« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月24日 (日)

千葉ジェッツ、失望だけのポートアリーナに沈む。

1月23日(土)千葉ポートアリーナ 
千葉ジェッツ 51 - 56 東芝神奈川
  #5 リック・リカート 14PTS
  #11西村 文男 12PTS 
  #34小野 龍猛 10PTS

 
1月24日(日)千葉ポートアリーナ 
千葉ジェッツ 70 - 93 東芝神奈川
  #5 リック・リカート 22PTS
  #13クリント・チャップマン 8PTS 
  #34小野 龍猛 7PTS

 
新年最初のホームゲームを迎えた。相手は東芝神奈川だ。
正直、昨年までの強さを感じないが、それを下回るジェッツの低調の前には強敵だ。
すぐに結果には結びつかないだろうが、立ち上がりから観衆をガッカリさせるような試合は無くしてほしかった。

 
23日は立ち上がりは良かった。
が、5分過ぎからスコアがパッタリと止まり、打てども打てども外し続けると、見る見る間に逆転された。
それでもディフェンスと相手の低調さで何とか試合を壊さずに食い止めていたが、10分近く無得点は続いた。
その後も点は入らず、前半は15点という有り様だった。
FG%が10%台ではどうしようもない。15-28で終える。
リック以外は誰も攻撃として仕事していなかった。

 
後半、何が変わったか猛追し、41-44。
4Qも何度か追いつくが、今季のジェッツの悪癖はここでもでる。
逆転できないのだ。
それでもこれまでは点差を詰めるも追いつけず終わる試合も多かったから、優しく言えば進歩とも言えるが、ゲームメイクの課題はまだまだ解消には程遠い。
4Q終盤でも逆転できるチャンスは何度もあった。
そこで決められないから、先にファウルゲームに持ち込んでしまった。
4Q序盤にファウルを重ねていった時点で嫌な感じはしたが、そこでもゲームメイクをミスったと思う。

 
24日、歴然としたチーム力の差をこの試合を観た人全員が感じた。
そして、多くの人がジェッツの現在の実力を痛いほど痛感して夢から覚まされた日になった。
昨日、ディフェンスが効いていたから、今日は点を取れれば、今日は勝つ!って思ってた人多かったと思う。
相手だって、昨日抑えられたことに対し対策を練ってくる。
そしてそれを実践できるチーム力がある。
昨日とは違うのだ。
ジェッツはチーム力の底の深さがない。
昨日のような試合で勝たないといけないのに落とした。
もう手の内が無い中で、相手が対策を練ってきたら対応できないのだ。
試合ぶりにショックを受けた人はかなりいたが、私には負ける可能性は高いと試合前に感じていた。
簡単に言えば昨日と同じ戦いぶりで昨日の長所(ディフェンス)を潰されただけだ。
大敗は相手のプラン通り、狙った結果通りだっただろう。

 
失望なら私は23日に先に十分してた。
中断期間が有意義になってないな、と外しまくるショットのヤマを見たときに確信したからだ。
誰とは言わないが、クイズの答えがわからないと呟いてた時点でもイヤな予感はしてたけどね。
結局、練習も質が伴ってない可能性は高いが、一番肝心なのは選手たちの意識だよ。
勝たないといけないんだってこと、バスケ界が変わったんだということの意味を今だによくわかってないじゃないかな。
改革によってバスケ界がようやく自分たちに追いついてきたと勘違いしているのかもしれない。
油断しているのかもしれないね。
でも、今日試合中にゾロゾロ帰っていった人たち見て、ちょっとは...気付いたかな。
勝っても負けても差しいれをたくさん貰えてるうちは気付かないかもしれないけどね。

