« 千葉ジェッツ、アウェイで今季初勝利。追いすがる広島を振り切る。 | トップページ | 前節の逆のような敗戦。ヴォルティス、先制点を与えて意気沈む敗戦。 »

2015年10月25日 (日)

千葉ジェッツ、熊本の勢いとパワーに完敗。船橋のヒーローにはまだなれず。

10月24日(土) 佐倉市民体育館
千葉ジェッツ 69 - 79 熊本ヴォルターズ
  #5 リック・リカート 19PTS
  #11小西村文男 18PTS
  
 
開幕から3節を迎えた。
広島に2連勝して勝敗をタイに戻し、次に目指すはホーム初勝利である。
会場である佐倉市民体育館はこれまでも何度も試合を行ってきた。
が、相性は必ずしもよくない。
勝った記憶がない。あるのかもしれないけど。
だが、そんな佐倉も今回は少々状況が違う。
前売りの段階で2階自由席は完売。
結局、当日券は1階席も出なかった。
文句なしの満員である。
あとは勝つだけ。

 
と、いかないのが勝負である。

 
1Qはいいスタートを切った。
が、2Qから様相が一変する。
今の千葉ジェッツの弱点は相手ディフェンスがプレッシャーを上げてきたときのチームとしての対応が稚拙なことである。
広島戦のときも相手のディフェンスに押され、リズムを崩している。
相手がオフェンスのパワーを上げてきたから流れを奪われているのではなく、ディフェンスでパワーを上げてきたとき崩れてTOが増えていくのである。
チーム内の練習ではディフェンスのプレッシャーを上げるといっても限界はある。
熊本ヴォルターズは広島戦をよく見て研究してきたのかもしれない。
個での能力は高いが、その個の連携がまだ不安定なのだ。
前半はどうにかリードして終われたが、後半3Q序盤に一気に突き放されたのは必然だったように思う。
4Qで選手を変えなかったのは、ジェリコの中では何かそれと無関係ではない理由があるように思う。
根拠はないけどね。24年生の渦帝さんの感かな。

 
昨年も熊本ヴォルターズには負けた。
あのときも稚拙な試合だったが、勝てる要素が多かったのに自爆したような試合だった。
この試合は、熊本ヴォルターズがしっかりと勝つ策を敷いて、してやったりの勝利だった。
この後もヴォルターズと戦うが、かなり不利となるだろう。
チームの成熟が高まるまでは、個で打ち勝つしかない。
今日はそこで気持ちが負けてしまった。

 
選手たちに言いたいこと。
フロントは努力してホームスタジアムに3試合連続で驚異的な動員実績を作ってくれている。
それは後援会の力も大きいが、それも君たちに期待している大きさ故だ。
君たちにはそれに応える義務がある。
もちろん、勝負ごとだから難しいこともある。
だが、君たちはやれるはずだ。やらないといけないはずだ。
龍猛、岳、君たちは日本代表だ。ラグビーの日本代表は結果を出してる。サッカーの日本代表は結果を出せという視線に晒され続けている。
富樫君、君が目指しているのはジェッツのステージよりもっと上でしょう。
留まっていたら、バスケットボールは野球や、サッカーはもちろん、ラグビーにも離されるよ。
相手が厳しく来たら、チームの差は仕方ないとしても個で負けないところは示さないとね。
誰よりもホームスタジアムに君たちの活躍を期待して来ている人たち、特にバスケにこれからも夢を見る子供たちにね。
君たちは彼らのヒーローになるんだ。ならないといけない。
少なくとも今日の試合内容とプレーレベルじゃだめだ。

 
なぜなら、今は去年までのバスケ界とは違うんだ。それは君たちが一番知っているはずだよね。
そして望んでた状況のはずだ。ねえ、岡田君。
今日の行きの電車では同道させてもらって光栄でした。
君たちが今までの自分たちより変わらないとダメでしょ。
だって、千葉ジェッツの会場がバスケ界の中で最も劇的に変化してるんだよ。
他のチームじゃ、去年までと何も変わってないチームもいる。というか、ジェッツだけでしょ。変わったの。
こんなに大勢の観客の前でプレーできるの日本で君たちだけなんだよ。
もう一ついいこと教えてあげるよ。
おっと、これは私からは言えないな。
島田社長に、自分たちをどのくらいの観客の前でプレーさせるつもりなのか訊いてみな。
きっと目の色が変わるよ。
頑張ってね。
まだまだシーズンは始まったばかりだ。
変わる時間はまだいくらでもあるよ。

 
さて、応援する側にも課題はあるよ。
これだけの数の初めてのお客さんがいるんだ。
我々の強い応援する気持ちとその表現が素直にすぐ伝わるわけじゃない。
1階のバッススタンド側に座ったエキジビジョンに出た小学生の子たちには特にそうだったろう。
いい歳したおっさんがチアリーダーに混ざって、ボード掲げて大声上げたり、身体動かしてるのはキモかったかもね。
でも、何もしないと何も起きない。だから俺たちは人より応援を一生懸命やってる。
少なくとも俺はそうだ。
今何ができるか考え続けてる。
試合後にも何かできると思って、今日はあることをやった。
それもこれもジェッツを大きくするためだ。
その思いが、試合の空気に負けちゃダメだよね。
それに、ガチであんなに大声でブーイングするなら周りも見なきゃダメだ。
去年までと違うんだから。
小学生の子たち、全員ガチで引いてたよ。
これじゃ今後応援に付いてきてくれないよ。

Dscn1258

Dscn1280

Dscn1349

Dscn1353

Dscn1404

Dscn1328



|

« 千葉ジェッツ、アウェイで今季初勝利。追いすがる広島を振り切る。 | トップページ | 前節の逆のような敗戦。ヴォルティス、先制点を与えて意気沈む敗戦。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、アウェイで今季初勝利。追いすがる広島を振り切る。 | トップページ | 前節の逆のような敗戦。ヴォルティス、先制点を与えて意気沈む敗戦。 »