« ヴォルティス、というかチョーさん、山崎に救われて勝ち点1を得る。 | トップページ | ヴォルティス、待望の今季初勝利。ようやく開幕。 »

2016年3月21日 (月)

笑っちゃうほどの笑えない完敗。ヴォルティスよ、このままで終われないぞ。

2016 J2 第4節 味の素スタジアム
東京ヴェルディ 1 - 0 徳島ヴォルティス
【得点】東京:77' 高木 善朗

 
旗振りを卒業して、新しいスタンスでヴォルティスの試合に向き合う初めての試合。
ジェフ戦から結構早くその機会はやってきた。
荷物が少ない、小さいというのは気持ちも楽だ。
味スタはちょっと遠いけどね。

  
他の旗振りさんもお休みだったので、好きなところに座って観ることに集中した。
実家の近くのスタジアムでやってることと変わらない。
でも、今までと違うものが見えてくるはずだ。

 
笑っちゃうくらいの完敗だった。
特に後半は何にもできなかった。

 
リーグ戦も4試合になり、これまでの試合のビデオでのスカウティングもかなり精度が上がってくる時期だった。
プロが分析すると、我々素人に見えるもの以上のモノが見えちゃうのだろう。
押し込まれて全体が引いてしまい、跳ね返してもクリアが雑だから中盤で拾われまくって押し上げられず、続けて攻められるの繰り返しになった。
クリアは雑だった。
余裕がある場面も多かったのでトラップできるところは止めてもいい。
もっと思い切って蹴るか、セカンドを競ることを徹底するなど何らかの決まりごとは徹底した方がいい。
ただ、それ以前にこれまでの試合ではもっとガツガツいく姿勢があって、気持ちが表れていたんだけど、今日は押し込まれ続ける状況で気持ちも守備的になってしまい、今までの良さというか原動力みたいだった部分も消えてしまった。
正直、攻め方のパターンが、サイドに開くか、DFの裏にスペースがあればそこへ蹴って、山崎や渡が走るに大別されてしまう現状では、相手にとってはそう難しい相手ではないのだろう。
ましてや、山形は2点リードした状況で山崎にやられている。
となれば山崎にやらせない対策は徹底してくる。
この日は前半こそ山崎が決定機を作ったが決め切れず、後半は仕事をさせてもらえなかった。
失点した後半32分まではほとんどハーフコートゲームになっていた。
そんな状況で気持ちが空転しながら萎んでいく風景は、そのままゴール裏へも伝播していった。
まだまだ不器用ながら、サポーターの気持ちを揺さぶっていたのは気持ちの籠った攻める姿勢だっただけにそれが消えてはどうしようもない。

 
采配にも思い切りがなかったと思う。
ここまでの完敗でなければ監督一年生には仕方ないといえる部分もあるが、今日はそう言っていられない。
大崎から佐々木、山崎から佐藤、渡から前川と、同じポジションの人材に変えるよりはもっとリスクを取ってもよかったと思う。
少なくとも攻撃の枚数を増やすことでピッチの選手を鼓舞したり、攻めろというメッセージを送れたはずに思う。
攻撃の枚数増やすことが必ずしも正しいとは言えない。結局、結果次第で名采配にも迷采配にもなるんだけど、でもねってことさ。

 
ただ、監督も選手たちもまだまだ信じてあげて、支えるとメッセージを送らないいけない。
サポーターが先に負けることに負けてしまったら、今季も昨季と同じになる。
昨季のコーチだったので、実は信用していないという人がゾロゾロ出始めたけど、勝たせるためにはまず信じてあげなきゃ。
勝てないからサポーターって重要なわけで、黙ってても勝つチームは実はサポーターはなくてもいわけでさ。

 
選手たちも、こんな試合の後に拍手したり、切り替えようとか励ます声に甘えないでほしいね。
この負け方は他のチームに理解されたらヴォルティス戦のテンプレになるよ。
負け方を振り返らずに、今までのやり方を貫くなんてやってたら、次からずっとこのパターンで負けるよ。
本当にこのままでは終わるよ。
だからこのままでは終われないぞ。笑えないぞ、この負け方は。

1458525385466

1458525385466_2
1458525353593

|

« ヴォルティス、というかチョーさん、山崎に救われて勝ち点1を得る。 | トップページ | ヴォルティス、待望の今季初勝利。ようやく開幕。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、というかチョーさん、山崎に救われて勝ち点1を得る。 | トップページ | ヴォルティス、待望の今季初勝利。ようやく開幕。 »