« 渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ワイキキ&ちょこっとノースショア編 2日目) | トップページ | 決定力の差で敗れるも力は示したヴォルティス、ここからの中断期間が勝負。 »

2015年8月19日 (水)

渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ワイキキ&ちょこっとノースショア編 3日目)

3日目。

朝早く起きて高橋果実店へフルーツを買いにいきました。
意外とシェラトンから近くて正直驚きました。
前回来たときも何度か来ましたが、ここのフルーツは最高に美味しいです。
フルーツ盛りとマンゴーシャーベットを購入。
奥さんはどうしても行きたがっていたし、よかったです。

Dsc_0519

Dsc_0523

Dsc_0524


お土産を買う日です。

私個人はワイキキに来てからは食べ物か飲み物以外何も買っていません。

私側のお土産はアウラニでクッキーを買ってあるからです。

ただ甥っ子から頼まれたお菓子はまだ見つかっていませんでした。

「ヤンヤンボーを買ってきて。」
というのがリクエスト。

去年ハワイに行ったときにローソンに売っていたのだそうです。

ところがシェラトンにあるローソンにはそれらしいものはありませんでした。

すぐ見つかるだろうと思っていたので特にどんな外見なのかとか調べてもいなかったのですが、もはや調べなくてはどうにもならず、旅行中最低限しか使わずにいたネットで調べました。 

判ったこと。

ヤンヤンボーはヤンヤン棒という日本の明治製のお菓子であることでした。

Yumyumbow

てっきりハワイの地元のお菓子でYumYumbowとか書いてあるのだろうと思っていたのでビックリ。

なぜなら日本製のお菓子をハワイで探すのだ?それも明治というメジャーのお菓子を、
と思いましたが、これは大好きなお菓子で、日本でも売ってたけど販売終了になっていて、輸出したハワイではまだあったというパターンかもと思いました。

ただローソンにもABCストアにも無いのです。

 
残る望み。

今日買い物に行くアラモアナショッピングセンターの近くにドンキホーテがあってそこにも買い物に行くのでもしかしたらあるかもしれないということ。

 

果たして。

 

ヤンヤン棒はドンキホーテにありました。

一個76セントです。

4種類あったのでイチゴ、チョコ、イチゴ&チョコの組み合わせで5個購入。
旅行終盤で何とか手に入りました。

 

奥さんはピスタチオをお土産の一つに買っていきました。

物価の高いハワイでもピスタチオは日本で買うよりずっと安かったそうです。

 

アラモアナではディズニーストアくらいしか行きませんでしたが、私はアベンジャーズのニック・フューリーのフィギュアを購入。

割り引きで14ドルが9ドルでした。
結局、ワイキキで買った個人の買い物はこれだけでした。

これで我が家のアベンジャーズメンはリーダーを迎え入れることができました。

Dsc_0638


Dsc_0639

 
あとはペット用品店で飼っているトイプードル(親戚宅でホームステイ中)のお土産として服を買おうとなりました。

日本では一番人気のトイプードルですがアメリカでは人気無いんですね。

犬のカレンダーを見てもトイプードルは一回も出てきません。

日本だと2~3回はでてくるので、ところ変わればです。
結局、Tシャツ1枚購入。

Dsc_0645

Dsc_0642


こうして、買い物終了。
ホテルへの帰路へ。

ツアーに付いているカードを使うと旅行会社専用のトローリーバスでワイキキ中に行けます。

実はダイヤモンドヘッドの周遊バスにもフリーで乗れるので、ここまで来たらダイヤモンドヘッドを近くで見たいとリクエスト。
アラモアナからのバスの停留所と同じ場所から周遊バスも出ているので、急遽ダイヤモンドヘッド周遊に行きました。

2階建てバスの2階にいると時々街路樹の枝が顔スレスレに来るので油断できないツアーでしたが、ハワイらしさを楽しめたのでよかったです。

Dsc_0531


ホテルに戻ってからは最後の一泳ぎ♪

悔いないように泳いできました。

 
夕食。

今回の旅行のクライマックスとして有名なステーキ店でディナーすることになっていました。

ウルフギャングステーキハウスです。

よくテレビのハワイロケに出て来るアソコです。

前日予約を入れたのですが、一杯で9時半からのディナーになりました。

事前にネットでお店をリサーチ。
すると、高価な食事になるのですが美味しいのでツアーのオプショナルだと思って楽しみましょうという文字が...。

どのくらい高いのかを事前に知れたのは幸いでした。

かくして腹を括って腹一杯お肉を食べるオプショナルツアーに行ってきました。

Dsc_0540



お店はロイヤルハワイアンの3階なのですぐです。

お店は9時半でもかなり混雑していて店の外のショッピングセンターの通路にまでテーブルを出していました。

私たちは入り口のすぐ横ですが、お店の中でした。

娘のバレエの発表会の演目だったコッペリアに出てくるコッペリウスに似たオジサンが私達のテーブルの担当。
片言ですが早口の日本語で笑いを狙いながらオーダーを聞きに来ます。

私達は、お店看板のTボーンステーキの二人前と、シーザーサラダ、オニオンリングフライ、ライス、そして飲み物としてビールとソフトドリンクをオーダー。

お店は大音量の音楽が掛かってることもなく、カウンターのテレビではESPNらしきスポーツ中継を流していますが音は出していなくて、程々の賑やか差です。

あからさまな高級感もなく、居心地は良かったです。

少し時間が掛かりましたが、サラダのあとにステーキがオニオンリングと共にテーブルへ。
最初は取り分けて部位も説明してくれます。

待望のお肉は...柔らかくて肉汁も一杯で美味しいーーー♪
これが有名なステーキのお肉かあ♪って感じでした。

Dsc_0548_2

Dsc_0550_2


幸せ♪
至福のディナー、しめて209.28ドルでした。

私持ち。

 

こうしてハワイ旅行のクライマックスを終えた私達は翌日日本への帰路に就きました。

アウラニは別格でしたけど、ノースショアが素晴らしかったです。

次回があったらノースショアにまた行きたいです。

 

長い記事の最後まで読んでいただきありがとうございました。

Dsc_0559

Dscn0467

|

« 渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ワイキキ&ちょこっとノースショア編 2日目) | トップページ | 決定力の差で敗れるも力は示したヴォルティス、ここからの中断期間が勝負。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渦帝一家またハワイに行く 2015夏(ワイキキ&ちょこっとノースショア編 2日目) | トップページ | 決定力の差で敗れるも力は示したヴォルティス、ここからの中断期間が勝負。 »