 
今はいろんな意味でアンバランスな課題まみれだ。
一つはゲームメイクだ。
試合を自分たちで落ち着かせられない。
この辺が解消されてくると、もっと自信を持って戦えるのだが。
個人的には小野龍猛には不満がある。
代表にも選ばれているのだから、もっと数字を出してくれないと。
見ていて淡泊だし、それでいて決めてほしい時に決めてくれないからイライラする。
自分が引っ張るんだ、自分が決めないと負けるんだ、ファンを失望させるんだ、と思ってほしい。
彼だけではないが、もっと選手が自分たちに厳しくなってくれないと日本のプロバスケットボールはこれ以上人気が上がらないと思う。
会場にいる若い人ってエキジビジョンで招待したバスケ部関係の子ばっかりでしょ。
観客層もすごくアンバランスなんだ。
20代の素のファンがすごく少ないでしょ。
素でやってくる若いファンをもっと惹きつけないと明日は見えてこないと思う。

 
何かを変えないといけないかもしれないだろうけど、今変えても多分今季を諦める結果にしかならないだろう。
バスケットボールを見始めて今までに学んだことがある。
新体制、特にHCを誰に変えてもすぐに強くならないということ。そこはサッカーとは大きく違うこと。
実業団の下のバスケチーム(部)はともかく、プロチームはフレッシュな人材が集まりにくい。
故に出来上がった選手ばかりになり、互いの持ち味やセンスが噛みあわないと組織の力や熟成が上がらないことが多いこと。
日本人選手が不足していること。だから望んでいるような選手が獲得できないことが多い。
これらはBリーグとなる来季以降変わっていくだろうけど、今季、特に今になってはさすがに無理だ。
だから、せめて今いる選手はもっとファンの期待に正面から向き合ってほしいし、感じてほしいよ。
そこから変わってほしいよ。
ずっと島田さんにも言ってることだけどね。
今日の試合みたお客さんでこう思った人多いと思うよ。
「千葉ジェッツって、弱いし、つまんないね。」
それならまだいいかもしれない。
「プロバスケってつまんないね。」
それでもマシかも。
「バスケットボールってつまんないね。野球やサッカーがもうすぐ始まるからもう行かない。」
こう思った人もきっといるよ。
それでいいの?
 
Dscn2699

Dscn2749_2

Dscn2776

Dscn2792




| | コメント (0)

2016年1月20日 (水)

千葉ジェッツ、2016年初戦は白星発進。

1月20日(水)名古屋市東スポーツセンター 
三菱電機名古屋  77 - 86 千葉ジェッツ
  #13クリント・チャップマン 23PTS 
  #5 リック・リカート 14PTS
  #18デクアン・ジョーンズ 14PTS 
 

2016年になってNBLのリーグ戦が再開された。
2015年は思うように勝ち星が挙がらず、特にホームでの観客動員の多い試合での成績が悪くてフラストレーションが溜まった。
荒尾岳が負傷から戻ってきていないが、阿部友和が戦列に復帰し、コンディションも上げてきている。
当面は8位以内のプレーオフ圏内を死守しながらチームを成熟させていくことが第一のテーマになるだろう。

 
再開を前に公式サイトにジェリコHCの前半戦を振り返ったコメントが掲載された。
彼の構想として、まず攻撃と守備のバランスを安定させながら、まずディフェンスを重視すると語っている。
確かに前半戦は1試合を通じてディフェンスを安定させることが出来ず、どこかで試合を壊して負けるという悪パターンが強かった。
コメントの中には就任時にはメンバーが決まっていたとか、個人的に「それを言うか!?」いう部分もあったが、厳しい条件でもあったのだと思う。
他のチームが体制を継続している中で、特にバスケットボールは新体制が効果を出すには時間が掛かるスポーツだと思っているのでやむを得ない部分もある。
後半戦には結果も大事だが、試合を安定してメイクし、最後まで競り合える試合を観客に見せ続けてほしい。

 
再開第一戦は、こちらも今季から体制を変えて結果が出せていない三菱電機名古屋だ。
ホームでは見事に一敗やられた相手であり、順位もすぐ下の8位であり、油断できないが勝たないといけない相手だ。
要注意はジャスティン・バーレルだ。

 
1Q、立ち上がりからビハインドを背負う。試合をうまく入れなかった。
が、クリント・チャップマンが1Q後半から奮闘して5点ビハインドという射程圏内で終える。
2Qは西村、岡田から富樫、そしてディフェンス力のある上江田の勇樹コンビを中心に変えた。
クリント・チャップマン、デクアン・ジョーンズがスコアを重ね、35-40と逆転に成功する。
後半は安定してリードを保ちながら終盤へ、4Qにテクニカルベンチファウルから流れを失い11点差を6点差に縮められた。
嫌な空気を換えたのは直後のリック・リカートのバスケットカウントを得てのポイントであり、石井講祐の3Pだった。
その後もう一度追いすがられ3点差まで詰められるが、阿部友和が喰らいついて繋いだボールを小野龍猛が決めた3Pで再度突き放す。
トドメは富樫勇樹の3Pだったと思う。
要所でいいショットが決まったことが大きかった。
もう少しディフェンスに力強さが欲しかったがよく頑張ったと思う。
三菱電機の中でポイントを挙げた選手は6人(ジェッツは9人)で、そこを抑えられたことも勝利に繋がったように思う。
大きな一勝だったと思う。

 
週末はポートアリーナで東芝戦だ。
昨季は妙な因縁がついてしまった上に負けたが、後半戦の試金石になる重要なゲームで、後半戦を左右すると思う。
頑張ってほしい。

| | コメント (0)

2016年1月17日 (日)

2016サッカーシーズン始動。ヴォルティスも新体制スタート。

今年になって初めてのサッカー記事を書きます。
元旦は味スタに天皇杯サッカーの決勝を観に行きました。
浦和レッズ―ガンバ大阪でした。
試合もなかなか面白かったです。
浦和は準決勝で負傷した柏木が欠場。その影響が色濃かったと思います。
どうしてもサイド、サイドにボールを回し、前半は宇賀神、後半は関根に頼ったサッカーになったと思います。
ボールを持ったときに、もう少しCBが自分で前にボールを運べてたら、中盤を前に押し出せて柏木不在をある程度カバーできたかなと感じました。
パトリックに人数を残しておきたかったのかもしれませんが、ボールを持っている時に危険を冒す勇気がチーム全体に足りてなかったかな。
何度かゴールも脅かしたし、試合終了直前に決定機まで転がってきたし、事実一度は同点に追いついたのだから勝てる試合だったと思います。
柏木不在時の応用が効かない、というように誰かがいないとやれないことができて、それに圧されてしまうことが浦和の問題なんじゃないかな。
ガンバは勝てる試合をしましたが、何度か自分たちで危うくしたように自分たちで試合を面白くしちゃった試合でした。
プレッシャーが自分たちが思ってた以上にあって身体が動かない場面があったのかもしれません。

 
試合も面白かったですが、試合後にサッカーのサポーターとして一番尊敬している浦和サポーターのTさんと会うことができたことが一番良かったことでした。
Tさんとは、Tさんの奥さんと大塚FCの応援で知り合ってからの縁で、15年くらい前からの知り合いです。
Tさんは浦和の応援では有名なコレオグラフィーを企画、実行しているGrpの中心だった人で、ゴリゴリのウルトラタイプではないですが、とてもリーダーシップのある方です。
決勝戦を観に行ったのも実はTさんに会いたかったからで、試合後、たまたま浦和側のゴール裏スタンドの近くでバッタリ会えたときはとても嬉しかったです。
TさんのTさんの奥さんと3人で一緒に新宿までの電車の中で、試合のこと、サッカーのこと、そしてバスケ、ジェッツのことも自分の近況として話しました。
ここでは書けない話もしていろいろ聞いてもらいとても有意義な時間でした。

