« イライラのち歓喜。ヴォルティス、冨田の劇弾で勝ち切る。 | トップページ | ヴォルティス、無念のドロー。納得できない結果だが受け止める。 »

2015年9月23日 (水)

ヴォルティス、手詰まり感満載なドロー、このままでは終戦もありうる。

2015 J2 第33節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 0 横浜FC

 
クリアなのかロングフィードなのかも曖昧なキック。
中盤でボールを持つと、相手選手が追い越して戻っていくのを待って攻めるような展開。
いや、攻めるならまだいい。そこでバックパスなのだから。
時間とボールをただただ無駄に使うだけ。
主審の判定は何度か問題はあったが、それが得点を消すようなシーンではなかった。
その判定となるシーンで決めるべきだった。
結局、前々節と同じ無意味なドローに終わった。
だが残り試合を考えれば、無意味さの重さは増しただろう。

 
前節にしたって内田が出てくるまではこんな感じだったよね。
内田が万全じゃないから途中からしか使えないのは仕方ない。
だが、そこまでの時間とボールは有効に使わないといけない。
今は、というか今さらだけど戦い方に迷っている感じすらする。
もちろん、選手は一生懸命打開しようとはしている。
が、残り試合は少ない。
結果に結びつかないといけない。

 
それでもまだギブアップするわけにはいかない。
選手たちを信じるしかない。
木村が戻ってくる。アレックスも戻ってくる。内田もコンディションをあげてくる。
セレッソに勝って勢いを取り戻す。
結局この試合がどうであれ、次の試合に勝ち続けるしかないのだから。

|

« イライラのち歓喜。ヴォルティス、冨田の劇弾で勝ち切る。 | トップページ | ヴォルティス、無念のドロー。納得できない結果だが受け止める。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イライラのち歓喜。ヴォルティス、冨田の劇弾で勝ち切る。 | トップページ | ヴォルティス、無念のドロー。納得できない結果だが受け止める。 »