« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月30日 (水)

千葉ジェッツ、プレシーズンマッチはbj勢に全勝。そして富樫勇樹加入。

vs.京都ハンナリーズ

9月26日(土) HOS名張アリーナ
京都 81 - 87 千葉
  #5 リック・リカート 23PTS
  #13クリント・チャップマン 19PTS
  #12岡田優介 17PTS
 
vs.ライジング福岡
 
9月27日(日) HOS名張アリーナ
福岡 80 - 84 千葉
  #5 リック・リカート 25PTS
  #13クリント・チャップマン 17PTS
  #12岡田優介 15PTS

 
千葉ジェッツはあと2週間で開幕を控える前に最後のプレシーズンマッチを2試合行った。
この2試合は「HOS GAME 2015 Summer in HOS Nabari Arena」というイベントの中での試合である。
相手は京都ハンナリーズ、ライジング福岡のbjリーグの2チームだ。
京都ハンナリーズは来年のBリーグで同じ一部に所属することになる。
が、先日の秋田と同様、来季は陣容を変えてくるだろうと思うので前哨戦というには早い。
互いに調整の仕上げがメインになるがbjリーグは今週末開幕なので、来週末開幕のNBL勢の千葉ジェッツとは状態も違う。
その中で2試合とも勝ち切れたのはやはり選手の個のポテンシャルの違いが一番大きいように思う。
特に初戦の京都戦は西村文男を体調不良で休ませたため、人数が少なく厳しい条件下での勝利だった。
両試合ともリック・リカート、クリント・チャップマン、岡田優介の3人がスコアのトップ3を占めた。
体調不良だった西村文男が復調し、現在日本代表に参加中の小野龍猛と荒尾岳が戻ればかなり厚みのある陣容になる。
怪我人の阿部友和が戦列復帰するだろう。
そして後述するがさらに大きな補強も成し遂げた。
あとは結果を出すだけ、である。
それが一番難しいのだが。

 
ただ、サッカーと違い、今のバスケットボール界はまだまだ成長させなくてはならないことだらけだ。
リーグ優勝しても、それが他のスポーツのニュースを差し置いて大きく扱われるようにならないと実質的に負けと同じだ。
勝ちではなく価値を生み出さないといけない。
それこそ、社会的に認知度を上げられれば優勝できなくても勝利ともいえる。
圧倒的に強くても、社会的に白けさせてしまったらそれは敗北なのである。
だから選手だけでなく、フロントも、ファンもそのために一丸となって千葉ジェッツを知ってもらうことに全力を尽くす必要がある。
そのうえで、選手たちは勝利という結果を生み出し、フロントやファンがその勝利に価値を積み上げる役割を担う。
それが理想的だろう。

 
そのためには大勢の観客に観に来てもらわないとならない。
そのためにはスターがいる。
そして、現在考えうる中で最高の選手を獲得することができた。

 
富樫勇樹はバスケットボール界では非常に有名な、そして若く有望で野心的なヒーローだ。
彼は多くの日本のバスケットボールファンの夢も背負っている。
田臥勇太を継ぐ日本バスケ界の顔になりうる選手だ。
そんな彼はまだ新しい所属先を決められずにいた。
日本代表にも召集されたが、所属先が決まっておらず、チーム練習ができていない状態での参加であったため試合勘が鈍っていたため出場機会に恵まれていなかった。
そんな彼が千葉ジェッツに加入することになった。
チーム練習に加わり、実戦に出る必要がある。
何よりも所属チームがない状態がこれ以上続くことは彼に取って何のメリットにもならなかっただろう。
以前在籍した秋田ノーザンハピネッツに復帰する選択肢もあったと思うし、彼ほどの選手ならば欲しいと思うチームはいくらでもいただろう。
千葉ジェッツに決めてくれた理由はわからないが、最高の選択となったと思えるといいなと思う。
ジェッツにとっては阿部友和の長期離脱が避けられない中で、得点力のあるPGの獲得は急務で、その状況下で最高のカードを引いたように思う。
ただし、すごい人気選手ではあるが、彼はまだこれからの選手で、NBAでのプレーを成し遂げていない。
プロキャリアとして日本国内でも他のトッププレイヤーを凌ぐ活躍を見せてスコアを挙げたわけではない。
何も成し遂げていないのだ。
バスケ界ではヒーローだが、社会的には無名に近い。
マンチェスターユナイテッドでプレーした香川真司とは比較のしようがない。
才能がずば抜けてはいるが、実績では俺は負けていないと自負する選手は大勢いる。
もちろん、彼らも内心ではそう思っていても彼にバスケットボール界の未来を託そうと思っているはずだ。
彼の華々しい未来への道を開くためにも、彼を後押しする応援を皆でしよう。
それが今季の千葉ジェッツの成否を左右するといってもいい。