Tennouhai2016

 
そして2016シーズンに向けて各チームの人の動きも固まり、この週末を前後して始動が掛かりました。
ヴォルティスはエステバンが去った中盤に大宮からカルリーニョスを加入させています。
持ち味がエステバンとは違うので、戦い方、守り方は再構築しないといけないでしょう。
攻撃力は上がるので、得点力の無さという課題の解消には貢献してくれると思います。
現時点で、効果がある程度計算できる補強はこれだけですが、内田裕斗を完全移籍で獲得できたことも大きいでしょう。

 
もっとも上記のエステバンや、津田、衛藤、斉藤、そして開花したキム・ジョンミンがチームを去り、現状では正直移籍は赤字に思えます。
ドウグラスに関しては戻ってくる可能性はなかったと思っているので、無事に移籍が決まり、いただけるものをいただければよしでしょう。
移籍で外野がざわつきましたが、契約に沿ってやるべきことをやっただけで、そのことについて何やかんや言っている人間の言い分はどれも世間知らずでしかないと思います。

 
そして開幕カードは2月28日(日)フクダ電子アリーナでのジェフ千葉戦に決まりました。
何と一番近場です。
バスケとも被っていないので自分に取ってはとてもラッキーです。

 
実は昨季で旗振りは終わりにすることを決めていました。
一昨年の渦帝ダービー(日立台)の時に大塚FC時代からの大事なサポ仲間だったカトヤンから彼の決断を聞かされたときに自分の決断もして彼に告げたのですが、それを守ることにしました。
しかし、昨季の最後の参戦が大宮での試合で、シーズン終了よりだいぶ前だったこともあり、ちょっと消化不良もありました。
よって、この開幕戦で旗振りを卒業したいと思います。
私にとって旗棒も、旗の布も人格を持った戦友なので、彼らにも敬意を払い、キチンと役目を終わらせる機会を与えたいと思います。
その後も試合には行き応援はしますが、自分なりに立ち位置は考え直そうを思います。

 
今季は浦安を拠点とするブリオベッカ浦安もJFLに昇格したので、応援活動まではしませんが、JFLの試合を観に行く機会が久々にできそうです。
いろいろと新しいことが始まる一年になりそうです。

 
今季もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2016年1月 5日 (火)

あけましておめでとうございます。

みなさま、あけましておめでとうございます。
昨年も弊ブログをご愛顧いただきありがとうございます。
サッカー、バスケ、旅行、ブログにはあまり記事にしていませんが犬もいていろいろ大変な年でした。
仕事面では成果もあり、また一つ成長できてポジションを上げられた気がする充実した一年でした。
今年も自分を成長させつつ、目指すところを定めてやっていこうと思います。

 
2016年はどうしていくか?
サッカーでは一度立ち位置を見直してみようと思ってます。
もっと充実感とやりがいの感じられることにバランスを変えようと思ってます。
どんなふうにするかはシーズンが始まるまでに詰めていこうと思います。

 
バスケットボールでは今のスタンスを変えないまま行こうと思います。
きっと今の自分は以前より辛辣になっていると思っている人がいると思います。
それは自分でもわかっていて、わかっていてそうしているのでこれからも変えません。
そもそもこれが自分です。
バスケはBリーグも始まるので、そこに向けて自分が今まで積んできた経験を最大限活かしていこうと思います。
あくまでも、千葉ジェッツを高めていくことに集約していきます。
バスケ界を盛り上げるとか大きなことではなく、ジェッツを高めることで周りにも付いて来いというスタンスで。
敵はあくまで敵ですから。
まずジェッツが勝たないとハナシにならないですから。

 
もちろん、サッカー、バスケなどと生活のバランスも大事にします。
父親としてもちゃんとやることやる。
実はそれが一番大事なのです。そこが欠けちゃったらサッカーもバスケもありません。

 
仕事、家庭、サッカー、バスケ、それ以外にもいろいろと。
全てが一つながりというか一つの輪で繋がっています。
どこかが上手くいかないから、どこかに逃げるとかはせず、向かい合っていく。
それが自分のやるべきことだと思います。

 
今年が終わったとき、胸を張って頑張った、成果になったと思えたらいいと思います。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »