いてあって、どれか一つに座ってくださいと説明を受けました。
16時にスタート。
最初はサーフボードマットの上での簡単な体操をマーカスからレクチャーを受けます。
その後チップ&デールがやってきて、ちょっとしたコントみたいなやりとりをします。
それから次はサーフボードマットを使ってのイス取りゲーム。
音楽に合わせてフラフラ動き回って、音楽が止まった瞬間に近くのサーフボードマットに留まる。
チップとデールはコミカルに動いて笑いを取って楽しませながら、みんなと一緒にただただ遊ぶのがこのプログラム。
ショーみたいなものかなと思ってましたが、いい意味で予想外でした。
本当に楽しかったです。
最後はキッズたちを記念撮影して終了。
楽しかった。

Dsc_0439

Dscn0214

Dscn0222

Dscn0226

 
帰ろうとしたらMCのマーカスとフィオナに声を掛けられました。
私は持っていたチップ&デールの縫いバが気になったそうです。
それは旅行にいつも連れていくクールサービスVerのチップ&デール。
クールサービスも東京ディズニーシーも行ったことがないので、クールサービスの説明をしてあげると喜んでくれました。
こういうふうにキャスト、スタッフさんがとてもフレンドリーなのがこのアウラニの魅力の源泉だと思います。
実はこのクールサービスVerのチップ&デールはアウラニにいる間大うけで何回もキャスト、スタッフさんに訊かれました。
実は前回来たときも訊かれたんですよ。
そうそう、ジャンボくんも一回だけエレベーター内でアメリカ人らしいお客さんに訊かれました。
よかったね、ジャンボくん。

Dscn0236

  
こんな感じでアウラニのキャスト、スタッフさんたちはフレンドリーで優秀です。
対応がマニュアル的じゃなくて心配りがあります。
プールガーデンのスタッフさんたちのゲストさん達への心配りもとて素晴らしかったです。

 
今回、ここのスタッフのココさん(CHOCOかな?スペル違ってたらゴメンなさい。)とちょっと話をしました。
ココさんは以前まで千葉の幕張に住んでいたそうです。
私も職場が幕張であることを話すと、少々盛り上がりました。
ココさんは日本人ゲストさんへとても丁寧に対応していました。
見かけた限りでも、グリーティングの場所が分からない日本人ゲストさんを案内したり、氷が欲しいという日本人ゲストさんのリクエストを他のスタッフに訳して対応をお願いしていました。
頼まれたスタッフさんも素早く対応していましたのでプールガーデンのスタッフさんたち全員のホスピタリティがとても高いのでしょう。

Dsc_0461

Dsc_0459

 
ココさんにはちょっと悪かったなと思うことがあって、ブログでアウラニ旅行記を書くに当たって、記事に華を添えたいなと欲をかいて、デイリーアイワを持ったモデルをお願いしたのですが(それ以前にチップ&デールを持ってもらったりしたのです)、すごく恥ずかしがっていて、それでも努めてくれたのですが、ちょっと申し訳なかったなと思っています。
この記事を読まれた方でアウラニへ行かれる方がいらしたら、弊ブログの作者がスタッフさんたちの心配りにとても感心し、写真を撮らせてくれたことに感謝し、そして謝っていたことも伝えてくれたら幸いです。
でもココさんたちの心配りは、ゲストさん達への優しさにあふれてたし、アウラニっていいなとも思えるものでした。
ココさん、これからも笑顔と優しさでゲストさんたちみんなに感謝されるスタッフとして頑張ってください。

 
この記事を読まれている方たちも、もしアウラニへ行ったらプールガーデンのスタッフさんたちの優しさを体験できたらと思います。
もちろんゲストのワガママはいけませんけどね。

  
夜の7時半からはハラヴァイ・ローンで映画上映。
この日は「トイストーリー」の一作目。
久々に観るのでなんか新鮮でした。
ござのマットを貰って、そこに寝そべったりしながら見れます。
オープンエアだから当然星空の下。
気持ちよかったです。
夕食を外へ買いに行くので1時間くらいで退出。

 
ABCストアに行きましたが、道路はさんで反対側にピザコーナーというピザ屋がありました。
ツアーのクーポンにそのお店のモノがあったので夕食のメインはピザにすることにしました。
マルゲリータ(25ドル)を注文。
ABCストアでサラダやフルーツなどを買って夕食。

Dsc_0450

Dscn0133

Dscn0130

  
2日目もトラブルなく無事に過ごせました。

<3日目&4日目に続く>

| | コメント (0)

渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ディズニーアウラニ一日目 その2)

15時になったら部屋に入りました。3年前は2階か3階の部屋でしたが、今回は7階。
ガーデン側の部屋ではないですが、周囲に高層の建物がないので、7階でも外の景色はいいです。
部屋自体は3年前とほとんど変わってはいません。
ただ、冷房は低い温度に設定されていて寒かったので温度を上げて28度にあげました。
ハワイでは暑がりの人が多くてとにかく冷房を効かすのですがさすがに温度低すぎ。
泊まっている間に1回ベッドメイクをお願いしたのですが、すると28度から22度に下げられていました。
ちなみにエアコンのコントローラーの左側面にあるボタンを押すと温度表記をF/Cで切り替えられます。デフォルトはFです。

Dscn0126

 
寒さ対策(?)としては部屋付きの毛布がクローゼットの上の棚にあります。
1枚しか部屋にないので、頼んで人数分貰った方がいいと思います。
薄っぺらい毛布でしたし、チップが必要になりますが絶対あった方がいいです。

 
ちなみにベッドメイクは1台につきチップ2ドル(そうガイドに書かれています)です。
後日泊まったシェラトンワイキキは1台1ドルだったので高いです。

 
部屋の暮らしでは洗濯は大事です。
コインランドリーはホテル棟の1階にあります。
ドル紙幣でトークン(コイン)を購入して使用します。
洗濯機はトークン3枚必要。40分くらいかかります。
乾燥機もトークン3枚必要。60分くらいかかります。
使用中でなかなか空かないのが悩みです。
乾燥機は特にそう。
もっとも、他のホテルでも同じ悩みを抱えますが、アウラニは客数からすれば比較的空いていると思います。
洗濯はここでしないといけませんが、乾燥はここではせず部屋のベランダで干してもいいと思います。
だから物干し用の洗濯紐(百円ショップのもので十分)が2本、洗濯ばさみが10個あれば十分かなと思います。
天気はいいし、カラッとしているので、夜ベランダに干せば薄いものは朝にはほぼ乾くと思います。
風が強いと飛ばされる可能性もあるのでしっかり留めておいた方がいいです。
部屋のハンガーも活用しました。

Dscn0128


初日の夜はコンドミニアム棟の裏の広場、ハラヴァイ・ローンにてアウラニ・スターリット・フイというキャラクターも出演するショーがあったのですが、さすがに疲れてしまって全員寝てしまい見逃してしまいました。
でも無理にいろいろ出歩かなくてもいいかなと思います。
まだ着いたばかりです。

 
今回、夕食は節約してABCストアを有効活用しようと思っていました。
前回は初めてだったのでレストランやカフェでいろいろ食べましたが、まず量が多いこともあり、男一人、女二人(結構小食)にはキツイときもありました。
今回は食費を節約してコストダウンを図りました。
ホテルで食べたのは下のツナとパインのホットドッグとポテト(25ドルくらい)だけでした。
ABCストアはホテルを出て左の交差点を渡ってすぐの小さなショッピングモール内にあります。
前回はちょっと寂しげな感じもしていましたが、今回行ってみたら音楽がガンガン鳴っていて人も多くてにぎやかになっていました。
モンキーポッドキッチンというレストランでした。
今回はここでは食事しませんでしたが、賑わっていたのでどなたか行ってみてください。
行かれた方のブログもあったので、モンキーポッドキッチンのコオリナ店で探してみてください。
夜は11時まで開いているみたいです。
私たちはABCストアでお弁当やお菓子、お水を購入。
テリヤキチキンのライスボウル(丼もの)が4.5ドルでしかも半額に割り引かれていました。
他にもサラダが25%オフだったので購入。
但し、日によって割引の有無や率が違いますので注意です。
デイリーのスープもあってこの日はチキンヌードル。日によって変わることがありそうです。3.99ドル。味はまずまずですがあったかいのがうれしい。
フルーツ、特にパインは甘くて美味しかったです。これもおすすめ。
朝ごはんもツアーについていないので、ここでサンドイッチなどを購入。
なんだかんだいっていろいろ買ってしまい、最終的には結構な金額になってしまったので、その辺もよく考えないといけません。

Dsc_0368


Dsc_0370

 
食事を済ませたらお風呂に入って就寝。
湿度が低く喉が乾燥するので、夜起きて水を飲むことがありました。
マスクをして寝るのがいいと書いてあったブログも行く前に観ましたが、それはしませんでした。

<二日目に続く>

| | コメント (0)

渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ディズニーアウラニ一日目 その1)

2012年の夏、私達一家は初めての海外旅行へ行きました。
初めてのハワイは行き先も人気スポットだったので、このブログも今でもブログ内の人気記事ランキングで3年経った今も上位を守り続けている記事を書くことが出来ました。
サッカーやバスケ記事をメインにしているこのブログで、旅行記が上位常連なのも不思議な気がしますが、読んでもらえている記事が書けていることを素直に喜びたいと思います。


さて2015年夏。
再びハワイへ旅行することになりました。
行き先は同じディズニーアウラニとワイキキのシェラトンワイキキです。
さらに今回はノースショアにもちょっとだけですが行ってきました。
再び皆様の旅の参考になれるような記事を書ければと思います。
細かい役立ち情報も書こうと思うのでよろしくお願いします。
量が多くて誤字とかあるかもしれませんがご容赦ください。

 
日本での8月6日(木)、21時丁度発のデルタ航空にて成田を発ち、ハワイへ向かいました。
今回の旅程は6泊7日、まずアウラニに3泊、その後シェラトンワイキキに3泊です。
旅行を計画して最初にJTBの幕張新都心店に問い合わせたのは5月でした。
今回は奥さんが企画担当。
その時点では8月のアウラニはキャンセル待ちでした。
その一週間後くらい、ガーデンビューですが価格の高い部屋が8月の何日か分だけ一つ空きが出たので仮予約しましたが、費用が高すぎて、その時点では行くか行かないか不透明でした。
一ヶ月ほど待ったのち、キャンセルにより希望していた価格の部屋が取れたので何とかアウラニに行けることになりました。
シェラトンは元々問題なかったので、旅程は決まりました。
あとは自分達の休みの調整だけ。こちらも努力の成果もあり予定通りに出発を迎えました。
デルタ航空機は殆ど揺れることなく順調にホノルル空港に到着しました。
天気は晴れ。前回より暖かい第一印象です。


空港からはタクシーでアウラニへ向かいました。
前回は驚きのロングリムジンでしたが、今回は普通のタクシーです。それで十分ですね。
30分くらい走ると見えてきたのが、アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ・コオリナです。3年ぶりにやって来ました。
3年前と同じ、ミッキーを象ったフルーツを漬けたウェルカムウォーターがお出迎えです。
ロビーは3年前と変わっていません。
そしてロビー横のコンシェルジュカウンターでは、3年前にお世話になった日本語コンシェルジュのワコさんがいらっしゃいました。
前回は娘が体調を崩したり、私がルームキーを再発行してもらったりしたとき助けてもらったので今回はノートラブルにしたいです。

Dscn0120

Dscn0121



チェックインまで時間がたっぷりあるので、前回と同じで荷物を預け、プールで遊んでチェックインまで過ごすことに。
キャラクターが来てくれるキャラクターダイニングブレックファストを予約しようとしたら既に滞在全日予約で満員。
出発する前に予約しないと厳しいという現実に直面。
ずっと待っていれば入れるかもと言われましたが、当てにはならないし、私達は前回宿泊時に体験しているので今回はパスすることにしました。
予約はコンシェルジュでもフロントでもできます。
どうもホテル自体の日本語対応がかなりレベルアップしているようです。これはありがたいことです。

   
チェックイン後、荷物は部屋からベルデスクに電話して持ってきてもらいます。
先に荷物を届けておいてくれる方式ではないので要注意です。
ちなみに荷物を預けると、預かり票を貰えるので、ベルデスクへ電話したときは、その預かり票に書かれているナンバーを告げてください。
ルームインは15時です。

 
フロントでルームキーのカードを貰ってから、荷物から水着と浮き輪を取り出して、ロッカーのあるガーデン内のルアナ・ラウンジで着替えます。
ホテル内のその日のイベントを記載したアウラニのインフォーメーション誌のデイリーアイワ(the daily IWA)も入手。
デイリーアイワの他にウィークリーイヴァ(the Weekly IWA)という週間のスケジュール表を貰えるので、それを見てショーやプレイタイム、プログラムのスケジュールを知れます。
キャラクターが出ないプログラムもとても充実していて参加する価値はありますよ。
ブートキャンプや、ヨガ、ビーチフラッグ的な遊びなども様々。
眺めていたら楽しそうだし、交流も楽しめそうです。
次回あったら参加しようと思います。

Dscn0246

Dscn0300

 
デイリーアイワはプール内でタグやタオルを貰えるカベレコーナーでも貰えます。
夜にはキャラクターのフラショーもあるようです。

 
ルアナラウンジ内の更衣室のロッカーのLock方法は扉を閉じて、[C] キーを押して4桁の任意の数字を入力して[(鍵マーク)]キーを押すとロックされます。
開けるときは同じ4桁の数字キーを押すと解除されます。
しかし、ロック装置が壊れてるロッカーが何個もありました。
女子ロッカーは知りませんが男子ロッカーではそういうロッカーがありました。
見分けかたは[C]キーを押して音がしたら正常です。注意してください。

 
着替えたらプールに入る前にカベレコーナーでタグとタオルを貰います(ルームキーが必要)。
カベレコーナーは3年前は一ヶ所でしたが2ヶ所に増えていました。
新しいコーナーは新しく出来たカマカ洞窟という新プールの前、プールガーデンの右奥です。
以前はキャラクターフラショーや映画上映をしていた広場のあった場所です。
アウラニのホテルはロビー棟から見てプールガーデンの左側がディズニーのバケーションクラブメンバーのコンドミニアム棟で、右側がホテル棟です。
映画上映する広場はクラブメンバーの棟の裏手の広場ハラヴァイ・ローンに移っています。

Dsc_0570

Dsc_0566

Dsc_0572

   
着替えてプールに行くと、いきなりミッキーマウスと出会いました。あいかわらずTDLのミッキーより緩いんですが、距離感の近いミッキーです。
それがアウラニのいいところ。
ちょっとした町の人気者って感じで、軽く挨拶してじゃあね、って感じです。
人が群がったりしないんです。3年前と変わらないところ。これがアウラニらしさの一つです。
お客さんの層は日本人は2割くらいかな。
でも日本語対応は以前よりさらに充実しているので気にしなくても全然大丈夫です。

Dscn0261


 
キャラクターグリーティングは、デイリーアイワでは午後1時から3時くらいの間で3回あると記載されていますが、実際はもっとあります。
予定はアイワに書かれている電話番号(日本語対応あり)に9時以降に聞いてみてください。
ミッキーとミニーは一緒にグリーティングすることもあります。

 
変わったと言えば専用カップを買うと使えるフリードリンクスタンドの位置が変わってました。
カレパストア内にあったドリンクスタンドは新しく出来たウルカフェ内に移動。ホットコーヒーのコーナーもそこに変わっています。

Dscn0173

 
 
プールエリアではまず拠点になるビーチチェアを確保しないといけません。
でも到着初日はプールは既にオープンしたあとなのでいい場所のビーチチェアは埋まっています。
リクライニングしない椅子ですが、比較的空いていて傘もある場所としてはレインボーリーフの前がお薦めです。
前回も今回も初日はそこに拠点を設けました。
2日目以降にチェアーベッドを希望した場所に確保したい場合、朝早くプールオープン前に行って確保することになりますが、プールの規則に1時間以上放置されているビーチチェアの荷物はカベレコーナーで預かることになっているので、誰かいないといけません。
日中、タオルが畳んで椅子の頭に掛けてあるときは、放置されているのをチェックしている注意の印なのでご注意ください。
盗難事故防止のためでもあります。
目立つバッグなどが持って行かれて、戻ってきたことに気付いたスタッフさんが教えてくれることもあります。
ではだれかずっといなくてはいけないのならどうしたら良いかですが、朝一なら朝食をビーチチェアで取るという案もありかと思います。
日中は交代で遊ぶ方がいいと思います。
一日プールで過ごすので時間はたっぷりありますし、セカセカ遊ばないで適度に休みながらまた遊ぶ。
それがここを楽しむ大事なコツだと私は思います。

 
チェアの場所をどこにするかを決めるには涼しさ優先か、眺め優先かをちゃんと決めましょう。
日陰の場所は無風なら涼しいですが風が強いと寒いです。
ホテル棟の陰も有効に活用しましょう。
ビーチに面した眺めのいい場所は暑いですし、肌が焼けます。
色々考慮して場所を決めましょう。


それからルームキー(カード)は無くさないようにと、ストラップ付のカードホルダーに入れて首から下げ、ラッシュガードの上着の中に入れて行動しました。
実は前回来たときに一回無くして再発行したので、今回はしないように考えたのでした。

 
さあ、ビーチチェアを確保したらカベレコーナーでタグとタオルを貰って遊びましょう。
プウ・キロスライダーはお薦めです。
浮き輪の数も増えていて、スライダーの入り口付近になくても流れるプールの途中でかなり乗り捨てられているので、すぐ確保できます。
スライダーは浮き輪に乗るタイプと、体だけで滑るタイプの2種類あります。
列は長いように見えて待ち時間が短いのは浮き輪の方です。
待ち時間は最長でも15分くらいかな。普通は10分くらい。
2人乗りの浮き輪もすごく増えているのでペアで楽しむのもお薦めです。

 
私が大好きなのはシュノーケル体験のできるレインボーリーフ♪
1日は15ドル、滞在中全日は20ドルなので私は迷わず全日♪
ただこのアトラクションは注意が必要です。
まず水を魚に合わせている水温なので本当に冷たいです。
慣れれば大丈夫ですが、低体温症になる可能性があるので注意してください。
私が入っているときも低体温症になった子供が助けられてました
入っているときはバタ足は禁止。手で漕ぎましょう。
救命胴衣はしっかり膨らまして、ヒモは股間をくぐらせて止めると下半身が沈みにくいです。
シュノーケルで掴んだコツは、口で長く大きくゆっくりと吸って吐いてをすることです。
鼻では呼吸しないでください。
それとピッチを上げたり、慌てて呼吸しては苦しくなります。
16時半くらいに入水すると、眠る寸前の魚の群れが観れるかもしれません。
初日は旅の疲れや、シュノーケルの息継ぎの感が戻ってなくて疲れたので30分で上がりました。
明日以降入りまくろうと思います。
水槽からあがったら、備え付けの暖かいシャワーで塩水を流して、ジェットスパに直行して暖を取ってください。
新しく出来たカマカ洞窟にもジェットスパがあるのでそちらも利用しましょう。

Dsc_0402

Dsc_0367



 
レインボーリーフもそうですが、風が吹いていると寒いのでバスタオルは多めに貰って上半身だけでなく下半身もしっかり拭いて水を取り身体に巻きましょう。

 
アウラニに来ると即テンションが上がってしまいますが、旅の初日は見えないところで疲れが来てます。
時差ボケもそうです。
ビーチチェアに戻ると娘は既に爆睡。
去年は来た翌日に体調を崩したので無理はいけません。
初日はそこそこにプールを上がり部屋に入りました。

Dsc_0380

<一日目その2に続く>

| | コメント (0)

2015年8月 6日 (木)

本日より夏休みに入ります。

本日より夏休みで出掛けてきます。

帰ってきたら旅行記を上げます。行先はここの人気記事ランキングを参照ください。

ヴォルティスに何もないことを祈りますぅ。

| | コメント (0)

2015年8月 2日 (日)

ヴォルティス、連勝新記録ならず。残念なことの敗戦なれど大事なのは次。

2015 J2 第27節 フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド千葉 1 - 0 徳島ヴォルティス
【得点】33' 谷澤 達也

 
今節は家族のイベントがあって行けませんでした。
フクアリは家から一番近いので行きたかったのですが仕方ありません。
途中からですが、オンデマンドで観戦していました。

 
佐藤の依存過多については前回に指摘したんだけど、早くも現実問題になってしまい残念です。
佐藤がどれほどの離脱になるかはわかりませんが、彼の穴は全員で埋めてもらいたいと思います。

 
今の順位でさらに上位を狙うには自らアクションしていくサッカー(いわゆるアクションサッカーとは少し違う意味、積極的、速く、考えてプレーする。)が必要です。
そういうサッカーを結果(ゴール)に結び付けるのは実はかなり大変で、過去にそれがうまくいったチームはあまり見たことがありません。
でもアクションは大事です。
気持ちでもプレーでも。
次からまた進むだけです。

 
居なかったので何も知らないのですが、いろいろ残念なこともあったようです。
それも含めて、仮に何かもハッピーに終われた勝利できたとしても、次が大事であることは変わりません。

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »