« 千葉ジェッツ、熊本の勢いとパワーに完敗。船橋のヒーローにはまだなれず。 | トップページ | ヴォルティス、限りなく失望に近いドロー。ため息だけのスタジアム。 »

2015年10月25日 (日)

前節の逆のような敗戦。ヴォルティス、先制点を与えて意気沈む敗戦。

2015 J2 第38節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 3 アビスパ福岡
【得点】福岡:26' 金森 健志、31' 中村 北斗、89' 城後 寿

 
先週の大宮戦はいい時間帯に同点にでき、逆転したのもいい時間帯だった。
だから大宮をああいう試合に落とし込めたんだろう。
ただ、同じ欠点を抱えているとも感じたし、結局この福岡戦はそういう試合になった。
リードして、守備ブロックを敷いて相手を受け止めつつ時間を潰し、試合をコントロールして終盤トドメを刺す。
もっともこういう負けパターンはどこのチームでもある。

 
先週の大宮戦の勝利のあと、次はこういう負け方をしないといいなあと不安も感じていた。これは本当だ。
同じ課題というか欠点を抱えているとは記事にも書いた。
ああ、やっちまったな、と2失点した後に福岡に守備を整えられたときに感じた。

 
潮目はカウンターからジョンミンに渡ってクロスを後列から飛び込んできた衛藤が打ったところだったろう。
完璧なカタチだっただけに決まらなかったのは痛かった。
先制されたシーンも混戦の中で力が入ってなくて、レフレクションもあったけど、跳ね返せずに抜かれてやられた。
2点目もそうだけど、両方とも股を撃ち抜かれちゃったし、ちょっと守備が甘かった。

 
そうとう厳しくなってしまったが、残り4試合で最高の結果を出すしかない。
いろんな思いが襲ってきて、「もう終戦だろ(笑い)」という悪魔のささやきが耳の奥に響く。
だけど、もう試される時期なんか終わってるんだから目の前の試合に勝つことだけだよ。
結果は結果、あとはどうなろうと気にしてもしょうがない。

 
よそのクラブは人事の話が出てくるが、それも自分たちで決められる話でもない。
それもそのときだよ。
ただ、成績だの、観客動員だのを監督や選手やフロントに追求するだけでなく、なぜ入らないのか、行かない人は何故行かないのかを理解しないといけない。
それもフロントの仕事だろって言っちゃったら、そういうことを追求しないことだ。
それは問題を解決したいんじゃなくて、ただ責任を取らせることで悔しさを紛らわせるだけだよね。
もちろん、実際に何かできるわけでもないんだけどね。
まあ、サポって無力だよね。
俺たちが力になれてないからいつまでも強くならないんだろうね(棒)。

|

« 千葉ジェッツ、熊本の勢いとパワーに完敗。船橋のヒーローにはまだなれず。 | トップページ | ヴォルティス、限りなく失望に近いドロー。ため息だけのスタジアム。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、熊本の勢いとパワーに完敗。船橋のヒーローにはまだなれず。 | トップページ | ヴォルティス、限りなく失望に近いドロー。ため息だけのスタジアム。 »