« 渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ディズニーアウラニ三日目&四日目) | トップページ | 渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ワイキキ&ちょこっとノースショア編 1日目) »

2015年8月16日 (日)

ウノゼロで勝ち切る力、ヴォルティス、固まりつつある強さ。

2015 J2 第29節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 0 東京ヴェルディ
【得点】徳島:39分 津田 知宏

 
10人になったからといって、リードしていたら勝利が、追加点が保証されるわけでもない。
だが、より試合をコントロールしやすくなるのは確かで、追加点が取れないことで乱れていくこともなく最後まで勝ち切ったことが一番大事だ。
澤井が既に1枚貰っていることも分かったうえでのアタックとファウルをさせたなら凄いよね。
それ以上に、ジョンミンが強さを身に付けたことが大きい。
競りあって勝てるジョンミン。裏へ抜ける津田。攻撃は持ち味が高いレベルで噛みあいだした。
持ち味の違いがあるが、佐藤が抜けている穴は大丈夫だろう。
藤原が言っているように、チーム全体として方向性が定まっていることがここ最近の結果を生み出している。
1-0ばかりで面白くないと思う人がいるかもしれないが、私はサッカーの面白さの神髄は1-0(ウノゼロ)にあると思っている。
今はまだ確たる強さまではいっていなくて、1点しか取れてない、シュート結構打たれてる、ラッキーで失点しなかった場面もある、の要素は多い。
が、ウノゼロはチームを確実に強くする。
こういう勝ち方をもっと積んでいければ、失点ゼロのままに追加点も入るようになるだろう。
PO圏まで7差。
次の磐田戦が面白くなってきた。
行きたいけど、ちょっと難しいかな。
頑張ってほしい。

 
フクアリで残念なことが起こったことについて一言。
トラメガやフラッグはゴール裏みんなのものだ。みんなの意志と力を発信する大事な道具だ。
ある意味、道具ではなく仲間だ。
それを傷つけるようなことをするのは仲間に対して失礼極まりないだろう。
例えどんな負け方であってもだ。
それは負け試合をした選手の責任の範囲でもないし、監督の責任の範囲も越えている。
フロントに責任を押し付けるのも間違いだ。
自分たちの手の中にあったものだろう。
怒りの表現としてやっていいことではない。
その辺は猛省してもらいたい。
そして周りも甘やかさないでほしい。
徳島のゴール裏は言い意味でも悪い意味でもみんなでやろうという仲間意識が強くて、リーダが見えてこない。
ずーっとそういう状態に見える。
だから、結果として互いを甘やかすことになっていないか。
フロントや監督をヘイトするところにもそういう感を感じるときあるんだ。
これはあくまで俺の主観だし、実際は、徳島にいる人たちにしか真実はわからない。
それにこの試合は応援の雰囲気もよかったという人も多いし、フクアリのことも既に過去のことだしね。
だが、客観的に自分たちを見直すことは応援に限らず、大事なことだと思うよ。

|

« 渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ディズニーアウラニ三日目&四日目) | トップページ | 渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ワイキキ&ちょこっとノースショア編 1日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ディズニーアウラニ三日目&四日目) | トップページ | 渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ワイキキ&ちょこっとノースショア編 1日目) »