 
いづれにしても今季の千葉ジェッツはバスケ界でもっとも注目されるチームになった。
FBのいいねも今週中にそもそも開幕までに10000いいね達成で3位浮上が目標だったが、今週中にも2位浮上までいきそうだ。
1位奪取の可能性も高い。
それが意味を持つのも千葉ジェッツの存在をバスケ界の外へアピールすることが成功するかどうか次第だ。
でなければただの数字でしかない。
千葉ジェッツに価値をもたらす。
私はできることをする。
そのための準備はかなりできている。
開幕が楽しみです。

| | コメント (0)

2015年9月27日 (日)

ヴォルティス、無念のドロー。納得できない結果だが受け止める。

2015 J2 第34節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 1 セレッソ大阪
【得点】徳島:78' 冨田 大介
     大阪:45+3' パブロ

 
濱田のシュートがゴール判定だったら結末はどうなっていただろう。
みんなそう思うだろうね。自分もそう思うよ。
ただ、審判があの瞬間の判断としてそう判定したわけで、テレビからどう見えようと、スタンドからどう見えたとしても、スダンドのどこから見てたとして、検証すればゴール判定が妥当だと100人が100人そう思ったとしても、決められるのは審判でしかないのだからあれが正しいのだ。
つまり、誤審というものはないんだよね。全て正しいのさ。
そういうルールの中でやってるわけで、仮にプレー止めて映像判定で全て決めるようにしても、微妙なプレーで怒りの矛先が変わるだけだよ。
結局同じようなやりきれなさを抱えて負けるわけだ。
それは変わらないよ。断言していい。
このあいだTwitterでも書いたことと同じ。
今のチームの出来がどうであれ、順位がどこにいても、カテゴリーがどこであっても、どうせイライラすることからは逃れられない。
結局どこにいっても付いて回る。
誰かのせいにしないと負けを飲み込めなくなるだけ。
そんな不安に負けることが一番自分を惨めにする。
そんなことではいつまでたっても強くなれないのよ。
あれはあれで正しい判定なんだって。
テレビの画像Twitterに揚げて誤審だ何だといってもそれ以上行動するわけじゃないでしょ。
拡散頼み、拡散した先の誰かの行動頼み。
誰も何もしてくれなかったらそれこそ惨めじゃん。
自分たちが味わったことなんて他人には何でもないって証明されるだけでさ。

 
そもそも今現在の順位に追い込んだのはああいうプレーシーンをもっと早期の試合でたくさん作らないといけなかったのにできなかったからだ。
今更ながらああいうチャンスシーン作って、それが判定でノーゴールになったとしても価値はないよ。

 
それとは別に、今日は気迫が籠ったプレーだった。
ああいう戦いぶりをもっと観たかった。
序盤からああいう試合を観たかった。
とも皆思っているよね。自分もそう思う。
それなら結果が今と同じ順位でも納得できたとは思えないけどね。
もうちょっとマシだったとしてどうだったかはそれぞれ自分たちで想像すればいい。
たぶん納得できてなんかいない。
そんなもんだよ。
だけど、だからサポーターって稼業を続けられる。

 
ダラダラと関係ない様なことを書いてるけど、それも今日の内容で、今日の判定も含め、今日の結果について自分が納得できていないから。
でもね、受け止めるしかない。
審判に怒りも感じていない。
望みはしぼんだかもしれないが、それが次の試合に挑む気持ちに1ミリたりとも揺らぎを与えるわけではない。
それは皆も同じはずだ。

| | コメント (0)

2015年9月23日 (水)

ヴォルティス、手詰まり感満載なドロー、このままでは終戦もありうる。

2015 J2 第33節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 0 横浜FC

 
クリアなのかロングフィードなのかも曖昧なキック。
中盤でボールを持つと、相手選手が追い越して戻っていくのを待って攻めるような展開。
いや、攻めるならまだいい。そこでバックパスなのだから。
時間とボールをただただ無駄に使うだけ。
主審の判定は何度か問題はあったが、それが得点を消すようなシーンではなかった。
その判定となるシーンで決めるべきだった。
結局、前々節と同じ無意味なドローに終わった。
だが残り試合を考えれば、無意味さの重さは増しただろう。

 
前節にしたって内田が出てくるまではこんな感じだったよね。
内田が万全じゃないから途中からしか使えないのは仕方ない。
だが、そこまでの時間とボールは有効に使わないといけない。
今は、というか今さらだけど戦い方に迷っている感じすらする。
もちろん、選手は一生懸命打開しようとはしている。
が、残り試合は少ない。
結果に結びつかないといけない。

 
それでもまだギブアップするわけにはいかない。
選手たちを信じるしかない。
木村が戻ってくる。アレックスも戻ってくる。内田もコンディションをあげてくる。
セレッソに勝って勢いを取り戻す。
結局この試合がどうであれ、次の試合に勝ち続けるしかないのだから。

| | コメント (0)

2015年9月21日 (月)

イライラのち歓喜。ヴォルティス、冨田の劇弾で勝ち切る。

2015 J2 第32節 Pikaraスタジアム
カマタマーレ讃岐 0 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:87分 冨田 大介

 
残り試合も本当に少なくなってきた。
順位はギリギリの位置のままだ。
結果は付いてきているがまだ目指すべきところには勢いが足りない。
ただ、光明はある。
佐藤や内田が戻ってきた。
残り10試合も決して少なくない。
希望はあるし、その時、その試合の選手、サポーターの試合での姿勢は次明日の姿の鏡だから精一杯やることは続けなくてはいけない。

 
バックスタンドに陣取ることになり、テレビで観ているには最初違和感もあった。
が、あのスタンドの傾斜と正面であるということはたくさんのフラッグを映える絵にしてくれた。
かっこよかった。狭いとかいろいろ不満もあったかもしれないが、一体感の中で企画をやり、そして勝てたという経験は今後活かされるといいなと思う。

 
戻ってきた内田は閉塞した空気に風穴を開ける活力になった。
佐藤の不在は痛かったが、結果としてジョンミンの成長と彼への信頼が増す結果に繋がった。
失速さえ危惧された中で、十分ではなかったが加速はした。
小さなことかもしれないが、長谷川悠が折り返したボールからゴールにつながったことは長谷川悠にも活力を与えてくれるといい。
イライラした嫌な空気が漂う中で最後に決めきれたことは自信にもなるし、今このタイミングでこういう試合ができたことは残り試合を考えてもベストタイミングだった。
その10試合を大事に、そして今季の成果に、そして来季への力にできると最高なんだけどね。

 
個人的には、どこか試合に行きたいなあ。
最終節か、その前のホーム最終とか行けるといいんだけどなあ。

| | コメント (0)

2015年9月15日 (火)

リスクに挑めず、ドローに逃げたような試合。ヴォルティス、無意味なドロー。

2015 J2 第31節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 0 V・ファーレン長崎

 
相手はとても意欲的だったが、ヴォルティスはそれを受けた形で試合に入ってしまった。
入るだけなら攻勢に転じて主導権を奪えばいいのだが、いつまでたっても流れを変えられなかった。
そんなに崩されてはいなかったが、ちょっと攻めさせ過ぎてしまった。
どこで切り替えていくかを探っているうちに時間だけが過ぎて結局そのまま終わってしまった。
結局、気がついたら試合終了直前になってしまいドローに逃げてしまった。
そんな感じの試合だった。

 
勝てる試合にできたはずなのに自分たちで負けなくてよかった試合にしてしまった。
堅実さは示したかもしれないが、少なくともそれはこの試合で示さなくていいモノだった。
示してもいいが、それだけではダメだし、それが一番大事なものではなかった。
勝ちにいかなくてはいけない試合だったし、勝たないと意味のない試合だった。
1試合無駄にしてしまったと言っていい。

 
リスクを負って攻めにいき、その結果カウンターなりでやられたとしても攻めに徹すべき試合だった。
失望した人は多かったと思う。
エンターテイメント性はゼロだった。
もっとお客さんに価値ある試合を提供しないといけない。
スタジアムに来てよかったと思わせる試合を。
試合の魅力が伝わらなかったら意味ないんだよね。
もう残り試合数も少ない。
こんな試合はもうしてはならない。

 

| | コメント (0)

2015年9月 8日 (火)

千葉ジェッツ、bj秋田とのプレシーズン初戦を2連勝。

vs.秋田ノーザンハピネッツ

9月6日(日) 大仙市大曲体育館
秋田 80 - 90 千葉
  #12岡田  30PTS
  #11西村  20PTS
  #5リカート 16PTS
 
9月5日(土) 潟上市天王体育館
秋田66-69千葉
  #43クック 16PTS
  #5リカート 12PTS
  #27石井  11PTS

 
千葉ジェッツは1か月後にシーズン開幕を控えた中、秋田まで遠征しbjリーグの強豪である秋田ノーザンハピネッツとのプレシーズンマッチを戦った。
今季のプレシーズンは各チームの状況以前に、バスケットボール界の動向が話題の中心になっていた。
各チームが来年からのJPBLにおいて所属するリーグ分けにもフロントの力を割かれていたこともあっただろう。
各チームの現状を知っているわけではないが、チームの体制として準備が一番整っているのは千葉ジェッツだろう。
各チームは外国人、特にセンタープレイヤーの獲得に時間を要しているようだし、合流はもっと遅れているようである。
秋田もその通りでこの2試合の時点で外国人選手の獲得が終わっていない。

 
千葉ジェッツの今季ここまではほぼ満点に近い順調な仕上がりなのではないだろうか。
JPBL一部リーグ入りは、昨季最終戦で5,000人近い観衆を川淵チェアマンの前で見せたことでだいぶアピールできていた。
地元の支援、財務状況も問題はなかったし、何よりチーム名が短いので一番一部リーグが近かったと思う。
その中で外国人選手の補強も合流時期も順調だった。
小野龍猛選手と荒尾岳選手が代表に招集されたことは嬉しい誤算ととっていい。
残念なことは阿部友和選手が負傷し、今はチームに合流しているがリハビリ中であることだが、これもあとは時間を待つだけだろう。

 
その秋田ノーザンハピネッツはJPBLでも同じ東カンファレンスの所属となる。
来季は互いに戦力は変わるだろうから前哨戦とは言えないだろう。
ただ、シーズン前の言い意味での練習試合の相手としては贅沢過ぎだ。
それに秋田は熱心なファンを大勢抱えている。それは尊敬している。
その点ではジェッツはまだまだ足元にも及ばない。
それは私にも責任はある。そう思わないとこの先やるべきことをやっていけない。
ただ愛情だけ注げば応援になる時代は終わっていて、それをどう力に変えることを考え実現しないといけない。
秋田は理想的だが、千葉は、船橋は違う形もイメージして目指したい。

 
試合は、2試合とも今の状態が素直に結果に表れたと思う。
もちろん、秋田は継続されて蓄積しているポテンシャルを見せた。やはり強い。
それでも2つ勝てたのは、新体制ながら勝てる監督を招へいし、勝てる新戦力を獲得したフロントの、島田社長の先を見る目と実行力の成果だと思う。
秋田には試合までに準備時間がなかったから仕方ないだろう。
もちろん、成果というには今は言い過ぎだが、期待の新戦力が両日でトップスコアを出したことは、言い過ぎではないと言える未来をより早く実現させてくれると思う。
NBAでの実績も豊富なブライアン・クック選手は高い身長ながらアウトサイドから射抜くスキルに長けている。
ディフェンス面で彼がオン1に入ったときに課題が見えたようだが、荒尾岳選手が戻って来ればだいぶ解決するだろう。
岡田優介選手はいろんな面で一番期待しているし、活躍してくれるだろう選手だ。
2戦目は30PTSマークした。
3Qで逆転3Pを決めた。
クリント・チャップマンも試合の流れを力強く寄せるダンクを連発で決めたようだ。
悪く言えば、初日はどうにか逃げ切り、2日目は終盤逆転できるまでは負けゲームと言えなくもないが、それは重要なことではない。
前後半でbjルール、NBLルールと切り替えた試合をフラットに評価はできない。
それでも勝つことは大事で、秋田のような相手と闘い、勝って、かつ課題も見つけられることは大きい。

 
いづれにしても、これはNBL、bjどのチームというかプロスポーツクラブ(今後全チームがそういう立場になるが)として最も勝たなければいけない相手は対戦相手ではない。
マイナーという社会からのレッテルであり、国際大会での弱さであり、他のプロスポーツであり、毎試合5,000人の観衆を集めるにはどこも足りていない低いチームへの関心である。
強くても人気がでなければ滅びる未来しかない。
本当に勝たないといけないのはお客さんなのだ。
お客さんを開拓していかないと勝利はない。
残念ながら、強豪の秋田に勝っても、地元船橋でのインパクトはゼロに等しい。
ジェッツに限らずどのチームもそうだが、自分たちが負けることがトップニュースになるくらいの存在になることを競わないとダメだろう。

 
残り一カ月、今の状態を見れば時間は十分ある。
自分の準備もようやく始めたので、開幕に向けてテンションをあげていこう。


バスケ女子日本代表はリオ五輪の切符を手に入れた。
本当におめでとうございます。

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »