« 新体制のヴォルティス、ロスタイムに2失点して逆転負け。落胆と希望の船出。 | トップページ | 激震!千葉ジェッツ、ジェリコHCを解任。佐藤博紀と共に再離陸。 »

2016年3月 2日 (水)

千葉ジェッツ、連勝の勢い通じず、レバンガに連敗。

2月27日(土)北海きたえーる 
レバンガ北海道 61 - 51 千葉ジェッツ
  #13クリント・チャップマン 14PTS 
  #18デクアン・ジョーンズ 11PTS

 
2月28日(日)北海きたえーる 
レバンガ北海道 69 - 64 千葉ジェッツ
  #5 リック・リカート 16PTS 
  #11西村文男 13PTS
  #34小野 龍猛 13PTS
  #13クリント・チャップマン 12PTS 


この2試合は見ていないので、あまり書けることがない。
ただ、一つ勝って帰るだけでも大きな意味をもっただろうが残念な結果である。

 
移籍した宮永雄太はまだ加入仕立てなので出場時間は多くはなかったようだ。
彼にはレバンガで頑張ってほしいと思うが、どうせなら千葉戦でもっと活躍して欲しかった。
普通、レンタル移籍なら元の所属チームとの対戦では出場しない契約にすることもあるのだが、今回の移籍はジェッツ側からのオファーなのでそんなことは言えないだろう。
だから見返すくらいの気迫で船橋アリーナではやってきてほしいね。
ジェッツに一片たりとも思い入れや情けなど掛けず、レバンガの選手に徹してほしい。プロとして。

 
先日のヴォルターズ戦のJ-COMでの放送の録画を観た。
板倉礼奈が語る言葉の4分の3はジェッツへの苦言とか疑問だった。
「いい練習ができてないんじゃないですかね。」
今季初めて見たに近かっただろう千葉ジェッツをそういうふうに言うのを聴いて驚いた。
日曜の試合後は2連勝したけど、ヒロもレイナも苦い顔してたよね。
まったく笑ってなかった。
ジェッツの現状がその表情に表れてた。

 
なぜそうなのかはよくわからないけど、この時期にそう見えるというのはチームがかなり未完成な状態なんだということ。
そして、このままでは今後も望んでいるような成長はないということもわかる。
下位に沈む状況から抜け出せないということだ。
だが、残り21試合のうち対戦時の勝率が悪い上位のチームの対戦が16試合ある。
順位を争う広島は19試合中14試合が上位だ。
広島はホームでジェッツ戦を1試合残している。
おそらくここがプレーオフを左右する決戦になるだろうが、ジェッツがそこまでの4試合の相手が日立、レバンガなのに対し、広島はつくばと三菱だ。
最悪の状況は順位を逆転され、かつ、3.5差を付けられて迎えることだ。
試合前の段階で崖っぷちになってしまう。
勝利しても希望をつなぐことにしかならない。
負けたら言うまでもないだろう。

 
選手たちには多くはもう望まない。
だが、これだけは望む。
ファンの記憶に戦う姿を焼き付けられるくらいは戦え。
それが来季へとつながる。

 
先日の日曜のフクアリではジェフ千葉は1点リードされた中、ロスタイム1分しか残っていない状況から同点に追いつき、そのプレーで得たアディショナルタイム3分の中で逆転までしたのだ。
そういう諦めずに戦う姿をファンの前で見せるチームと、それができないチームのどちらが人の心を惹きつける?
君たちがホームとしているエリアには戦う姿でファンの心を掴んでいるプロスポーツチームがいくつもいるんだよ。
彼らの試合見てみなよ。
自分たちがどこで勝っているか、負けているか感じてみなよ。
ジェッツだけ活動している時期は終わった。
人は観たいチームを観に行くよ。
応援したい、応援に応えてくれるチームの試合に行くよ。
そういうチームのグッズを買うよ。
君らはどうする?
バスケって本当に素晴らしいのかい?
なら、それをしっかり伝えてくれよ。大勢の人に。
それがプロだぜ。

Jets001

|

« 新体制のヴォルティス、ロスタイムに2失点して逆転負け。落胆と希望の船出。 | トップページ | 激震!千葉ジェッツ、ジェリコHCを解任。佐藤博紀と共に再離陸。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新体制のヴォルティス、ロスタイムに2失点して逆転負け。落胆と希望の船出。 | トップページ | 激震!千葉ジェッツ、ジェリコHCを解任。佐藤博紀と共に再離陸。 »